REST リソース: projects.locations.connections

リソース: Connection

外部データソースとの接続を確立するための構成パラメータ。認証情報の属性は含まれません。

JSON 表現

{
  "name": string,
  "friendlyName": string,
  "description": string,
  "creationTime": string,
  "lastModifiedTime": string,
  "hasCredential": boolean,
  "cloudSql": {
    object (CloudSqlProperties)
  }
}
フィールド
name

string

接続のリソース名。形式は projects/{project_id}/locations/{location_id}/connections/{connectionId} です。

friendlyName

string

ユーザー指定の接続の表示名。

description

string

ユーザー指定の説明。

creationTime

string (int64 format)

出力のみ。接続作成時のタイムスタンプ。

lastModifiedTime

string (int64 format)

出力のみ。接続の最終更新時のタイムスタンプ。

hasCredential

boolean

出力のみ。接続に認証情報が割り当てられている場合は true。

cloudSql

オブジェクト( CloudSqlProperties

Cloud SQL のプロパティ。

CloudSqlProperties

Cloud SQL に固有の接続プロパティ。

JSON 表現

{
  "instanceId": string,
  "database": string,
  "type": enum (DatabaseType)
}
フィールド
instanceId

string

Cloud SQL インスタンス ID。形式は project:location:instance です。

database

string

データベース名。

type

列挙型( DatabaseType

Cloud SQL データベースのタイプ。

DatabaseType

サポートされている Cloud SQL データベースのタイプ。

列挙型
DATABASE_TYPE_UNSPECIFIED 未指定のデータベース タイプ。
POSTGRES Cloud SQL for PostgreSQL。
MYSQL Cloud SQL for MySQL。

メソッド

create

新しい接続を作成します。

delete

接続とその接続に関連付けられた認証情報を削除します。

get

指定した接続を返します。

getIamPolicy

リソースのアクセス制御ポリシーを取得します。

list

指定したプロジェクトの接続のリストを返します。

patch

指定した接続を更新します。

setIamPolicy

指定したリソースのアクセス制御ポリシーを設定します。

testIamPermissions

指定したリソースに対して呼び出し元が持っている権限を返します。

updateCredential

指定した接続の認証情報を設定します。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...