アプリケーションのデプロイ

Python ゲストブック コード チュートリアルのこのパートでは、App Engine にアプリケーションをデプロイする方法について説明します。

このページは複数のページからなるチュートリアルの一部です。チュートリアルを最初から始めて設定手順を確認するには、ゲストブックの作成に移動してください。

App Engine へのアプリのデプロイ

ゲストブック アプリをアップロードするには、app.yaml ファイルと index.yaml ファイルがあるアプリケーションの appengine-guestbook-python ディレクトリ内で次のコマンドを実行します。

gcloud app deploy app.yaml index.yaml

オプション フラグ:

  • --project フラグを含めると、gcloud ツールでデフォルトとして初期化したプロジェクト ID に代わる、GCP Console のプロジェクト ID を指定できます。例: --project [YOUR_PROJECT_ID]
  • -v フラグを含めると、バージョン ID を指定できます。指定しなかった場合は自動的に生成されます。例: -v [YOUR_VERSION_ID]

データストア インデックスが生成されてアプリケーションが使用可能になるまでに、しばらく時間がかかることがあります。インデックスがまだ生成中の場合は、アプリにアクセスしたときに NeedIndexError メッセージが表示されます。これは一時的なエラーです。この例外を初めて受け取った場合は、しばらく待ってからもう一度お試しください。

コマンドラインからアプリをデプロイする方法の詳細については、Python アプリのデプロイをご覧ください。

デプロイしたアプリケーションの表示

ブラウザを起動して http://[YOUR_PROJECT_ID].appspot.com でアプリを表示するには、次のコマンドを実行します。

gcloud app browse

次のステップ

次の機能を確認する必要がある場合があります。

  • Google アカウントまたは OAuth によるユーザーの認証
  • ログの読み取りと書き込み。アプリケーション ログを作成する方法とシステムログを解釈する方法について説明されています。
  • タスクキューの使用。タスクキューを使用してリクエスト後にバックグラウンド作業を行う方法について説明されています。

App Engine の仕組みについてさらに深く理解するには、Python ランタイム環境のドキュメントや、リクエスト処理ルーティングに関するドキュメントをご覧ください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Python 2 の App Engine スタンダード環境