依存関係の指定

Node.js アプリの依存関係は、package.json ファイル内で宣言することによって指定します。

たとえば、Lodash を使用する場合、package.json ファイルは次のようになります。

{
  "dependencies": {
    "lodash": "^4.0.1"
  }
}

アプリをデプロイする際、Node.js ランタイムは、npm install コマンド(yarn.lock ファイルが存在する場合は yarn install コマンド)を使用してすべての dependencies自動的にインストールします。

デフォルトでは、App Engine は取得した依存関係をキャッシュに保存し、ビルド時間を短縮します。キャッシュに保存されていないバージョンの依存関係をインストールするには、次のコマンドを使用します。

gcloud beta app deploy --no-cache

スタンダード環境における package.json ファイルのサポートと制限:

  • Linux 対応の任意の Node.js パッケージを App Engine で利用できます。これにはネイティブ(C)拡張を必要とするパッケージも含まれます。

  • package.json 内に engines フィールドが指定されている場合は、互換性のある Node.js バージョンを定義する必要があります。

  • devDependencies フィールドで定義した依存関係はすべて無視され、App Engine のアプリにインストールされることはありません。

  • パフォーマンスの観点から、start スクリプトを軽量化し、そこでビルドステップを行わないことが重要です。このスクリプトはアプリケーションの新しいインスタンスが作成されるたびに実行されます。

ウェブ フレームワークをインストールする

アプリでウェブ リクエストを処理できるようにするには、ウェブ フレームワークを使用する必要があります。次のような Node.js ウェブ フレームワークを使用できます。

たとえば、Express.js をインストールして使用するには、次のいずれかのコマンドを実行します。

  • npm を使用する場合:

    npm install express
  • yarn を使用する場合:

    yarn add express

たとえば、生成される package.json ファイルは次のようになります。

{
  "dependencies": {
    "lodash": "^4.0.1"
    "express": "^4.16.2"
  }
}
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Node.js 用 App Engine スタンダード環境に関するドキュメント