メニュー

Apigee ハイブリッドベータ版

ハイブリッド環境とマルチクラウド環境で API を管理します。

ハイブリッド API 管理で柔軟性を向上

ハイブリッド API 管理で柔軟性を向上

内部アプリケーションからパートナーのエコシステムまで、さまざまなユースケースに対応している API では、当然ながら API をホストするインフラストラクチャとしてオンプレミスとクラウドを混合して利用することがあります。Apigee Edge API 管理プラットフォームを使用すれば、API トラフィックをホストする場所としてオンプレミス、クラウド、マルチクラウド、ハイブリッドを選択できます。最優先事項がコンプライアンス、セキュリティ、スケーラビリティのいずれであっても、エンタープライズ クラスのハイブリッド ゲートウェイである Apigee ハイブリッドでは、必要に合わせて柔軟に対応できます。

すべての API を 1 か所で管理

すべての API を 1 か所で管理

Apigee ハイブリッドを使用すると、内部 API と外部 API のすべてを 1 つのプラットフォームで管理できます。統合された API 管理により、デベロッパー、パートナー、お客様に一貫性のある API プログラム体験を提供します。

セキュリティとコンプライアンスに対処

セキュリティとコンプライアンスに対処

コンプライアンスとセキュリティの観点から、アプリケーションをオンプレミスにデプロイする必要がある場合は、エンタープライズ クラスのハイブリッド ゲートウェイを使用することにより、社内で Apigee ハイブリッド ランタイム プレーンをホスト、管理することができます。ランタイムを管理、制御することで、既存のコンプライアンス、ガバナンス、セキュリティ インフラストラクチャを利用できます。

マルチクラウド戦略をサポート

マルチクラウド戦略をサポート

コストとパフォーマンスのバランスをとることがマルチクラウド戦略につながることもあります。さまざまなクラウド プロバイダを検討している段階でも、すでにマルチクラウド戦略を選択済みの場合でも、API 管理プラットフォームには柔軟性が必要です。ニーズに合ったクラウド環境に幅広く対応できるエンタープライズ クラスのハイブリッド ゲートウェイをホスト、管理しましょう。

特長

お客様が管理するランタイム プレーン

任意のインフラストラクチャでランタイム プレーンをホスト、管理、制御できます。ランタイム プレーンが API トラフィックを処理し、鍵管理システム、OAuth、証明書などのランタイム コンポーネントを自ら管理することが可能になります。

Apigee が実行する管理プレーン

Apigee Edge の API ライフサイクル管理機能を利用して、API のすべてを Apigee でホスト、管理します。2 つのプレーンの定期的な同期により、プロキシ、プロダクト、共有フロー、その他のランタイム固有の構成が常に最新の状態に保たれます。

コンテナ化のサポート

段階的な公開、自動スケーリング、その他のコンテナを使用する利点により、Kubernetes クラスタ上でコンテナ化されたランタイムを管理することで俊敏性を高めます。

Microgateway

軽量のハイブリッド ソリューションとして、Apigee では環境にすばやく簡単にデプロイできる Edge Microgateway を提供しています。

Gartner マジック クアドラント
 Apigee API 管理プラットフォームの仕組み
API のベスト プラクティスの電子書籍
Google Cloud

使ってみる

Apigee Edge を評価する

Apigee API 管理プラットフォームの仕組みをご覧ください。

評価アカウントを入手する

デベロッパー好みの API を設計、公開、保護しましょう。

API のエキスパートに問い合わせる

デジタル戦略を推進できます。新しい API プロジェクトを一緒に始めましょう。

このプロダクトまたは機能はベータ版です。プロダクトのリリース段階の詳細については、こちらをご覧ください。