メニュー

Apigee ハイブリッド

API 管理における混合型デプロイの選択

ビジネス全体で API を優先する

API は、内部アプリケーションからデジタル エコシステムまでさまざまなユースケースに対応しています。そのため、API のホストに、オンプレミス インフラストラクチャとクラウド インフラストラクチャを併用することはよくあります。Apigee ハイブリッドを使用すると、API トラフィックをホストする場所を、オンプレミス、Google Cloud、ハイブリッドから選択できます。エンタープライズ グレードのハイブリッド ゲートウェイを使用すると、ビジネスのあらゆる局面に API 優先のアプローチを採用して、柔軟なハイブリット デプロイを活用できます。

Apigee ハイブリッドによるデプロイの柔軟性

デプロイの柔軟性を実現する

コンプライアンス、セキュリティ、厳しいレイテンシ要件のいずれにデプロイの柔軟性が必須とされる場合でも、Apigee ハイブリッド ランタイムをデータセンターや Google Cloud にデプロイできます。ランタイムを管理、制御することでゲートウェイを API トラフィックの近くに配置し、既存のコンプライアンス、ガバナンス、セキュリティ インフラストラクチャを利用できます。

Apigee API ポータルで API を立ち上げる

クラウド イノベーションを解き放つ

Apigee ハイブリッドを使用すると、分析、API モニタリング、Apigee のデベロッパー ポータル(アルファ版)などの Apigee のクラウド機能を使用できるようになります。これはたとえば、オンプレミスのランタイム デプロイメントでも利用可能です。これらを Apigee ハイブリッドのフル ライフサイクル API 管理機能と組み合わせると、強力な API プログラムをビルドできます。

ダッシュボードを処理する

管理とスケーリングが簡単

API ランタイム デプロイメントのスケーラビリティを確保し、安全に管理するために、Apigee ハイブリッド ランタイムはコンテナ化されています。GKE の資源効率と自動化されたオペレーションにより、API ランタイムを簡単に管理、スケーリングできます。

特長

お客様が管理するランタイム プレーン

ランタイム プレーンを、オンプレミスかクラウド管理の Kubernetes でホスト、管理、制御できます。API トラフィックがランタイム プレーンによって処理されることで、ユーザーは鍵管理システム、OAuth、証明書などのランタイム コンポーネントを制御できます。

Apigee 管理プレーン

Apigee の API ライフサイクル管理機能を、Google Cloud でホストおよび管理される全 API に活用できます。2 つのプレーンの定期的な同期により、プロキシ、プロダクト、共有フロー、その他のランタイム固有の構成が常に最新の状態に保たれます。

統合サービス(ベータ版)

Apigee ハイブリッドは、Identity and Access Management(IAM)、GCP のリソース階層とサービス アカウント、Stackdriver を含む Google クラウド サービスと統合します。


            Gartner マジック クアドラント

            Apigee API 管理プラットフォームの仕組み

            API のベスト プラクティスの電子書籍
Google Cloud

使ってみる

Apigee Edge を評価する

Apigee API 管理プラットフォームの仕組みをご覧ください。

評価アカウントを入手する

デベロッパー好みの API を設計、公開、保護しましょう。

API のエキスパートに問い合わせる

デジタル戦略を推進できます。一緒に新しい API プロジェクトを始めましょう。

このページで紹介しているプロダクトや機能はアルファ版またはベータ版です。プロダクトのリリース段階の詳細については、こちらをご覧ください。