Anthos の設定

このセクションでは、選択したプラットフォームで Anthos を設定する方法について説明します。前提条件はどの Anthos 環境でもほぼ同じですが、Anthos を Google Cloud、オンプレミス(VMware、ベアメタル)、別のパブリック クラウド プロバイダ、あるいはその組み合わせで使用するのかにより、選択する設定方法が異なります。たとえば、Google Cloud の Anthos デプロイとオンプレミスの Anthos クラスタを組み合わせてハイブリッド デプロイメントを作成できます。また、複数のパブリック クラウドで Anthos マネージド クラスタを実行することもできます。

各デプロイ オプションで使用可能な機能の詳細については、デプロイ オプションのガイドをご覧ください。

サンプル デプロイ

本番環境へのインストールではなく、Google Cloud で Anthos のデモを行い、Anthos の機能を確認する場合は、Google Cloud での Anthos のサンプル デプロイを使用し、チュートリアルの手順に沿って進めてください。これは、サンプル アプリケーションを使って十分に設定されたデプロイで、Google Cloud プロジェクトを作成するだけで使用できます。

Anthos の要件

インストール オプションに関係なく、Anthos を使用するには以下のリソースが必要です。

  • Google Cloud プロジェクト。組織ですでに Google Cloud を使用している場合は、プロジェクトへのアクセス権が必要になることがあります。Google Cloud APIs で課金を有効にするには、プロジェクトが必要です。

  • プロジェクトで Anthos API を有効にする必要があります。この API を有効にすると、プロジェクトで Anthos 機能を使用できるようになります。

  • Anthos で使用するクラスタはすべて、プロジェクトの Environ に登録する必要があります。Anthos の料金は、登録済みのクラスタにのみ適用されます。

  • (省略可)Anthos のサブスクリプション。サブスクリプションを選択しない場合、プロジェクトで Anthos に登録された vCPU の数に基づいて従量課金制が適用されます。料金オプションの詳細については、料金ガイドをご覧ください。

特定のインストール オプションと Anthos 機能を有効にするには、追加の API と権限が必要になる場合があります。詳しくは、関連する前提条件とインストール ガイドをご覧ください。

Anthos 環境の設定

Anthos を使用する環境ごとに、適切な設定ガイドに沿って Anthos クラスタを設定してから、選択した Anthos 機能を有効にします。

  • Google Cloud 上の Anthos の設定: 最も簡単な設定オプションです。Anthos UI を使用して簡単に設定できます。

    Google Cloud 上の Anthos の設定

  • オンプレミスでの Anthos の設定: Anthos には、VMware とベアメタルの 2 つのオンプレミス インストール オプションが用意されています。

    オンプレミスでの Anthos の設定

  • 他のパブリック クラウドでの Anthos の設定: Anthos を使用すると、他のパブリック クラウド上のクラスタを管理して一貫したクラスタ管理を実現し、マルチクラウドまたはハイブリッド デプロイで Anthos 機能を使用できるようになります。現在 AWS でのインストールがサポートされており、AWS と Azure に接続済みクラスタを追加することもできます。

    他のパブリック クラウド上の Anthos の設定

Environ へのクラスタの登録

Anthos で使用するすべてのクラスタは、プロジェクトの Environ に登録する必要があります。Environ は、Anthos の一部として、複数のクラスタとそのワークロードを表示して管理する、統合された方法を提供します。Environ の詳細と有効にできる機能については、Environ のガイドをご覧ください。

Anthos プロジェクトにクラスタを登録すると、Cloud Console の Anthos クラスタページで、登録済みクラスタをすべて表示して管理できます。これらのクラスタでは Anthos 機能を有効にして使用する権限があります。また、Anthos 機能ページで一部の Anthos 機能を Environ 全体で有効にできます。Anthos の料金は、登録済みのクラスタにのみ適用されます。

Google Cloud の外部にある Anthos クラスタは、作成時に自動的にプロジェクトに登録されます。Google Cloud 上の GKE クラスタは手動で登録する必要があります。

Anthos 接続クラスタの追加

GKE を使用する Anthos クラスタは Anthos プラットフォームの基礎となりますが、管理対象外の Kubernetes クラスタを Anthos に追加することもできます。接続されたクラスタを使用すると、Anthos クラスタに完全に移行しなくても、既存のシステムで Anthos の機能を一部利用できます。Environ にクラスタを接続すると、Cloud Console で Anthos クラスタと一緒に表示し、Anthos 機能のサブセットを有効にできます。

Anthos 接続クラスタの設定

Anthos の無効化

従量課金制のお客様の場合は、Anthos を無効にし、すぐに Anthos の課金を停止することを選択できます。これを行うと、Anthos の機能とコンポーネントを使用する資格が削除されます。

Anthos の無効化