Anthos の設定

このセクションでは、選択したプラットフォームで Anthos を設定する方法について説明します。選択する設定パスは、Anthos を Google Cloud のみで使用するのか、Google Distributed Cloud Virtual On-Prem(VMware またはベアメタル)、別のパブリック クラウド プロバイダ、あるいは環境の組み合わせで使用するかどうかによって異なります。たとえば、Google Cloud の Anthos デプロイとオンプレミスの Anthos クラスタを組み合わせてハイブリッド デプロイメントを作成できます。また、複数のパブリック クラウドで Anthos マネージド クラスタを実行することもできます。

各デプロイ オプションで使用可能な機能の詳細については、デプロイ オプションのガイドをご覧ください。

サンプル デプロイ

本番環境へのインストールではなく、Google Cloud で Anthos のデモを行い、Anthos の機能を確認する場合は、Google Cloud での Anthos のサンプル デプロイを使用し、チュートリアルの手順に沿って進めてください。これは、サンプル アプリケーションを使って十分に設定されたデプロイで、Google Cloud プロジェクトを作成するだけで使用できます。

Anthos の要件

インストール オプションに関係なく、Anthos を使用するには以下のリソースが必要です。

  • Google Cloud プロジェクト。組織ですでに Google Cloud を使用している場合は、プロジェクトへのアクセス権が必要になることがあります。Google Cloud APIs で課金を有効にするには、プロジェクトが必要です。

  • Anthos のお支払い方法を決定します。

    • Anthos on Google Cloud のみを使用する場合は、Anthos 機能の料金を個別に支払えます
    • Google Cloud の外部で Anthos を使用する場合や、デプロイが Google Cloud のみであり、すべての Anthos 機能を単一の料金で使用する場合は、プロジェクトで Anthos API を有効にする必要があります。これにより、Google Cloud 外のクラスタの管理や、利用可能なすべての Anthos 機能の使用など、Anthos プラットフォーム全体を vCPU あたりの料金設定でご利用いただけます。この料金を前払いする方法(サブスクリプションを購入するか、従量制課金)を選択できます。

    料金オプションの詳細については、Anthos の料金ガイドをご覧ください。

  • Anthos で使用するクラスタはすべて、フリートに登録する必要があります。Anthos プラットフォーム全体を有効にするように選択している場合、Anthos の料金は登録済みのクラスタにのみ適用されます。

特定のインストール オプションと Anthos 機能を有効にするには、追加の API と権限が必要になる場合があります。詳しくは、関連する前提条件とインストール ガイドをご覧ください。

Anthos 環境の設定

Anthos を使用する環境ごとに、適切な設定ガイドに沿って Anthos クラスタを設定および登録してから、選択した Anthos 機能を有効にします。

  • Google Cloud 上の Anthos の設定: 最も簡単な設定オプションです。Anthos UI を使用して簡単に設定できます。

    Google Cloud 上の Anthos の設定

  • 分散 Cloud Virtual を設定する(オンプレミス): Anthos は、VMware またはベアメタルで 2 つのオンプレミス インストール オプションを提供しています。

    オンプレミスでの Anthos の設定

  • 他のパブリック クラウドでの Anthos の設定: Anthos を使用すると、他のパブリック クラウド上のクラスタを管理して一貫したクラスタ管理を実現し、マルチクラウドまたはハイブリッド デプロイで Anthos 機能を使用できるようになります。現在は、AWSAzure でのインストールがサポートされており、AWS と Azure に接続されたクラスタを追加することもできます。

    他のパブリック クラウド上の Anthos の設定

サードパーティの Kubernetes クラスタを追加する

GKE を使用する Anthos クラスタは Anthos プラットフォームの基礎となりますが、管理対象外の Kubernetes クラスタを Anthos に追加することもできます。接続されたクラスタを使用すると、Anthos クラスタに完全に移行しなくても、既存のシステムで多くの Anthos の機能を利用できます。フリートにクラスタを接続すると、コンソールで Anthos クラスタと一緒に表示し、Anthos 機能のサブセットを有効にできます。

Anthos 接続クラスタの設定

Anthos の無効化

Anthos プラットフォームの従量課金制のお客様の場合、Anthos を無効にして Anthos の課金をすぐに停止できます。これを行うと、Anthos の機能とコンポーネントを使用する資格が削除されます。

Anthos の無効化