基本階層と高度な階層を比較する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

翻訳ポータルを作成するときに、ポータルで基本階層と高度な階層のどちらかを選択します。高度な階層では、ページあたりの翻訳コストが高くなりますが、追加の機能が提供されます。ポータルを作成した後で料金階層を変更することはできませんが、ポータルを追加することはできます。

基本階層と高度な階層の両方で翻訳ポータルとセルフサービスのドキュメント翻訳が提供されます。高度な階層を使用すると、翻訳メモリや AutoML Translation による独自のカスタム翻訳モデルなどの追加機能を使用できます。

高度な階層の場合、追加機能を使用しない場合でも、すべてのページの翻訳コストが高くなります。費用を抑えるには、階層ごとにポータルを作成します。高度な機能が必要ない場合は、基本階層を使用して翻訳をリクエストできます。

比較表

次の表に 2 つの階層の違いを示します。この表を参考にして、最適な階層を選択してください。

機能 基本 高度なロール
Google Cloud Console での管理機能
PDF、DOCX、PPTX の翻訳
用語集のサポート
翻訳メモリ
カスタム翻訳モデル(AutoML モデル)のサポート
機械翻訳されたコンテンツの後編集のサポート
100 以上の言語のサポート

次のステップ