管理者: プロジェクトと翻訳アセットを設定する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Translation Hub の使用を開始するには、Google Cloud 管理者が Google Cloud プロジェクトを作成するか、既存のプロジェクトで Cloud Translation API を有効にする必要があります。管理者は、ユーザーの追加やポータルの作成を行うことができます。

設定プロセスでは Google Cloud コンソールを使用します。これは、Google Cloud でリソースのプロビジョニング、構成、管理、モニタリングに使用できるウェブ インターフェースです。Cloud コンソールを初めて使用する場合は、Cloud コンソールページで詳細をご確認ください。

プロジェクトの設定

プロジェクトを使用して、必要なすべての Google Cloud のリソースをまとめます。Translation Hub を使用するには、プロジェクトを請求先アカウントにリンクする必要があります。プロジェクトの利用料金は、リンクされた請求先アカウントに請求されます。

  1. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  2. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。詳しくは、プロジェクトで課金が有効になっているかどうかを確認する方法をご覧ください。

    Translation Hub の料金の詳細については、料金ページをご覧ください。

  3. Cloud Translation API を有効にします。

    API を有効にする

    Translation Hub を使用して翻訳をリクエストするには、Cloud Translation API が必要です。

翻訳アセットの追加(省略可)

API を有効にすると、用語集と翻訳メモリをプロジェクトに追加してポータルに割り当てることができます。これらは、今すぐ作成することも、必要に応じて後で作成することもできます。ビジネス ユーザーは、これらのアセットを使用することで、一貫性のある翻訳結果を効率的に得ることができます。

カスタム翻訳モデルを追加するには、AutoML Translation を使用してモデルをトレーニングする必要があります。

  1. Google Cloud Console の [Translation Hub] セクションで、[リソース] ページに移動します。

    [リソース] ページに移動

  2. [リソースの追加] をクリックします。

  3. [リソースの追加] ペインで、[Glossaries] タブまたは [Translation memories] タブを選択して、リソースの詳細を指定します。

    用語集の場合、用語集のタイプとソースファイルを指定します。詳細については、Cloud Translation API ドキュメントの用語集の作成と使用をご覧ください。

    翻訳メモリの場合は、空の翻訳メモリを作成するか、既存の翻訳をインポートします。詳細については、翻訳メモリをご覧ください。

  4. [追加] をクリックしてリソースを追加します。

次のステップ