エクスポートの構成

このページでは、Cloud Trace API と gcloud コマンドライン ツールを使用してトレースをエクスポートする方法について説明します。バージョン 274.0.0 以降の Cloud SDK を使用する必要があります。Cloud SDK を更新する方法については、gcloud components update をご覧ください。

このページのサンプルの一部は curl を使用して生成されました。このツールの構成については、curl の使用をご覧ください。

用語

このページの例を簡潔にするために、環境変数が使用されています。

gcloud コマンドライン ツールの例では、次の環境変数を使用します。

  • SINK_ID: シンクの名前または識別子。例: my-sinkこれにより GoogleCloud プロジェクトを特定できるため、gcloud コマンドライン ツールに完全修飾されたコマンドを指定する必要はありません。
  • DESTINATION: 宛先の完全修飾名を保存します。これは BigQuery データセットである必要があります。たとえば、有効な Destination は次のようになります。

    bigquery.googleapis.com/projects/[DESTINATION_PROJECT_NUMBER]/datasets/[DATASET_ID]
    

    ここで、[DESTINATION_PROJECT_NUMBER] は宛先の Google Cloud プロジェクト番号、[DATASET_ID] は BigQuery のデータセット識別子です。

curl の例では、次の環境変数を使用しています。

  • ACCESS_TOKEN: 認証トークンを格納します。詳細については、curl の使用をご覧ください。
  • PROJECT_ID: Google Cloud プロジェクト ID またはプロジェクト番号を格納します。
  • PROJECT_NUMBER: Google Cloud プロジェクト番号を保存します。
  • SINK_ID: シンクの名前または識別子。例: my-sink
  • SINK_BODY: TraceSink リソースの説明を格納します。TraceSink リソースには、名前とシンクのエクスポート先が含まれます。名前には Google Cloud プロジェクトの番号を指定する必要があります。
  • DESTINATION: 宛先の完全修飾名を保存します。これは BigQuery データセットである必要があります。

宛先の構成

トレースを BigQuery にエクスポートするには、次の手順を行います。

  1. コピー先データセットを作成します。

  2. Cloud Trace API または gcloud コマンドライン ツールを使用して、シンクを作成します。詳細については、シンクの作成をご覧ください。

  3. BigQuery データセットに対するdataEditor のロールをシンクに付与します。

    1. シンクからライター ID を取得します。ライター ID の詳細については、シンクのプロパティと用語をご覧ください。

      シンクの書き込み ID は、作成コマンドに対するレスポンス データに含まれます。また、list コマンドのレスポンス データにも含まれます。

    2. シンクの書き込み ID をサービス アカウントとして BigQuery データセットに追加し、BigQuery データ編集者のロールを付与します。

      • Google Cloud Console を使用して権限を追加するには、データセットへのアクセス権限の制御をご覧ください。

      • gcloud コマンドライン ツールを使用して権限を追加するには、add-iam-policy-binding コマンドを使用し、Google Cloud プロジェクト ID とシンクの書き込み ID を指定します。

        gcloud projects add-iam-policy-binding ${DESTINATION_PROJECT_ID} \
          --member serviceAccount:${WRITER_IDENTITY} \
          --role roles/bigquery.dataEditor
        

        前のコマンドでは、WRITER_IDENTITY はシンクの書き込み ID を格納する環境変数で、DESTINATION_PROJECT_ID は BigQuery データセットの Google Cloud プロジェクト ID です。

シンクを一覧表示する

書き込み ID を含む Google Cloud プロジェクト内のすべてのシンクを一覧表示するには、traceSinks.list メソッドを呼び出します。

gcloud

gcloud コマンドライン ツールを使用してデフォルト プロジェクトで定義されたシンクを一覧表示するには、次のコマンドを実行します。

gcloud alpha trace sinks list

プロトコル

curl を使用してシンクを一覧表示するには、GET リクエストを次の宛先に送信します。

https://cloudtrace.googleapis.com/v2beta1/projects/${PROJECT_NUMBER}/traceSinks

たとえば、次のリクエストではすべてのシンクを取得します。

curl  --http1.1 --header "Authorization: Bearer ${ACCESS_TOKEN}"  https://cloudtrace.googleapis.com/v2beta1/projects/${PROJECT_NUMBER}/traceSinks

特定のシンクの詳細を表示する

Google Cloud プロジェクト内の特定のシンクの詳細を表示するには、traceSinks.get メソッドを呼び出します。

gcloud

gcloud コマンドライン ツールを使用して、識別子が SINK_ID に保存されているシンクの詳細を表示するには、次のコマンドを実行します。

gcloud alpha trace sinks describe ${SINK_ID}

プロトコル

curl を使用して識別子が SINK_ID に格納されているシンクの詳細を表示するには、次の URL に GET リクエストを送信します。

https://cloudtrace.googleapis.com/v2beta1/projects/${PROJECT_NUMBER}/traceSinks/%{SINK_ID}

たとえば、次のリクエストでは、指定されたシンクの詳細を取得します。

curl  --http1.1 --header "Authorization: Bearer ${ACCESS_TOKEN}"  https://cloudtrace.googleapis.com/v2beta1/projects/${PROJECT_NUMBER}/traceSinks/${SINK_ID}

シンクの作成

Google Cloud プロジェクトでシンクを作成するには、traceSinks.create メソッドを呼び出します。 シンクのエクスポート先は、BigQuery データセットにする必要があります。

シンクを作成する前に、このデータセットが存在している必要があります。Trace では宛先の存在を確認しません。BigQuery データセットの作成については、データセットの作成をご覧ください。

gcloud

gcloud コマンドライン ツールを使用してシンクを作成するには、次のコマンドを実行します。

gcloud alpha trace sinks create ${SINK_ID} ${DESTINATION}

プロトコル

CURL を使用してシンクを作成するには、次の URL に POST リクエストを送信します。

https://cloudtrace.googleapis.com/v2beta1/projects/${PROJECT_NUMBER}/traceSinks

たとえば、${PROJECT_NUMBER} を使用して test_sink という名前のシンクをプロジェクトの test_dataset にトレーススパンをエクスポートするには、次のように環境変数 SINK_BODY を定義します。

SINK_BODY='{"name":"projects/12345/traceSinks/test_sink","output_config":{"destination":"bigquery.googleapis.com/projects/12345/datasets/test_dataset"}}'

シンクを作成するには、次のコマンドを実行します。

curl  --http1.1 --header "Authorization: Bearer ${ACCESS_TOKEN}"  --header "Content-Type: application/json"   -X POST -d ${SINK_BODY} https://cloudtrace.googleapis.com/v2beta1/projects/${PROJECT_NUMBER}/traceSinks

シンクを作成してから Trace でのスパンがエクスポート先にエクスポートされるまで、数分かかる場合があります。

シンクの削除

Google Cloud プロジェクト内のシンクを削除するには、traceSinks.delete コマンドを呼び出します。

gcloud

gcloud コマンドライン ツールを使用して、識別子が SINK_ID に保存されているシンクを削除するには、次のコマンドを実行します。

gcloud alpha trace sinks delete ${SINK_ID}

プロトコル

curl を使用して識別子が SINK_ID に格納されているシンクを削除するには、次の URL に DELETE リクエストを送信します。

https://cloudtrace.googleapis.com/v2beta1/projects/${PROJECT_NUMBER}/traceSinks/${SINK_ID}

たとえば、次のリクエストではシンクを削除します。

curl  --http1.1 --header "Authorization: Bearer ${ACCESS_TOKEN}"  -X DELETE https://cloudtrace.googleapis.com/v2beta1/projects/${PROJECT_NUMBER}/traceSinks/${SINK_ID}

シンクの更新

Google Cloud プロジェクト内のシンクを更新するには、traceSinks.patch コマンドを呼び出します。

シンクを作成する前に、このデータセットが存在している必要があります。Trace では宛先の存在を確認しません。

gcloud

gcloud コマンドライン ツールを使用して、識別子が SINK_ID に格納されているシンクを更新するには、次のコマンドを実行します。

gcloud alpha trace sinks update ${SINK_ID} ${DESTINATION}

環境変数 DESTINATION には、シンクの新しいエクスポート先が格納されます。

プロトコル

curl を使用して識別子が SINK_ID に格納されているシンクのエクスポート先を更新するには、次の URL に PATCH リクエストを送信します。

https://cloudtrace.googleapis.com/v2beta1/projects/${PROJECT_NUMBER}/traceSinks/${SINK_ID}

たとえば、次のリクエストはシンクのエクスポート先を更新します。

curl  --http1.1 --header "Authorization: Bearer ${ACCESS_TOKEN}"  --header "Content-Type: application/json"  -X PATCH -d ${SINK_BODY} https://cloudtrace.googleapis.com/v2beta1/projects/${PROJECT_NUMBER}/traceSinks/${SINK_ID}?update_mask=output_config.destination

SINK_BODY の例については、シンクを作成する例をご覧ください。

シンクを更新してから、Trace でのスパンが新しいエクスポート先にエクスポートされるまでに数分かかることがあります。

エンドツーエンドの例

このセクションでは、gcloud コマンドライン ツールのコマンドを使用してシンクを一覧表示、作成、記述、更新、削除する方法について説明します。このコマンドは、プロジェクト ID が a-sample-project のプロジェクトに対して実行されました。このプロジェクトは、2 つの BigQuery データセットが含まれるように事前構成されています。最後に、これらの例では、シンクとエクスポート先が同じプロジェクトにあります。これは必須ではありません。シンクとエクスポート先は異なる Google Cloud プロジェクトに存在することもできます。

構成手順

  1. デフォルトのプロジェクト設定を確認します。

    $ gcloud config list
    

    レスポンスの例:

    [compute]
    zone = us-east1-b
    [core]
    account = user@example.com
    disable_usage_reporting = True
    project = a-sample-project
    
    Your active configuration is: [default]
    
  2. gcloud コマンドライン ツールが 274.0.0 以上であることを確認します。

    $ gcloud --version
    

    レスポンスの例:

    Google Cloud SDK 275.0.0
    alpha 2020.01.03
    beta 2020.01.03
    bq 2.0.51
    core 2020.01.03
    gsutil 4.46
    kubectl 2020.01.03
    
  3. デフォルト プロジェクトで使用可能なデータセットを識別します。

    $ bq ls
    

    レスポンスの例:

        datasetId
     ---------------
      dataset_1
      dataset_other
    

    初めて bq コマンドを使用する場合には、プロジェクトの選択が必要になる場合があります。

環境変数を設定する

  1. gcloud コマンドライン ツールコマンドで使用する環境変数を設定します。

    $ PROJECT_ID=a-sample-project
    $ PROJECT_NUMBER=123456789000
    $ SINK_ID=a-sample-sink
    $ DATA_SET_NAME=dataset_1
    $ DESTINATION=bigquery.googleapis.com/projects/${PROJECT_NUMBER}/datasets/${DATA_SET_NAME}
    

    この例では、エクスポート先とシンクが同じプロジェクトにあります。これは必須ではありません。シンクとエクスポート先は異なる Google Cloud プロジェクトに存在することもできます。

  2. 設定を確認します。

    $ echo $SINK_ID
    a-sample-sink
    $ echo $DATA_SET_NAME
    dataset_1
    $ echo $DESTINATION
    bigquery.googleapis.com/projects/123456789000/datasets/dataset_1
    

シンクのリスト

すべてのシンクを一覧表示するには、次のコマンドを実行します。

$ gcloud alpha trace sinks list

このプロジェクトにはシンクがないため、レスポンスは次のようになります。

Listed 0 items.

シンクを作成する

  1. シンクを作成するには、次のコマンドを実行します。

    $ gcloud alpha trace sinks create ${SINK_ID} ${DESTINATION}
    

    レスポンスの例:

    You can give permission to the service account by running the following command.
    gcloud projects add-iam-policy-binding bigquery-project \
    --member serviceAccount:export-0000001cbe991a08-3434@gcp-sa-cloud-trace.iam.gserviceaccount.com \
    --role roles/bigquery.dataEditor
    

    サービス アカウント名に export-0000001cbe991a08-3434 が含まれていることに注意してください。0000001cbe991a08 は PROJECT_NUMBER を 16 進数で表したものです。値 3434 はランダムな値です。

    上記のレスポンスで gcloud コマンドライン ツールを実行する前に、bigquery-project をプロジェクト ID に置き換える必要があります。

  2. シンクが作成されたことを確認します。

    $ gcloud alpha trace sinks list
    

    レスポンスの例:

    NAME           DESTINATION                                                       WRITER_IDENTITY
    a-sample-sink  bigquery.googleapis.com/projects/123456789000/datasets/dataset_1  export-0000001cbe991a08-3434@gcp-sa-cloud-trace.iam.gserviceaccount.com
    
  3. シンクについて詳しく説明します。

    $ gcloud alpha trace sinks describe ${SINK_ID}
    

    レスポンスの例:

    destination: bigquery.googleapis.com/projects/123456789000/datasets/dataset_1
    name: a-sample-sink
    writer_identity: export-0000001cbe991a08-3434@gcp-sa-cloud-trace.iam.gserviceaccount.com
    
  4. シンクの書き込み ID に bigquery.dataEditor 権限を付与します。シンク作成コマンドは、権限の更新に使用できる gcloud コマンドライン ツールのコマンドを返します。

    このコマンドを成功させるには、次の手順を実行します。

    • 宛先の権限を変更する権限があることを確認します。
    • bigquery-project を実際のプロジェクト ID に置き換えます。
    gcloud projects add-iam-policy-binding ${PROJECT_ID} --member serviceAccount:export-0000001cbe991a08-3434@gcp-sa-cloud-trace.iam.gserviceaccount.com --role roles/bigquery.dataEditor
    

    このサンプル レスポンスの最初のエントリは、シンクの書き込み ID であるので注意してください。

    Updated IAM policy for project [a-sample-project].
    bindings:
    - members:
      - serviceAccount:export-0000001cbe991a08-3434@gcp-sa-cloud-trace.iam.gserviceaccount.com
      role: roles/bigquery.dataEditor
    - members:
      - user:user@example.com
      role: roles/cloudtrace.admin
    - members:
      - serviceAccount:service-123456789000@compute-system.iam.gserviceaccount.com
      role: roles/compute.serviceAgent
    - members:
      - serviceAccount:service-123456789000@gcp-sa-computescanning.iam.gserviceaccount.com
      role: roles/computescanning.serviceAgent
    - members:
      - serviceAccount:service-123456789000@container-engine-robot.iam.gserviceaccount.com
      role: roles/container.serviceAgent
    - members:
      - serviceAccount:service-123456789000@container-analysis.iam.gserviceaccount.com
      role: roles/containeranalysis.ServiceAgent
    - members:
      - serviceAccount:service-123456789000@containerregistry.iam.gserviceaccount.com
      role: roles/containerregistry.ServiceAgent
    - members:
      - serviceAccount:123456789000-compute@developer.gserviceaccount.com
      - serviceAccount:123456789000@cloudservices.gserviceaccount.com
      role: roles/editor
    - members:
      - user:user@example.com
      role: roles/owner
    etag: BwWbqGVnShQ=
    version: 1

シンクの宛先を変更する

この例では、宛先が dataset_1 から dataset_other に変更されます。

  1. 環境変数 DATA_SET_NAMEDESTINATION を更新します。

    $ DATA_SET_NAME=dataset_other
    $ DESTINATION=bigquery.googleapis.com/projects/${PROJECT_NUMBER}/datasets/${DATA_SET_NAME}
    $ echo ${DESTINATION}
    bigquery.googleapis.com/projects/123456789000/datasets/dataset_other
    

    DATA_SET_NAME または PROJECT_NUMBER を変更した後は、必ず DESTINATION の値を更新してください。

  2. シンクの宛先を変更します。

    $ gcloud alpha trace sinks update ${SINK_ID} ${DESTINATION}
    

    出力例は以下のとおりです。

    Updated [https://cloudtrace.googleapis.com/v2beta1/projects/123456789000/traceSinks/a-sample-sink].
    destination: bigquery.googleapis.com/projects/123456789000/datasets/dataset_other
    name: a-sample-sink
    writer_identity: export-0000001cbe991a08-3434@gcp-sa-cloud-trace.iam.gserviceaccount.com
    

    describe コマンドを実行して、シンクの詳細を表示します。

    $ gcloud alpha trace sinks describe ${SINK_ID}
    destination: bigquery.googleapis.com/projects/123456789000/datasets/dataset_other
    name: a-sample-sink
    writer_identity: export-0000001cbe991a08-3434@gcp-sa-cloud-trace.iam.gserviceaccount.com
    

    シンクのエクスポート先を更新する場合、シンクの書き込み ID を変更しないため、シンクの権限を更新する必要はありません。

シンクを削除する

シンクを削除するには、次のコマンドを実行します。

$ gcloud alpha trace sinks delete ${SINK_ID}

出力例:

Really delete sink [a-sample-sink]?

Do you want to continue (y/N)?  y

Deleted [https://cloudtrace.googleapis.com/v2beta1/projects/123456789000/traceSinks/a-sample-sink].

結果を確認するには、list コマンドを実行します。

$ gcloud alpha trace sinks list
Listed 0 items.

認証

トレースデータが BigQuery にエクスポートされたときにエラーを表示するグラフのベースとして、Cloud Monitoring exported_span_count 指標を使用できます。エクスポート エラーが発生した場合に通知するアラート ポリシーを作成することもできます。

グラフの作成

Metrics Explorer を使用してモニタリング対象リソースの指標を表示する方法は次のとおりです。

  1. Google Cloud Console で [Monitoring] を選択するか、次のボタンを使用します。
    [Monitoring] に移動
  2. [Monitoring] のナビゲーション パネルで、 [Metrics Explorer] をクリックします。
  3. [Metric] タブが選択されていることを確認します。
  4. [Find resource type and metric] のボックスをクリックして、リソースと指標をメニューから選択するか、リソースと指標の名前を入力します。次の情報を使用して、このテキスト ボックスのフィールドに入力します。
    1. [Resource type] に「Cloud Trace」と入力します。
    2. [Metric] で [Spans Exported to BigQuery] を選択します
  5. [Filter]、[Group By]、[Aggregator] の各メニューを使用して、データの表示方法を変更します。 このグラフでは、次の設定を使用します。
    1. [フィルタ] フィールドは空のままにします。この選択では、グラフにすべてのステータス データが表示されます。
    2. [グループ条件] フィールドで [status] を選択します。 この選択により、一意のステータス値ごとに 1 つの時系列が作成されます。次の表に、考えられるステータス値
      を示します。
      ステータス意味と是正措置
      ok このデータ移管処理は正常に完了しました。
      bigquery_permission_denied 宛先へのデータのエクスポートに失敗しました。次のいずれかの理由で、エクスポートに失敗する可能性があります。
      • トレースシンクのサービス アカウントには、宛先データセットへの書き込み権限がありません。権限の拒否をご覧ください。
      • シンク内のデータセットの宛先が存在しません。無効な宛先をご覧ください。
      • BigQuery の内部エラーが発生しました。これは予期しない一時的なエラーです。
      bigquery_quota_exceeded BigQuery プロジェクトが BigQuery ストリーミングの割り当てを超えています。割り当ての不足をご覧ください。
      invalid_span
      internal_errors

      invalid_destination
      BigQuery へのデータのエクスポートを妨げる不明なエラーが発生しました。この状態を解決するには、テクニカル サポートにお問い合わせいただくか、Stack Overflow でご質問ください。詳細については、サポートの利用をご覧ください。
    3. [Aggregator] フィールドはデフォルト値のままにします。
    詳しくは、指標の選択をご覧ください。

トレースシンクが正常にデータをエクスポートすると、以前の設定で作成したグラフには、ステータス値が ok の単一時系列が表示されます。エクスポート中にエラーが発生した場合は、追加の時系列がグラフに表示されます。

アラート ポリシーの作成

BigQuery に Cloud Trace をエクスポートする際にエラーが発生すると起動するアラート ポリシーを作成するには、次の設定を使用します。

[Target] ペイン
フィールド

Resource type Cloud Trace
Metric Spans Exported to BigQuery
Filter status != ok
Group by status
Aggregator sum
Period 1 m
Advanced Aggregation Aligner: rate
[Conditions] ペイン
フィールド

Condition triggers if Any time series violates
Condition is above
Threshold 0
For 1 minute

curl の使用

このセクションでは、curl ツールを使用して Cloud Trace API を呼び出すための規則と設定について説明します。

認証

  1. Google Cloud プロジェクト ID を保持する環境変数を作成します。

    PROJECT_ID=my-project
    
  2. Google Cloud プロジェクト番号を保持する環境変数を作成します。

    PROJECT_NUMBER=12345
    
  3. Cloud SDK を認証します。

    gcloud auth login
    
  4. デフォルトの Google Cloud プロジェクト ID を設定します。

    gcloud config set project ${PROJECT_ID}
    
  5. 認証トークンを作成し、環境変数に保存します。

    ACCESS_TOKEN=`gcloud auth print-access-token`
    
  6. アクセス トークンを確認します。

    echo ${ACCESS_TOKEN}
    

    コマンドに対するレスポンスは長い文字列にする必要があります。たとえば、1 つのシステムでは、レスポンスの冒頭は次のようになります。

    y29.GluiBjo....
    

curl の呼び出し

curl コマンドには、一連の引数とその後に続く Cloud Trace API リソースの URL が含まれます。一般的な引数には、PROJECT_ID および ACCESS_TOKEN 環境変数で指定された値があります。

curl 呼び出しの一般的な形式は次のとおりです。

curl  --http1.1 --header "Authorization: Bearer ${ACCESS_TOKEN}" [OTHER_ARGS]
https://cloudtrace.googleapis.com/[API_VERSION]/projects/${PROJECT_ID}/[RESOURCE]

ここで

  • [OTHER_ARGS](省略可): GET リクエストを発行する場合は、このフィールドを省略します。他の種類の HTTP リクエストの場合、このプレイス オーナーをリクエストのリクエスト タイプと、リクエストを満たすために必要な追加データに置き換えます。
  • [API_VERSION]: API のバージョンを指定します。
  • [RESOURCE]: Cloud Trace API リソース名を指定します。

たとえば、プロジェクトの最新の 1,000 個のトレースを一覧表示するには、次のコマンドを実行します。

curl  --http1.1 --header "Authorization: Bearer ${ACCESS_TOKEN}" https://cloudtrace.googleapis.com/v1/projects/${PROJECT_ID}/traces

トラブルシューティング

データセットの無効な引数エラー

次のエラーメッセージは、データセット名が無効であることを示しています。

ERROR: (gcloud.alpha.trace.sinks.create) INVALID_ARGUMENT: Request contains an invalid argument.
- '@type': type.googleapis.com/google.rpc.DebugInfo
  detail: '[ORIGINAL ERROR] generic::invalid_argument: sink destination is malformed:
    bigquery.googleapis.com/projects/123456789000/datasets/a-sample-project:dataset_1.

エラーの原因は、データセット名の修飾子としての宛先(Google Cloud プロジェクト識別子 a-sample-project)です。

このエラーを解決するには、a-sample-project:dataset_1dataset_1 に置き換えてから create コマンドを発行します。

データセットは bq ls コマンドで一覧表示できます。

トレースデータを受信していない

BigQuery でトレースデータを受信できない理由はいくつかあります。

移動先が無効です

データセット名とプロジェクト番号が正しいことを確認します。

  • データセット名が正しいことを確認するには: 現在のプロジェクト内のデータセットを一覧表示するには、bq ls を実行します。

    環境変数を使用する場合は、echo コマンドを発行して、各変数の値が正しいことを確認します。たとえば、宛先が正しいことを確認します。

    $ echo ${DESTINATION}
    bigquery.googleapis.com/projects/123456789000/datasets/dataset_other
    

    DESTINATIONPROJECT_NUMBERDATA_SET_NAME の値に依存するため、これら 2 つの変数を最初に設定する必要があります。また、これら 2 つの変数のいずれかを変更する場合は、DESTINATION に格納されている値を更新する必要があります。

  • 現在のプロジェクト番号を確定するには、以下を実行します。

    gcloud projects list --filter="${PROJECT_ID}"
    

    次のコマンドを使用して、PROJECT_NUMBER をプログラムで設定できます。

    $ PROJECT_NUMBER=`gcloud projects list --filter="${PROJECT_ID}" --format="value(PROJECT_NUMBER)"`
    

無効な権限

サービス アカウントに BigQuery 用の DataEditor のロールが付与されていることを確認します。次のコマンドを実行すると、権限が確認できます。

$ gcloud projects get-iam-policy ${PROJECT_ID}

このコマンドのレスポンスでは、すべての IAM バインディングが記述されています。この場合、結果は次のようになります。シンク書き込み ID には dataEditor のロールがあることに注目してください。

bindings:
- members:
  - serviceAccount:export-0000001cbe991a08-3434@gcp-sa-cloud-trace.iam.gserviceaccount.com
  role: roles/bigquery.dataEditor
- members:
  [Note, content truncated]

割り当てが残っていません

データの受信中に突然停止した場合や、データが不十分な場合は、BigQuery ストリーミングの割り当て上限に達した可能性があります。割り当て量を表示するには、[IAM と管理] ページに移動し、[割り当て] を選択します。BigQuery API を検索します。関連するエントリが 2 つあります。リソースごとに 1 分あたりのストリーミング行数と、リソースごとの 1 分あたりのストリーミング バイト数です。

Quotas に移動

次のステップ

BigQuery スキーマについては、BigQuery へのエクスポートをご覧ください。