App Engine Java Servlet モジュールの追加

このページでは、App Engine Java Servlet モジュールを Android Studio のプロジェクトに追加する方法を説明します。

モジュールを追加するには、次のようにします。

  1. Android Studio を起動し、新しいバックエンドを必要とする Android アプリ向けのプロジェクトを開きます。

    Android Studio をまだインストールしていない場合、または環境を設定していない場合は、クイックスタートをご覧ください。

  2. プロジェクトを右クリックして、[New] > [Module] を選択します。

  3. リストから [Google Cloud Module] を選択し、[Next] をクリックします。

  4. [App Engine Java Servlet Module] を選択し、次に [New Google Cloud Module] フォームの残りの情報を入力します。

    モジュール パラメータを入力
    1. バックエンド用のモジュール名を指定します。指定した名前が表示され、Android Studio プロジェクトで使用されます。

    2. パッケージ名を指定します。このテンプレートからインポートされるすべてのクラスで、このパッケージ名が使用されます。

    3. このプロジェクトのクライアント モジュール(Android アプリを含んだもの)を選択します。このモジュールは、適切なコンパイル依存関係とビルド依存関係によって、新たに生成されたバックエンドが呼び出されるように自動的に設定されます。

    4. [Finish] をクリックすると、新しいバックエンドが生成されます。

  5. [Tools] > [Android] > [Sync Project with Gradle Files] を選択してプロジェクトを同期します。

これで、Android Studio プロジェクト向けのビルドと実行が可能なバックエンド モジュールが新たに作成され、追加の依存関係としてプロジェクトの settings.gradle ファイルに追加されます。

特に、指定したモジュール / パッケージ名の新しい Gradle モジュールが、新しいバックエンドを含むプロジェクトに追加されます。必要な依存関係 / 権限のすべてが自動的に設定されます。

モジュールの使用

Android アプリをバックエンドに接続する方法、ローカル デバッグとテストの方法、デプロイの方法については、GitHub レポジトリの該当する README をご覧ください。

バックエンド モジュール テンプレートに対する変更の提案と機能強化

バックエンド モジュール テンプレートの改善または機能強化を提案する場合は、GitHub レポジトリからプルリクエストを送信してください。

次のステップ

フィードバックを送信...

Cloud Tools for Android Studio