サポート サービスのダウングレード

このドキュメントでは、Cloud カスタマーケアのポートフォリオ内でサポート サービスをダウングレードする方法について説明します。

このページは、現在のサポート サービスがプレミアム、エンハンスト、またはスタンダードのお客様を対象としています。現在のサポート サービスがエンタープライズ サポートまたはプラチナの場合は、テクニカル アカウント マネージャーまたはアカウント チームに連絡して、サポート サービスをダウングレードまたは変更してください。現在のサポート サービスがロールベース、シルバー、ゴールドの場合は、以下のいずれかのガイドを使用してサポート サービスをダウングレードまたは変更します。

サポート サービスをキャンセルしたり、閉鎖したりするには、カスタマーケア アカウントの閉鎖をご覧ください。

始める前に

  • 組織管理者roles/resourcemanager.organizationAdmin)のロールが必要です。

    このロールをお持ちでない場合は、アクセス権について組織管理者にお問い合わせください。

  • 有料サービスにダウングレードする場合は、新しいサポート サービスの Cloud 請求先アカウントも作成する必要があります。

現在の提供サービスを確認する

  1. Google Cloud Console で、[サポート] ページに移動します。
    [サポート] ページに移動

  2. [概要] をクリックしてダッシュボードを表示します。

  3. [サポート情報] カードを表示して、現在のサポート サービスを確認します。

提供サービスをダウングレードする

スタンダード サポートまたはエンハンスト サポートをご利用のお客様は、Google Cloud Console でサポート サービスをダウングレードしてください。

サービスをダウングレードするには、使用するサポート サービスに基づいて次の手順を行います。

ベーシック

ベーシック サポートにダウングレードするには:

  1. [サポート サービスを表示] を選択します。
  2. [ベーシック サポート] で [Select Basic] をクリックします。
  3. 選択した Google Cloud 組織リソースを表示して、続行するために必要な権限があることを確認します。
  4. 利用規約と移行規約を読んで同意します。請求期間が終了するまで、既存のサポート サービスを引き続き使用できます。
  5. [変更を保存] をクリックします。

ベーシック サポートのユーザーはテクニカル サポートケースを作成することはできませんが、無料の Cloud Billing サポートとセルフヘルプ リソースを引き続き使用できます。ベーシック サポートに含まれる機能の詳細については、Cloud カスタマーケアのサポートを利用するをご覧ください。

スタンダード

スタンダード サポートにダウングレードするには:

  1. [サポート サービスを表示] を選択します。
  2. [スタンダード サポート] で [今すぐ購入] をクリックします。
  3. 選択した Google Cloud 組織リソースを表示して、続行するために必要な権限があることを確認します。
  4. プルダウン メニューから請求先アカウントを選択します。利用規約を確認し、同意します。
  5. [変更を保存] をクリックします。

サポート サービスとお支払いとご請求の詳細が更新され、スタンダード サポートをすぐにご利用いただけます。

ご利用いただける機能については、スタンダード サポートの概要をご覧ください。

エンハンスト

プレミアム サポートからエンハンスト サポートにダウングレードするには、テクニカル アカウント マネージャー(TAM)にお問い合わせください。

次のステップ