Cloud カスタマーケア アカウントの閉鎖

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページでは、サポート サービスに基づいて Cloud カスタマーケア アカウントをキャンセルする方法について説明します。

Cloud 請求先アカウントを閉鎖する手順、または関連するリソースを削除する手順については、Google Cloud リソースの削除をご覧ください。

カスタマーケアをキャンセルする

カスタマーケアのキャンセル方法は、組織や Cloud 請求先アカウントの種類によって異なります。

Cloud 請求先アカウントが請求書発行のアカウントとして請求されている場合、Cloud カスタマーケア アカウントをキャンセルするには、キャンセルをリクエストするサポートケースを送信する必要があります。Google Cloud チームに担当者がいる場合は、その担当者にもキャンセルについてお知らせください。

請求書発行の Cloud 請求先アカウントを使用していない場合は、購入したサービスに基づいて Cloud カスタマーケア アカウントを閉鎖します。

プレミアム

プレミアム サポートをキャンセルする場合は、営業担当までお問い合わせください。

スタンダードまたはエンハンスト

スタンダード サポートまたはエンハンスト サポートは、いつでも Google Cloud コンソールから直接キャンセルできます。スタンダード サポートまたはエンハンスト サポートをキャンセルすると、月末にアカウントがベーシック サポートに自動的にダウングレードされます。ベーシックにダウングレードするには、サポートプランのダウングレードをご覧ください。

ベーシック サポートのユーザーは、サポートケースを作成できません。どのような役割でも無料の Cloud Billing サポートとご自身で利用可能なヘルプリソースは引き続きご利用いただけます。

Google Cloud リソースを削除する

このセクションでは、プロジェクトや Cloud 請求先アカウントなどの Google Cloud リソースを削除または閉鎖する方法について説明します。

Cloud 請求先アカウントを閉鎖するには、Cloud 請求先アカウントをキャンセルするをご覧ください。

プロジェクトを削除する

プロジェクトを削除することで、すべての課金を停止し、プロジェクト内の Google Cloud プロジェクトをシャットダウンできます。

プロジェクト オーナーは、プロジェクトの作成と管理の手順に沿って、プロジェクトを削除できます。Google Cloud と Google API のサービスに関連するすべてのプロジェクト データにアクセスできなくなります。

プロジェクトから削除する場合は、プロジェクトに対する権限の取り消しをプロジェクト管理者に依頼します。

Cloud 請求先アカウントを閉鎖する

アクティブな Cloud 請求先アカウントを閉鎖すると、すべての課金対象サービスが停止します。Cloud 請求先アカウントを閉鎖するには、Cloud 請求先アカウントを閉鎖するの手順に沿って操作します。Cloud 請求先アカウントを閉鎖すると、サービスをキャンセルするまでに発生した利用分の金額が請求されます。Cloud 請求先アカウントを再開しない限り、これが最後の請求となります。

Google Cloud アカウントをキャンセルする

Google ユーザー アカウント(Google アカウント)を使用して Google Cloud に登録した場合、Cloud 請求先アカウントは Google アカウントと同一です。この場合、Cloud 請求先アカウントをキャンセルすると、その Google アカウントに関連付けられているすべてのデータと、そのアカウントで使用するサービス(Gmail、Google Play、YouTube など)が影響を受けます。

使用している他の Google サービスが影響を受けないようにするには、代わりにプロジェクトを削除し、Cloud 請求先アカウントを閉鎖することを検討してください。

Google アカウントのキャンセルの詳細については、Google アカウントを削除するをご覧ください。