データベース クライアントを使用して接続する

このページでは、ローカルのクライアント マシン上、または Cloud Shell 内で実行されている mysql クライアントを Cloud SQL インスタンスに接続する方法について説明します。

お困りの場合、プロキシのトラブルシューティングについては、Cloud SQL Auth Proxy 接続のトラブルシューティングをご覧ください。または、Cloud SQL のサポートページをご覧ください。

始める前に

クライアントの使用を開始するには、次の作業を行っておく必要があります。

ローカル クライアントの使用

ローカル クライアントを使用して Cloud SQL インスタンスに接続する手順には、大きく分けて次の 3 つのタスクがあります。

  1. クライアントをインストールします
  2. Cloud SQL インスタンスへのアクセスを構成します
  3. Cloud SQL インスタンスに接続します

クライアントをインストールする

クライアントをインストールするには:

Debian、Ubuntu

MySQL クライアントをパッケージ マネージャーからインストールします。

sudo apt-get update
sudo apt-get install mariadb-server-10.3

CentOS / RHEL

MySQL クライアントをパッケージ マネージャーからインストールします。

sudo yum install mysql

openSUSE

MySQL クライアントをパッケージ マネージャーからインストールします。

sudo zypper install mysql-server

他のプラットフォーム

  1. プラットフォーム向けの MySQL Community Server を MySQL Community Server ダウンロード ページからダウンロードします。
    Community Server に MySQL クライアントが含まれています。
  2. ダウンロード ページの指示に沿って、Community Server をインストールします。

MySQL のインストールの詳細については、MySQL リファレンス マニュアルの MySQL のインストールとアップグレードをご覧ください。

Cloud SQL インスタンスへのアクセスを構成する

インスタンスへのアクセスを構成するには:

  1. クライアント マシンで What's my IP を使ってクライアント マシンの IP アドレスを確認します。
  2. その IP アドレスをコピーします。
  3. Google Cloud Console の [Cloud SQL インスタンス] ページに移動します。

    [Cloud SQL インスタンス] ページに移動

  4. インスタンスをクリックして [概要] ページを開き、その IP アドレスを記録します。
  5. [接続] タブを選択します。
  6. [承認済みネットワーク] で [ネットワークを追加] をクリックし、クライアントがインストールされているマシンの IP アドレスを入力します。
  7. [完了] をクリックし、ページの下部にある [保存] をクリックして変更内容を保存します。
  8. インスタンスに接続します。SSL ありSSL なしのどちらの接続でもかまいません。

暗号化しないで Cloud SQL インスタンスに接続する

インスタンスに接続するには:

  1. クライアントをインストールし、インスタンスへのアクセスを構成したことを確認します。
  2. MySQL クライアントを起動します。
    mysql --host=[INSTANCE_IP] --user=root --password
    
  3. パスワードを入力します。
  4. MySQL プロンプトが表示されます。

SSL を使用して Cloud SQL インスタンスに接続する

SSL を使用して接続するには、次のものが必要です。

  • server-ca.pem ファイル内の認証局(CA)証明書。
  • client-cert.pem ファイル内のクライアントの公開鍵証明書。
  • client-key.pem ファイル内のクライアントの秘密鍵。

クライアント証明書と対応する秘密鍵がない場合は、新しいクライアント証明書を作成します

開始する前に、クライアントをインストールし、インスタンスへのアクセスを構成したことを確認します。

SSL を使用してインスタンスに接続するには:

  1. MySQL クライアントを起動します。

    mysql --ssl-ca=server-ca.pem --ssl-cert=client-cert.pem --ssl-key=client-key.pem \
                 --host=[INSTANCE_IP] --user=root --password
    

  2. パスワードを入力します。
  3. MySQL のプロンプトで \s コマンドを入力し、接続が SSL を使用していることを確認します。
  4. 出力行で SSL: を探します。
    ...
    SSL:                     Cipher in use is DHE-RSA-AES256-SHA
    ...
    

    IP を使用した接続の問題のトラブルシューティングについては、Cloud SQL インスタンスでの問題を診断するをご覧ください。

Cloud Shell でクライアントを使用する

Cloud SQL インスタンスに接続するには:

  1. Google Cloud Console に移動します。

    Google Cloud Console に移動

  2. ツールバーの右側にある Cloud Shell アイコン をクリックします。

    Cloud Shell の初期化には少し時間がかかります。

  3. Cloud Shell プロンプトで、組み込みのクライアントを使用して Cloud SQL インスタンスに接続します。
    gcloud sql connect [INSTANCE_ID] --user=root
    
  4. パスワードを入力します。

gcloud sql connect コマンドでは、SSL / TLS を使用した Cloud SQL インスタンスへの接続がサポートされません。暗号化を使用して接続するには、Cloud Shell でプロキシをインストールして使用します。

  1. /home/USER ディレクトリにプロキシ(Linux 64 ビット)をインストールします。
  2. Cloud SDK 認証を使用してプロキシを開始します。

    ./cloud_sql_proxy -instances=INSTANCE_CONNECTION_NAME=tcp:3306 &

  3. TCP 接続を使用してデータベースに接続します。

    mysql -u USERNAME -p --host 127.0.0.1

次のステップ

使ってみる

Google Cloud を初めて使用される方は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Cloud SQL のパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイに使用できる無料クレジット $300 分を差し上げます。

Cloud SQL 無料トライアル