DML によるデータの書き込み

DML を使用してデータを書き込みます。

もっと見る

このコードサンプルを含む詳細なドキュメントについては、以下をご覧ください。

コードサンプル

C++

Spanner 用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Spanner クライアント ライブラリをご覧ください。

Spanner への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

void DmlGettingStartedInsert(google::cloud::spanner::Client client) {
  using ::google::cloud::StatusOr;
  namespace spanner = ::google::cloud::spanner;

  auto commit_result = client.Commit(
      [&client](spanner::Transaction txn) -> StatusOr<spanner::Mutations> {
        auto insert = client.ExecuteDml(
            std::move(txn),
            spanner::SqlStatement(
                "INSERT INTO Singers (SingerId, FirstName, LastName) VALUES"
                " (12, 'Melissa', 'Garcia'),"
                " (13, 'Russell', 'Morales'),"
                " (14, 'Jacqueline', 'Long'),"
                " (15, 'Dylan', 'Shaw')"));
        if (!insert) return std::move(insert).status();
        return spanner::Mutations{};
      });
  if (!commit_result) throw std::move(commit_result).status();
  std::cout << "Insert was successful [spanner_dml_getting_started_insert]\n";
}

C#

Spanner 用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Spanner クライアント ライブラリをご覧ください。

Spanner への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


using Google.Cloud.Spanner.Data;
using System;
using System.Threading.Tasks;

public class WriteUsingDmlCoreAsyncSample
{
    public async Task<int> WriteUsingDmlCoreAsync(string projectId, string instanceId, string databaseId)
    {
        string connectionString = $"Data Source=projects/{projectId}/instances/{instanceId}/databases/{databaseId}";

        using var connection = new SpannerConnection(connectionString);
        await connection.OpenAsync();

        SpannerCommand cmd = connection.CreateDmlCommand(
            "INSERT Singers (SingerId, FirstName, LastName) VALUES "
               + "(12, 'Melissa', 'Garcia'), "
               + "(13, 'Russell', 'Morales'), "
               + "(14, 'Jacqueline', 'Long'), "
               + "(15, 'Dylan', 'Shaw')");
        int rowCount = await cmd.ExecuteNonQueryAsync();

        Console.WriteLine($"{rowCount} row(s) inserted...");
        return rowCount;
    }
}

Go

Spanner 用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Spanner クライアント ライブラリをご覧ください。

Spanner への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。


import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	"cloud.google.com/go/spanner"
)

func writeUsingDML(w io.Writer, db string) error {
	ctx := context.Background()
	client, err := spanner.NewClient(ctx, db)
	if err != nil {
		return err
	}
	defer client.Close()

	_, err = client.ReadWriteTransaction(ctx, func(ctx context.Context, txn *spanner.ReadWriteTransaction) error {
		stmt := spanner.Statement{
			SQL: `INSERT Singers (SingerId, FirstName, LastName) VALUES
				(12, 'Melissa', 'Garcia'),
				(13, 'Russell', 'Morales'),
				(14, 'Jacqueline', 'Long'),
				(15, 'Dylan', 'Shaw')`,
		}
		rowCount, err := txn.Update(ctx, stmt)
		if err != nil {
			return err
		}
		fmt.Fprintf(w, "%d record(s) inserted.\n", rowCount)
		return err
	})
	return err
}

Java

Spanner 用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Spanner クライアント ライブラリをご覧ください。

Spanner への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

static void writeUsingDml(DatabaseClient dbClient) {
  // Insert 4 singer records
  dbClient
      .readWriteTransaction()
      .run(transaction -> {
        String sql =
            "INSERT INTO Singers (SingerId, FirstName, LastName) VALUES "
                + "(12, 'Melissa', 'Garcia'), "
                + "(13, 'Russell', 'Morales'), "
                + "(14, 'Jacqueline', 'Long'), "
                + "(15, 'Dylan', 'Shaw')";
        long rowCount = transaction.executeUpdate(Statement.of(sql));
        System.out.printf("%d records inserted.\n", rowCount);
        return null;
      });
}

Node.js

Spanner 用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Spanner クライアント ライブラリをご覧ください。

Spanner への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

// Imports the Google Cloud client library
const {Spanner} = require('@google-cloud/spanner');

/**
 * TODO(developer): Uncomment the following lines before running the sample.
 */
// const projectId = 'my-project-id';
// const instanceId = 'my-instance';
// const databaseId = 'my-database';

// Creates a client
const spanner = new Spanner({
  projectId: projectId,
});

// Gets a reference to a Cloud Spanner instance and database
const instance = spanner.instance(instanceId);
const database = instance.database(databaseId);

database.runTransaction(async (err, transaction) => {
  if (err) {
    console.error(err);
    return;
  }
  try {
    const [rowCount] = await transaction.runUpdate({
      sql: `INSERT Singers (SingerId, FirstName, LastName) VALUES
      (12, 'Melissa', 'Garcia'),
      (13, 'Russell', 'Morales'),
      (14, 'Jacqueline', 'Long'),
      (15, 'Dylan', 'Shaw')`,
    });
    console.log(`${rowCount} records inserted.`);
    await transaction.commit();
  } catch (err) {
    console.error('ERROR:', err);
  } finally {
    // Close the database when finished.
    database.close();
  }
});

PHP

Spanner 用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Spanner クライアント ライブラリをご覧ください。

Spanner への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

use Google\Cloud\Spanner\SpannerClient;
use Google\Cloud\Spanner\Transaction;

/**
 * Inserts sample data into the given database with a DML statement.
 *
 * The database and table must already exist and can be created using
 * `create_database`.
 * Example:
 * ```
 * insert_data($instanceId, $databaseId);
 * ```
 *
 * @param string $instanceId The Spanner instance ID.
 * @param string $databaseId The Spanner database ID.
 */
function write_data_with_dml(string $instanceId, string $databaseId): void
{
    $spanner = new SpannerClient();
    $instance = $spanner->instance($instanceId);
    $database = $instance->database($databaseId);

    $database->runTransaction(function (Transaction $t) {
        $rowCount = $t->executeUpdate(
            'INSERT Singers (SingerId, FirstName, LastName) VALUES '
            . "(12, 'Melissa', 'Garcia'), "
            . "(13, 'Russell', 'Morales'), "
            . "(14, 'Jacqueline', 'Long'), "
            . "(15, 'Dylan', 'Shaw')");
        $t->commit();
        printf('Inserted %d row(s).' . PHP_EOL, $rowCount);
    });
}

Python

Spanner 用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Spanner クライアント ライブラリをご覧ください。

Spanner への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

# instance_id = "your-spanner-instance"
# database_id = "your-spanner-db-id"
spanner_client = spanner.Client()
instance = spanner_client.instance(instance_id)
database = instance.database(database_id)

def insert_singers(transaction):
    row_ct = transaction.execute_update(
        "INSERT INTO Singers (SingerId, FirstName, LastName) VALUES "
        "(12, 'Melissa', 'Garcia'), "
        "(13, 'Russell', 'Morales'), "
        "(14, 'Jacqueline', 'Long'), "
        "(15, 'Dylan', 'Shaw')"
    )
    print("{} record(s) inserted.".format(row_ct))

database.run_in_transaction(insert_singers)

Ruby

Spanner 用のクライアント ライブラリをインストールして使用する方法については、Spanner クライアント ライブラリをご覧ください。

Spanner への認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。詳細については、ローカル開発環境の認証の設定をご覧ください。

# project_id  = "Your Google Cloud project ID"
# instance_id = "Your Spanner instance ID"
# database_id = "Your Spanner database ID"

require "google/cloud/spanner"

spanner = Google::Cloud::Spanner.new project: project_id
client  = spanner.client instance_id, database_id
row_count = 0

client.transaction do |transaction|
  row_count = transaction.execute_update(
    "INSERT INTO Singers (SingerId, FirstName, LastName) VALUES
     (12, 'Melissa', 'Garcia'),
     (13, 'Russell', 'Morales'),
     (14, 'Jacqueline', 'Long'),
     (15, 'Dylan', 'Shaw'),
     (16, 'Billie', 'Eillish'),
     (17, 'Judy', 'Garland'),
     (18, 'Taylor', 'Swift'),
     (19, 'Miley', 'Cyrus'),
     (20, 'Michael', 'Jackson'),
     (21, 'Ariana', 'Grande'),
     (22, 'Elvis', 'Presley'),
     (23, 'Kanye', 'West'),
     (24, 'Lady', 'Gaga'),
     (25, 'Nick', 'Jonas')"
  )
end

puts "#{row_count} records inserted."

次のステップ

他の Google Cloud プロダクトに関連するコードサンプルの検索およびフィルタ検索を行うには、Google Cloud のサンプルをご覧ください。