ウェブサイトとウェブアプリ ソリューション

Google Cloud Platform の高速かつスケーラブルな VM で快適なウェブ環境を提供

無料トライアル お問い合わせ

高速、安価、スケーラブル

多層ウェブ アプリケーションをゼロから開発する場合も、静的なウェブサイトを構築する場合も、Google Cloud Platform はスケーラブルで、世界中で利用できるアプリケーションやウェブサイトの開発とデプロイを支えるサービスとインフラストラクチャを提供します。アプリケーションやユーザーに注力し、インフラストラクチャの管理は Google にお任せください。

従量課金制

Google App Engine は、制限内のご利用は無料です。Google Compute Engine での課金は秒単位で計算されます。革新的なプリエンプティブ VM には継続利用割引が自動で適用されるため、業界をリードするクラウド料金でコスト削減を実現し、ピーク時の効率性を維持できます。

Google 規模でのデプロイ

世界でも人気の高いインターネット サービスの一部は、Google Cloud Platform をベースに構築されています。App Engine を使えば、1 日のリクエスト処理数を数十億までスケーリングでき、トラフィックが減少したら自動でスケールダウンできます。ベア仮想マシン(VM)にアクセスする際は、Compute Engine が自動的にスケールして世界各地にトラフィックを負荷分散します。

一般的な言語とフレームワークへの対応

App Engine フレキシブル環境では、Python、Java、PHP、Go などの特に人気があり広く使われているプログラミング言語、または独自のランタイムでアプリケーションを記述できます。Django、Flask、Spring、webapp2 などの既存のフレームワークも活用できます。Compute Engine ではカスタム アーキテクチャとアプリケーションを組み合わせて、Node.js、C++、Scala、Hadoop、MongoDB、Redis など、さまざまな技術スタックと統合できます。

速度は機能

速度は機能の一部です。レイテンシが発生すれば、ウェブアプリの利便性が損なわれます。世界中に展開する Google のプライベート ファイバー ネットワークは 33 か国の 100 か所以上に拠点があり、アプリデータは最低限のレイテンシでユーザーのもとに届きます。生アプリケーション データでもリッチな画像や動画でも、Google のグローバル ネットワークはアプリデータを Google のデータセンターから世界各国のユーザーのデータセンターへと転送します。

ウェブサイトとウェブアプリ ガイド

強力なサイトやアプリの開発に役立つ詳細なガイドとリソース

ウェブサイトの処理

Compute Engine VM、コンテナ、App Engine など、ウェブサイトをホスティングするためのオプションを説明します。スケーラビリティ、負荷分散、ロギング、モニタリングなどについても説明します。

オプションの詳細を読む

シンプルな静的ウェブサイトの構築

Google Cloud Storage のバケットを構成して、シンプルながらも堅牢な静的コンテンツのウェブサイトに供給します。

チュートリアルを読む

LAMP サーバーの実行

ルートアクセス権限のある仮想マシンでウェブサイトをホスティングし、アプリで必要なソフトウェアをインストールします。

ドキュメントを見る

スケーラビリティと復元力のあるアプリの構築

復元力とスケーラビリティを備えたアプリケーションの開発は、アプリケーション アーキテクチャにおいて必要不可欠な要素の 1 つです。

概要を読む

HAProxy と Consul による負荷分散

DNS ベースのサービス検出サービスである Consul を Google Cloud Platform 上にある HAProxy ベースの自動スケーリング型の社内負荷分散システムとして使用できます。

チュートリアルを読む

イメージ構築の自動化

Jenkins、Packer、Kubernetes で Compute Engine のインスタンスを起動するカスタム イメージを作成すれば、起動時間の短縮と信頼性の向上を実現できます。

概要を読む

「Google Cloud Platform を選んだ理由は、App Engine と Compute Engine の組み合わせがクラウドでスケーラビリティと弾力性のある計算処理能力を真に実現するからです。」

— Dan Mesh 氏、Evite 社技術担当副社長 Evite は Google Compute Engine と App Engine を活用して、いつでもサービスを拡張できるようになりました
Java は Oracle および関連会社の登録商標です。