ソリューション

Oracle ワークロードの Google Cloud への移行

Oracle ワークロードの再ホスト、再プラットフォーム化、書き換え

最新のアプリケーションでは、柔軟なデータベースの選択肢を提供し、アプリケーション開発者が要件に基づいてインフラストラクチャを選択できるようにする必要があります。Google Cloud は Bare Metal Solution からオープンソース データベース、革新的なクラウドネイティブのデータベースに至るまでの幅広いデータベースのソリューションを提供して運用上のオーバーヘッドを低減し、イノベーションとアジリティをもたらすために役立ちます。

導入事例

事例の概要

  • Optiva による Google Cloud への Oracle の移行

  • インフラストラクチャの費用を 10 分の 1 に削減

  • データベースのパフォーマンスが 10 倍に向上

すべてのお客様を表示

移行戦略

Oracle ワークロードの移行時には、ライセンス、メンテナンス費用、管理性、そして認証が必要な Oracle サポート商用オフザシェルフ アプリケーションなど、検討を要する事項が多くあります。Google Cloud はお客様特有の移行において複数の戦略が用意されています。

再ホスト

Oracle ワークロードを特定の構成を移行するために、Google Cloud は Bare Metal Solution を提供しています。これにより、ワークロードを簡単にリフト&シフトできます。Bare Metal Solution は、ハードウェア、ハードウェアのサポート、統合された課金を提供します。このインフラストラクチャは専用の高耐久性相互接続により Google Cloud に接続され、あらゆるネイティブの Google Cloud サービスに 2 ms 未満のレイテンシで接続できます。

プラットフォームの再構築

核となるアプリケーション コードを維持しながら、Cloud SQL for PostgreSQL や BigQuery などの互換性のあるプラットフォームに移行し、ライセンス料とメンテナンス費用を削減できます。PL/SQL やストアド プロシージャとある程度の互換性がある、Cloud SQL for PostgreSQL などのオープンソースのデータベースに移行できます。また、データ分析中心のワークロードを、BigQuery などの SQL 互換のデータ ウェアハウジング ソリューションにオフロードできます。

書き換え

アプリケーションを書き換えることで、クラウドネイティブのデータベースのメリットを最大限活用できます。アプリケーションに、グローバルなスケーラビリティを持つリレーショナル データベースが必要な場合は、99.999% の SLA を誇る、業界をリードする高可用性とスケーラビリティを兼ね備えた Cloud Spanner に移行できます。

主な利点

TCO を劇的に削減

データベース環境の構築とメンテナンスには、多額のハードウェアとソフトウェアの初期費用、メンテナンス費用が必要となります。Oracle ワークロードを Google Cloud に移行することで、時間と費用を大幅に節約し、最大 78% の TCO 削減につなげることができます。

$0$1M$2M$3M$4M$5M$6M$7MOn-Premises DIYCloud Solution ACloud Solution BCloud Spanner78% Cost saving37% Cost savingHardware/Software/StorageOperationsCloudStorageMaintenance/SupportAdministration

出典: Enterprise Strategy Group

高いスケーラビリティと可用性

ミッション クリティカルなアプリケーションには、ビジネスに合わせてスケールする信頼性の高いデータベースが必要となります。Google Cloud は、Oracle ワークロードを移行するための柔軟なオプションを提供しており、トラフィックの急増によるアプリケーションへの影響や予期せぬダウンタイムを回避します。

業界をリードする技術パートナーと提携し、Oracle ワークロードを Google Cloud に移行しましょう。


ORACLE® は Oracle Corporation の登録商標です。