有効なサービス

大部分の Google Cloud Platform API およびサービスを使用するには、まず、それらを GCP プロジェクトで有効にする必要があります。GCP プロジェクトで API とサービスを有効にすると、以下のような変更が行われます。

  • それらがプロジェクトに関連付けられます。
  • GCP Console にモニタリングのページが追加されます。
  • プロジェクトに対して課金が有効になっている場合、API およびサービスに対する課金が有効になります。
  • サービスを有効にしたことに伴い、関連する Cloud Identity and Access Management の役割が表示されるようになることがあります。

サービスの呼び出し

GCP API とサービスを使用するための大まかな一般的要件を以下に示します。

  1. GCP プロジェクト。GCP プロジェクトの作成について詳しくは、プロジェクトを作成、管理するをご覧ください。
  2. プロジェクトに対してサービスを有効にする方法と、API とサービスを有効にする方法については、サービスの有効化と無効化をご覧ください。
  3. 使用している有効なサービスの認証情報。Cloud API の認証方法については、認証のスタートガイドをご覧ください。

GCP API やサービスの呼び出しに使用する認証情報は、それらを作成するために使用するプロジェクトに関連付けられます。

Cloud IAM の役割の可視性

一部の Cloud IAM 役割は、関連付けられたサービスが GCP プロジェクトで有効な場合にのみ表示されます。たとえば、roles/compute.admin 役割は、compute.googleapis.com API がプロジェクトで有効になった後にのみ表示されます。プロジェクトで付与するために使用できる役割を一覧表示する方法については、リソースに対して付与可能な役割の表示をご覧ください。

デフォルトで有効になるサービス

GCP Console または Cloud SDK を使用して GCP プロジェクトを作成すると、以下の API とサービスがデフォルトで有効になります。

自動的に有効になるサービス

一部の API とサービスは、GCP Console で使用すると自動的に有効になります。たとえば、[Compute Engine] ページを表示すると、Compute Engine API が自動的に有効になります。