Dataflow を使用して Pub/Sub からメッセージをストリーミングする

Dataflow は、ストリーミング(リアルタイム)モードのデータとバッチモードのデータを同等の信頼性と表現力で変換、活用するフルマネージド サービスです。Apache Beam SDK を使用して、簡素化されたパイプライン開発環境を提供します。Apache Beam SDK は、ウィンドウ処理とセッション分析のプリミティブが豊富に用意されているだけでなく、ソースとシンクのコネクタからなるエコシステムも提供しています。このクイックスタートでは、Dataflow を使用して次の操作を行う方法を説明します。

  • Pub/Sub トピックにパブリッシュされたメッセージを読む
  • タイムスタンプごとにメッセージをウィンドウ処理(グループ化)する
  • Cloud Storage にメッセージを書き込む

このクイックスタートでは、Java と Python で Dataflow を使用する方法について説明します。SQL もサポートされます。このクイックスタートは、ご利用を開始していただくにあたり一時的な認証情報を提供する Google Cloud Skills Boost チュートリアルとしても掲載しています。

カスタムデータ処理を行う予定がない場合は、UI ベースの Dataflow テンプレートを使用することもできます。

始める前に

  1. Google Cloud アカウントにログインします。Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。
  2. Google Cloud CLI をインストールします。
  3. gcloud CLI を初期化するには:

    gcloud init
  4. Google Cloud プロジェクトを作成または選択します。

    • Google Cloud プロジェクトを作成する

      gcloud projects create PROJECT_ID
    • 作成した Google Cloud プロジェクトを選択します。

      gcloud config set project PROJECT_ID
  5. Google Cloud プロジェクトで課金が有効になっていることを確認します

  6. Dataflow, Compute Engine, Cloud Logging, Cloud Storage, Google Cloud Storage JSON API, Pub/Sub, Resource Manager, and Cloud Scheduler API を有効にします。

    gcloud services enable dataflow.googleapis.com compute.googleapis.com logging.googleapis.com storage-component.googleapis.com storage-api.googleapis.com pubsub.googleapis.com cloudresourcemanager.googleapis.com cloudscheduler.googleapis.com
  7. 認証を設定します。

    1. サービス アカウントを作成します。

      gcloud iam service-accounts create SERVICE_ACCOUNT_NAME

      SERVICE_ACCOUNT_NAME をサービス アカウントの名前に置き換えます。

    2. サービス アカウントにロールを付与します。次の IAM ロールごとに次のコマンドを 1 回実行します。roles/dataflow.worker, roles/storage.objectAdmin, roles/pubsub.admin

      gcloud projects add-iam-policy-binding PROJECT_ID --member="serviceAccount:SERVICE_ACCOUNT_NAME@PROJECT_ID.iam.gserviceaccount.com" --role=ROLE

      次のように置き換えます。

      • SERVICE_ACCOUNT_NAME: サービス アカウントの名前
      • PROJECT_ID: サービス アカウントを作成したプロジェクト ID
      • ROLE: 付与するロール
    3. サービス アカウントのロールを使用して、そのサービス アカウントを他のリソースに関連付けることができるロールを Google アカウントに付与します。

      gcloud iam service-accounts add-iam-policy-binding SERVICE_ACCOUNT_NAME@PROJECT_ID.iam.gserviceaccount.com --member="user:USER_EMAIL" --role=roles/iam.serviceAccountUser

      次のように置き換えます。

      • SERVICE_ACCOUNT_NAME: サービス アカウントの名前
      • PROJECT_ID: サービス アカウントを作成したプロジェクト ID
      • USER_EMAIL: Google アカウントのメールアドレス
  8. Google Cloud CLI をインストールします。
  9. gcloud CLI を初期化するには:

    gcloud init
  10. Google Cloud プロジェクトを作成または選択します。

    • Google Cloud プロジェクトを作成する

      gcloud projects create PROJECT_ID
    • 作成した Google Cloud プロジェクトを選択します。

      gcloud config set project PROJECT_ID
  11. Google Cloud プロジェクトで課金が有効になっていることを確認します

  12. Dataflow, Compute Engine, Cloud Logging, Cloud Storage, Google Cloud Storage JSON API, Pub/Sub, Resource Manager, and Cloud Scheduler API を有効にします。

    gcloud services enable dataflow.googleapis.com compute.googleapis.com logging.googleapis.com storage-component.googleapis.com storage-api.googleapis.com pubsub.googleapis.com cloudresourcemanager.googleapis.com cloudscheduler.googleapis.com
  13. 認証を設定します。

    1. サービス アカウントを作成します。

      gcloud iam service-accounts create SERVICE_ACCOUNT_NAME

      SERVICE_ACCOUNT_NAME をサービス アカウントの名前に置き換えます。

    2. サービス アカウントにロールを付与します。次の IAM ロールごとに次のコマンドを 1 回実行します。roles/dataflow.worker, roles/storage.objectAdmin, roles/pubsub.admin

      gcloud projects add-iam-policy-binding PROJECT_ID --member="serviceAccount:SERVICE_ACCOUNT_NAME@PROJECT_ID.iam.gserviceaccount.com" --role=ROLE

      次のように置き換えます。

      • SERVICE_ACCOUNT_NAME: サービス アカウントの名前
      • PROJECT_ID: サービス アカウントを作成したプロジェクト ID
      • ROLE: 付与するロール
    3. サービス アカウントのロールを使用して、そのサービス アカウントを他のリソースに関連付けることができるロールを Google アカウントに付与します。

      gcloud iam service-accounts add-iam-policy-binding SERVICE_ACCOUNT_NAME@PROJECT_ID.iam.gserviceaccount.com --member="user:USER_EMAIL" --role=roles/iam.serviceAccountUser

      次のように置き換えます。

      • SERVICE_ACCOUNT_NAME: サービス アカウントの名前
      • PROJECT_ID: サービス アカウントを作成したプロジェクト ID
      • USER_EMAIL: Google アカウントのメールアドレス
  14. Google アカウントのローカル認証情報を作成します。

    gcloud auth application-default login

Pub/Sub プロジェクトを設定する

  1. バケット、プロジェクト、およびリージョンの変数を作成します。 Cloud Storage のバケット名は、グローバルに一意である必要がある。 このクイックスタートでコマンドを実行する場所に近接した Dataflow リージョンを選択します。 REGION 変数の値は有効なリージョン名にする必要があります。リージョンとロケーションの詳細については、Dataflow のロケーションをご覧ください。

    BUCKET_NAME=BUCKET_NAME
    PROJECT_ID=$(gcloud config get-value project)
    TOPIC_ID=TOPIC_ID
    REGION=DATAFLOW_REGION
    SERVICE_ACCOUNT=SERVICE_ACCOUNT_NAME@PROJECT_ID.iam.gserviceaccount.com
    
  2. このプロジェクトが所有する Cloud Storage バケットを作成します。

    gsutil mb gs://$BUCKET_NAME
  3. このプロジェクトで Pub/Sub トピックを作成します。

    gcloud pubsub topics create $TOPIC_ID
  4. このプロジェクトで Cloud Scheduler ジョブを作成します。このジョブは、1 分間隔で Cloud Pub/Sub トピックにメッセージをパブリッシュします。

    App Engine アプリがプロジェクトに存在しない場合は、この手順で作成されます。

    gcloud scheduler jobs create pubsub publisher-job --schedule="* * * * *" \
        --topic=$TOPIC_ID --message-body="Hello!" --location=$REGION

    ジョブを開始します。

    gcloud scheduler jobs run publisher-job --location=$REGION
  5. 次のコマンドを使用して、クイックスタート リポジトリのクローンを作成し、サンプルコード ディレクトリに移動します。

    Java

    git clone https://github.com/GoogleCloudPlatform/java-docs-samples.git
    cd java-docs-samples/pubsub/streaming-analytics

    Python

    git clone https://github.com/GoogleCloudPlatform/python-docs-samples.git
    cd python-docs-samples/pubsub/streaming-analytics
    pip install -r requirements.txt  # Install Apache Beam dependencies

Pub/Sub から Cloud Storage へのメッセージのストリーミング

コードサンプル

このサンプルコードでは、Dataflow を使用して次のことを行います。

  • Pub/Sub メッセージを読み取ります。
  • パブリッシュ タイムスタンプにより、固定サイズの間隔でメッセージをウィンドウ処理(グループ化)します。
  • 各ウィンドウのメッセージを Cloud Storage のファイルに書き込みます。

Java


import java.io.IOException;
import org.apache.beam.examples.common.WriteOneFilePerWindow;
import org.apache.beam.sdk.Pipeline;
import org.apache.beam.sdk.io.gcp.pubsub.PubsubIO;
import org.apache.beam.sdk.options.Default;
import org.apache.beam.sdk.options.Description;
import org.apache.beam.sdk.options.PipelineOptionsFactory;
import org.apache.beam.sdk.options.StreamingOptions;
import org.apache.beam.sdk.options.Validation.Required;
import org.apache.beam.sdk.transforms.windowing.FixedWindows;
import org.apache.beam.sdk.transforms.windowing.Window;
import org.joda.time.Duration;

public class PubSubToGcs {
  /*
   * Define your own configuration options. Add your own arguments to be processed
   * by the command-line parser, and specify default values for them.
   */
  public interface PubSubToGcsOptions extends StreamingOptions {
    @Description("The Cloud Pub/Sub topic to read from.")
    @Required
    String getInputTopic();

    void setInputTopic(String value);

    @Description("Output file's window size in number of minutes.")
    @Default.Integer(1)
    Integer getWindowSize();

    void setWindowSize(Integer value);

    @Description("Path of the output file including its filename prefix.")
    @Required
    String getOutput();

    void setOutput(String value);
  }

  public static void main(String[] args) throws IOException {
    // The maximum number of shards when writing output.
    int numShards = 1;

    PubSubToGcsOptions options =
        PipelineOptionsFactory.fromArgs(args).withValidation().as(PubSubToGcsOptions.class);

    options.setStreaming(true);

    Pipeline pipeline = Pipeline.create(options);

    pipeline
        // 1) Read string messages from a Pub/Sub topic.
        .apply("Read PubSub Messages", PubsubIO.readStrings().fromTopic(options.getInputTopic()))
        // 2) Group the messages into fixed-sized minute intervals.
        .apply(Window.into(FixedWindows.of(Duration.standardMinutes(options.getWindowSize()))))
        // 3) Write one file to GCS for every window of messages.
        .apply("Write Files to GCS", new WriteOneFilePerWindow(options.getOutput(), numShards));

    // Execute the pipeline and wait until it finishes running.
    pipeline.run().waitUntilFinish();
  }
}

Python

import argparse
from datetime import datetime
import logging
import random

from apache_beam import (
    DoFn,
    GroupByKey,
    io,
    ParDo,
    Pipeline,
    PTransform,
    WindowInto,
    WithKeys,
)
from apache_beam.options.pipeline_options import PipelineOptions
from apache_beam.transforms.window import FixedWindows

class GroupMessagesByFixedWindows(PTransform):
    """A composite transform that groups Pub/Sub messages based on publish time
    and outputs a list of tuples, each containing a message and its publish time.
    """

    def __init__(self, window_size, num_shards=5):
        # Set window size to 60 seconds.
        self.window_size = int(window_size * 60)
        self.num_shards = num_shards

    def expand(self, pcoll):
        return (
            pcoll
            # Bind window info to each element using element timestamp (or publish time).
            | "Window into fixed intervals"
            >> WindowInto(FixedWindows(self.window_size))
            | "Add timestamp to windowed elements" >> ParDo(AddTimestamp())
            # Assign a random key to each windowed element based on the number of shards.
            | "Add key" >> WithKeys(lambda _: random.randint(0, self.num_shards - 1))
            # Group windowed elements by key. All the elements in the same window must fit
            # memory for this. If not, you need to use `beam.util.BatchElements`.
            | "Group by key" >> GroupByKey()
        )

class AddTimestamp(DoFn):
    def process(self, element, publish_time=DoFn.TimestampParam):
        """Processes each windowed element by extracting the message body and its
        publish time into a tuple.
        """
        yield (
            element.decode("utf-8"),
            datetime.utcfromtimestamp(float(publish_time)).strftime(
                "%Y-%m-%d %H:%M:%S.%f"
            ),
        )

class WriteToGCS(DoFn):
    def __init__(self, output_path):
        self.output_path = output_path

    def process(self, key_value, window=DoFn.WindowParam):
        """Write messages in a batch to Google Cloud Storage."""

        ts_format = "%H:%M"
        window_start = window.start.to_utc_datetime().strftime(ts_format)
        window_end = window.end.to_utc_datetime().strftime(ts_format)
        shard_id, batch = key_value
        filename = "-".join([self.output_path, window_start, window_end, str(shard_id)])

        with io.gcsio.GcsIO().open(filename=filename, mode="w") as f:
            for message_body, publish_time in batch:
                f.write(f"{message_body},{publish_time}\n".encode())

def run(input_topic, output_path, window_size=1.0, num_shards=5, pipeline_args=None):
    # Set `save_main_session` to True so DoFns can access globally imported modules.
    pipeline_options = PipelineOptions(
        pipeline_args, streaming=True, save_main_session=True
    )

    with Pipeline(options=pipeline_options) as pipeline:
        (
            pipeline
            # Because `timestamp_attribute` is unspecified in `ReadFromPubSub`, Beam
            # binds the publish time returned by the Pub/Sub server for each message
            # to the element's timestamp parameter, accessible via `DoFn.TimestampParam`.
            # https://beam.apache.org/releases/pydoc/current/apache_beam.io.gcp.pubsub.html#apache_beam.io.gcp.pubsub.ReadFromPubSub
            | "Read from Pub/Sub" >> io.ReadFromPubSub(topic=input_topic)
            | "Window into" >> GroupMessagesByFixedWindows(window_size, num_shards)
            | "Write to GCS" >> ParDo(WriteToGCS(output_path))
        )

if __name__ == "__main__":
    logging.getLogger().setLevel(logging.INFO)

    parser = argparse.ArgumentParser()
    parser.add_argument(
        "--input_topic",
        help="The Cloud Pub/Sub topic to read from."
        '"projects/<PROJECT_ID>/topics/<TOPIC_ID>".',
    )
    parser.add_argument(
        "--window_size",
        type=float,
        default=1.0,
        help="Output file's window size in minutes.",
    )
    parser.add_argument(
        "--output_path",
        help="Path of the output GCS file including the prefix.",
    )
    parser.add_argument(
        "--num_shards",
        type=int,
        default=5,
        help="Number of shards to use when writing windowed elements to GCS.",
    )
    known_args, pipeline_args = parser.parse_known_args()

    run(
        known_args.input_topic,
        known_args.output_path,
        known_args.window_size,
        known_args.num_shards,
        pipeline_args,
    )

パイプラインを開始する

パイプラインを開始するには、次のコマンドを実行します。

Java

mvn compile exec:java \
  -Dexec.mainClass=com.examples.pubsub.streaming.PubSubToGcs \
  -Dexec.cleanupDaemonThreads=false \
  -Dexec.args=" \
    --project=$PROJECT_ID \
    --region=$REGION \
    --inputTopic=projects/$PROJECT_ID/topics/$TOPIC_ID \
    --output=gs://$BUCKET_NAME/samples/output \
    --gcpTempLocation=gs://$BUCKET_NAME/temp \
    --runner=DataflowRunner \
    --windowSize=2 \
    --serviceAccount=$SERVICE_ACCOUNT"

Python

python PubSubToGCS.py \
  --project=$PROJECT_ID \
  --region=$REGION \
  --input_topic=projects/$PROJECT_ID/topics/$TOPIC_ID \
  --output_path=gs://$BUCKET_NAME/samples/output \
  --runner=DataflowRunner \
  --window_size=2 \
  --num_shards=2 \
  --temp_location=gs://$BUCKET_NAME/temp \
  --service_account_email=$SERVICE_ACCOUNT

上記のコマンドがローカルで実行され、クラウドで実行される Dataflow ジョブを起動します。コマンドが JOB_MESSAGE_DETAILED: Workers have started successfully を返したら、Ctrl+C を使用してローカル プログラムを終了します。

ジョブとパイプラインの進行状況の確認

ジョブの進行状況は Dataflow コンソールで確認できます。

Dataflow コンソールに移動

ジョブの進行状況の確認

[ジョブの詳細] ビューを開いて、次の情報を確認します。

  • ジョブの構成
  • ジョブのログ
  • ステージ指標

ジョブの進行状況の確認

Cloud Storage に出力ファイルが表示されるまで数分間かかる場合があります。

ジョブの進行状況の確認

または、以下のコマンドラインを使用して、書き出されたファイルを確認します。

gsutil ls gs://${BUCKET_NAME}/samples/

出力は次のようになります。

Java

gs://{$BUCKET_NAME}/samples/output-22:30-22:32-0-of-1
gs://{$BUCKET_NAME}/samples/output-22:32-22:34-0-of-1
gs://{$BUCKET_NAME}/samples/output-22:34-22:36-0-of-1
gs://{$BUCKET_NAME}/samples/output-22:36-22:38-0-of-1

Python

gs://{$BUCKET_NAME}/samples/output-22:30-22:32-0
gs://{$BUCKET_NAME}/samples/output-22:30-22:32-1
gs://{$BUCKET_NAME}/samples/output-22:32-22:34-0
gs://{$BUCKET_NAME}/samples/output-22:32-22:34-1

クリーンアップ

このページで使用したリソースについて、Google Cloud アカウントに課金されないようにするには、Google Cloud プロジェクトとそのリソースをまとめて削除してください。

  1. Cloud Scheduler ジョブを削除します。

    gcloud scheduler jobs delete publisher-job --location=$REGION
    
  2. Dataflow コンソールで、ジョブを停止します。パイプラインをドレインせずにキャンセルします。

  3. トピックを削除します。

    gcloud pubsub topics delete $TOPIC_ID
    
  4. パイプラインによって作成されたファイルを削除します。

    gsutil -m rm -rf "gs://${BUCKET_NAME}/samples/output*"
    gsutil -m rm -rf "gs://${BUCKET_NAME}/temp/*"
    
  5. Cloud Storage バケットを削除します。

    gsutil rb gs://${BUCKET_NAME}
    

  6. サービス アカウントを削除します。
    gcloud iam service-accounts delete SERVICE_ACCOUNT_EMAIL
  7. 作成した認証情報を取り消して、ローカル認証情報ファイルを削除します。

    gcloud auth application-default revoke
  8. (省略可)gcloud CLI から認証情報を取り消します。

    gcloud auth revoke

次のステップ