サブスクリプション ポリシーの取得

サブスクリプションに関連付けられた IAM ポリシーを取得します。

このコードサンプルが含まれるドキュメント ページ

コンテキストで使用されているコードサンプルを表示するには、次のドキュメントをご覧ください。

コードサンプル

C#

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある C# 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


using Google.Cloud.Iam.V1;
using Google.Cloud.PubSub.V1;

public class GetSubscriptionIamPolicySample
{
    public Policy GetSubscriptionIamPolicy(string projectId, string subscriptionId)
    {
        PublisherServiceApiClient publisher = PublisherServiceApiClient.Create();
        SubscriptionName subscriptionName = SubscriptionName.FromProjectSubscription(projectId, subscriptionId);
        Policy policy = publisher.GetIamPolicy(subscriptionName);
        return policy;
    }
}

Go

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Go 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	"cloud.google.com/go/iam"
	"cloud.google.com/go/pubsub"
)

func policy(w io.Writer, projectID, subID string) (*iam.Policy, error) {
	// projectID := "my-project-id"
	// subID := "my-sub"
	ctx := context.Background()
	client, err := pubsub.NewClient(ctx, projectID)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("pubsub.NewClient: %v", err)
	}

	policy, err := client.Subscription(subID).IAM().Policy(ctx)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("Subscription: %v", err)
	}
	for _, role := range policy.Roles() {
		fmt.Fprintf(w, "%q: %q\n", role, policy.Members(role))
	}
	return policy, nil
}

Java

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Java 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


import com.google.cloud.pubsub.v1.SubscriptionAdminClient;
import com.google.iam.v1.GetIamPolicyRequest;
import com.google.iam.v1.Policy;
import com.google.pubsub.v1.ProjectSubscriptionName;
import java.io.IOException;

public class GetSubscriptionPolicyExample {
  public static void main(String... args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "your-project-id";
    String subscriptionId = "your-subscription-id";

    getSubscriptionPolicyExample(projectId, subscriptionId);
  }

  public static void getSubscriptionPolicyExample(String projectId, String subscriptionId)
      throws IOException {
    try (SubscriptionAdminClient subscriptionAdminClient = SubscriptionAdminClient.create()) {
      ProjectSubscriptionName subscriptionName =
          ProjectSubscriptionName.of(projectId, subscriptionId);
      GetIamPolicyRequest getIamPolicyRequest =
          GetIamPolicyRequest.newBuilder().setResource(subscriptionName.toString()).build();
      Policy policy = subscriptionAdminClient.getIamPolicy(getIamPolicyRequest);
      System.out.println("Subscription policy: " + policy);
    }
  }
}

Node.js

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Node.js 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment this variable before running the sample.
 */
// const subscriptionName = 'YOUR_SUBSCRIPTION_NAME';

// Imports the Google Cloud client library
const {PubSub} = require('@google-cloud/pubsub');

// Creates a client; cache this for further use
const pubSubClient = new PubSub();

async function getSubscriptionPolicy() {
  // Retrieves the IAM policy for the subscription
  const [policy] = await pubSubClient
    .subscription(subscriptionName)
    .iam.getPolicy();

  console.log(`Policy for subscription: ${JSON.stringify(policy.bindings)}.`);
}

getSubscriptionPolicy().catch(console.error);

PHP

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある PHP 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

use Google\Cloud\PubSub\PubSubClient;

/**
 * Prints the policy for a PubSub subscription.
 *
 * @param string $projectId  The Google project ID.
 * @param string $subscriptionName  The Pub/Sub subscription name.
 */
function get_subscription_policy($projectId, $subscriptionName)
{
    $pubsub = new PubSubClient([
        'projectId' => $projectId,
    ]);
    $subscription = $pubsub->subscription($subscriptionName);
    $policy = $subscription->iam()->policy();
    print_r($policy);
}

Python

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Python 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

from google.cloud import pubsub_v1

# TODO(developer): Choose an existing subscription.
# project_id = "your-project-id"
# subscription_id = "your-subscription-id"

client = pubsub_v1.SubscriberClient()
subscription_path = client.subscription_path(project_id, subscription_id)

policy = client.get_iam_policy(request={"resource": subscription_path})

print("Policy for subscription {}:".format(subscription_path))
for binding in policy.bindings:
    print("Role: {}, Members: {}".format(binding.role, binding.members))

client.close()

Ruby

このサンプルを試す前に、Pub/Sub クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Ruby 向けの手順に従って設定を行ってください。詳細については、Pub/Sub Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# subscription_name = "Your Pubsub subscription name"
require "google/cloud/pubsub"

pubsub = Google::Cloud::Pubsub.new

subscription = pubsub.subscription subscription_name
policy       = subscription.policy

puts "Subscription policy:"
puts policy.roles