アクセス制御

このドキュメントでは、Pub/Sub で使用可能なアクセス制御オプションについて説明します。

概要

Pub/Sub は、Identity and Access Management(IAM)を使用してアクセス制御を行います。

Pub/Sub では、アクセス制御をプロジェクト レベルと個々のリソースレベルで構成できます。次に例を示します。

  • Cloud プロジェクト全体ではなく、トピックごと、またはサブスクリプションごとにアクセス権を付与します。
  • 機能が限定されたアクセス権を付与します。たとえば、トピックにメッセージをパブリッシュするのみのアクセス権、サブスクリプションからのメッセージを使用するのみで、トピックやサブスクリプションを削除できないアクセス権などです。
  • プロジェクト内のすべての Pub/Sub リソースに対するアクセス権限を、デベロッパーのグループに付与します。

IAM とその機能の詳細については、IAM のドキュメントをご覧ください。特に、リソースへのアクセス権の付与、変更、取り消しをご覧ください。

すべての Pub/Sub メソッドで、呼び出し元に一定の権限が必要になります。Pub/Sub IAM でサポートされる権限とロールのリストについては、次のロールセクションをご覧ください。

権限とロール

このセクションでは、Pub/Sub IAM でサポートされる権限とロールを簡単に説明します。

必要な権限

呼び出し元が各メソッドを呼び出す際に必要となる権限のリストを次の表に示します。

メソッド 必要な権限
projects.snapshots.create 含まれている Cloud プロジェクトに対する pubsub.snapshots.create 権限と、ソース サブスクリプションに対する pubsub.subscriptions.consume 権限。
projects.snapshots.delete リクエストされたスナップショットに対する pubsub.snapshots.delete
projects.snapshots.getIamPolicy リクエストされたスナップショットに対する pubsub.snapshots.getIamPolicy
projects.snapshots.list リクエストされた Cloud プロジェクトに対する pubsub.snapshots.list
projects.snapshots.patch リクエストされたスナップショットに対する pubsub.snapshots.update
projects.snapshots.setIamPolicy リクエストされたスナップショットに対する pubsub.snapshots.setIamPolicy
projects.snapshots.testIamPermissions なし。
projects.subscriptions.acknowledge リクエストされたサブスクリプションに対する pubsub.subscriptions.consume
projects.subscriptions.create 含まれている Cloud プロジェクトに対する pubsub.subscriptions.create と、リクエストされたトピックに対する pubsub.topics.attachSubscription。プロジェクト A 内で、プロジェクト B のトピック T に対するサブスクリプションを作成するには、プロジェクト A とトピック T の両方に対する適切な権限が付与されている必要があります。この場合、ユーザー ID 情報はプロジェクト B の監査ログに記録できます。
projects.subscriptions.delete リクエストされたサブスクリプションに対する pubsub.subscriptions.delete
projects.subscriptions.get リクエストされたサブスクリプションに対する pubsub.subscriptions.get
projects.subscriptions.getIamPolicy リクエストされたサブスクリプションに対する pubsub.subscriptions.getIamPolicy
projects.subscriptions.list リクエストされた Cloud プロジェクトに対する pubsub.subscriptions.list
projects.subscriptions.modifyAckDeadline リクエストされたサブスクリプションに対する pubsub.subscriptions.consume
projects.subscriptions.modifyPushConfig リクエストされたサブスクリプションに対する pubsub.subscriptions.update
projects.subscriptions.patch リクエストされたサブスクリプションに対する pubsub.subscriptions.update
projects.subscriptions.pull リクエストされたサブスクリプションに対する pubsub.subscriptions.consume
projects.subscriptions.seek リクエストされたサブスクリプションに対する pubsub.subscriptions.consume と、リクエストされたスナップショット(存在する場合)に対する pubsub.snapshots.seek
projects.subscriptions.setIamPolicy リクエストされたサブスクリプションに対する pubsub.subscriptions.setIamPolicy
projects.subscriptions.testIamPermissions なし。
projects.topics.create 含まれている Cloud プロジェクトに対する pubsub.topics.create
projects.topics.delete リクエストされたトピックに対する pubsub.topics.delete
projects.topics.detachSubscription リクエストされたトピックに対する pubsub.topics.detachSubscription
projects.topics.get リクエストされたトピックに対する pubsub.topics.get
projects.topics.getIamPolicy リクエストされたトピックに対する pubsub.topics.getIamPolicy
projects.topics.list リクエストされた Cloud プロジェクトに対する pubsub.topics.list
projects.topics.patch リクエストされたトピックに対する pubsub.topics.update
projects.topics.publish リクエストされたトピックに対する pubsub.topics.publish
projects.topics.setIamPolicy リクエストされたトピックに対する pubsub.topics.setIamPolicy
projects.topics.subscriptions.list リクエストされたトピックに対する pubsub.topics.get
projects.topics.testIamPermissions なし。

ロール

次の表に、Pub/Sub IAM のロールと、各ロールに含まれるすべての権限の対応するリストを示します。各権限は、それぞれ特定のリソースタイプに適用されます。

多くの一般的なユースケースには、これらの事前構成された役割で対応できます。ただし、権限のカスタムセットが含まれた役割が必要になる場合もあります。たとえば、ユーザーがプロジェクト内でのサブスクリプションの作成は行えるものの、プロジェクト内の既存のトピックやサブスクリプションの削除や更新は行えないようにするロールが必要になるといった場合です。この場合は、要件を満たすIAM カスタムロールを作成できます。

ロール 含まれている権限 リソースタイプ
roles/pubsub.publisher pubsub.topics.publish トピック
roles/pubsub.subscriber
pubsub.snapshots.seek スナップショット
pubsub.subscriptions.consume サブスクリプション
pubsub.topics.attachSubscription トピック
roles/pubsub.viewer または
roles/viewer
pubsub.snapshots.get スナップショット
pubsub.snapshots.list プロジェクト
pubsub.subscriptions.get サブスクリプション
pubsub.subscriptions.list プロジェクト
pubsub.topics.get トピック
pubsub.topics.list プロジェクト
resourcemanager.projects.get プロジェクト
servicemanagement.projectSettings.get プロジェクト
serviceusage.quotas.get プロジェクト
serviceusage.services.get プロジェクト
serviceusage.services.list プロジェクト
roles/pubsub.editor または
roles/editor
上記のすべてと次のもの
pubsub.snapshots.create プロジェクト
pubsub.snapshots.delete スナップショット
pubsub.snapshots.update スナップショット
pubsub.subscriptions.create プロジェクト
pubsub.subscriptions.delete サブスクリプション
pubsub.subscriptions.update サブスクリプション
pubsub.topics.create プロジェクト
pubsub.topics.delete トピック
pubsub.topics.detachSubscription トピック
pubsub.topics.update トピック
pubsub.topics.updateTag トピック
roles/pubsub.admin または
roles/owner
上記のすべてと次のもの
pubsub.snapshots.getIamPolicy スナップショット
pubsub.snapshots.setIamPolicy スナップショット
pubsub.subscriptions.getIamPolicy サブスクリプション
pubsub.subscriptions.setIamPolicy サブスクリプション
pubsub.topics.getIamPolicy トピック
pubsub.topics.setIamPolicy トピック

役割 roles/owner、roles/editor、roles/viewer には、他の Google Cloud サービスに対する権限も含まれます。

Google Cloud Console によるアクセス制御

GCP Console を使用すると、トピックやプロジェクトのアクセス制御を管理できます。

プロジェクト レベルでアクセス制御を設定するには:

  1. Cloud Console で IAM ページを開きます。
  2. プロジェクトを選択し、[続行] をクリックします。
  3. [メンバーを追加] をクリックします。
  4. まだ IAM のロールを付与していない新しいメンバーのメールアドレスを入力します。
  5. プルダウン メニューからロールを選択します。
  6. [追加] をクリックします。
  7. 権限を付与した役割の下に、そのメンバーがリストされていることを確認します。

トピックおよびサブスクリプションに対するアクセス制御を設定するには:

  1. Console の Pub/Sub トピックページに移動します。
  2. Pub/Sub が有効なプロジェクトを選択します。
  3. トピックまたはサブスクリプションを選択します。

    同時に複数のトピックに対して権限を設定できます。トピックのサブスクリプションに対して権限を設定するには、トピックを展開表示し、サブスクリプションをクリックして、そのページを開きます。

  4. [権限] をクリックします。表示されるペインで、次の操作を行います。

    1. メンバー名(複数可能)を入力します。
    2. プルダウン メニューから役割を選択します。
    3. [追加] をクリックします。

IAM API によるアクセス制御

Pub/Sub IAM API を使用して、プロジェクト内の個々のトピックとサブスクリプションに対し、ポリシーを設定および取得して、所定のリソースに対するユーザーの権限をテストできます。IAM API メソッドは、通常の Pub/Sub メソッドと同様に、クライアント ライブラリまたは API Explorer を介して呼び出すことや、HTTP を介して直接呼び出すことができます。

Pub/Sub IAM API を使用して、Google Cloud プロジェクト レベルでポリシーを管理することはできません。

次のセクションでは、ポリシーの設定および取得方法、所定のリソースに対して呼び出し元がどの権限を持っているかをテストする方法について説明します。

ポリシーの取得

getIamPolicy()メソッドを使用すると、既存のポリシーを取得できます。このメソッドでは、リソースに関連付けられたポリシーを含む JSON オブジェクトが返されます。

サブスクリプションのポリシーを取得するするためのサンプルコードを以下に示します。

C#

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の C# の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


using Google.Cloud.Iam.V1;
using Google.Cloud.PubSub.V1;

public class GetSubscriptionIamPolicySample
{
    public Policy GetSubscriptionIamPolicy(string projectId, string subscriptionId)
    {
        PublisherServiceApiClient publisher = PublisherServiceApiClient.Create();
        SubscriptionName subscriptionName = SubscriptionName.FromProjectSubscription(projectId, subscriptionId);
        Policy policy = publisher.GetIamPolicy(subscriptionName);
        return policy;
    }
}

gcloud

サブスクリプション ポリシーを取得します。

gcloud pubsub subscriptions get-iam-policy \
   projects/${PROJECT}/subscriptions/${SUBSCRIPTION} \
   --format json

出力:

   {
     "etag": "BwUjMhCsNvY=",
     "bindings": [
       {
         "role": "roles/pubsub.admin",
         "members": [
           "user:user-1@gmail.com"
         ]
       },
       {
         "role": "roles/pubsub.editor",
         "members": [
           "serviceAccount:service-account-2@appspot.gserviceaccount.com",
           "user:user-3@gmail.com"
       }
     ]
   }

Go

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Go の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	"cloud.google.com/go/iam"
	"cloud.google.com/go/pubsub"
)

func policy(w io.Writer, projectID, subID string) (*iam.Policy, error) {
	// projectID := "my-project-id"
	// subID := "my-sub"
	ctx := context.Background()
	client, err := pubsub.NewClient(ctx, projectID)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("pubsub.NewClient: %v", err)
	}

	policy, err := client.Subscription(subID).IAM().Policy(ctx)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("Subscription: %v", err)
	}
	for _, role := range policy.Roles() {
		fmt.Fprintf(w, "%q: %q\n", role, policy.Members(role))
	}
	return policy, nil
}

Java

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Java の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


import com.google.cloud.pubsub.v1.SubscriptionAdminClient;
import com.google.iam.v1.GetIamPolicyRequest;
import com.google.iam.v1.Policy;
import com.google.pubsub.v1.ProjectSubscriptionName;
import java.io.IOException;

public class GetSubscriptionPolicyExample {
  public static void main(String... args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "your-project-id";
    String subscriptionId = "your-subscription-id";

    getSubscriptionPolicyExample(projectId, subscriptionId);
  }

  public static void getSubscriptionPolicyExample(String projectId, String subscriptionId)
      throws IOException {
    try (SubscriptionAdminClient subscriptionAdminClient = SubscriptionAdminClient.create()) {
      ProjectSubscriptionName subscriptionName =
          ProjectSubscriptionName.of(projectId, subscriptionId);
      GetIamPolicyRequest getIamPolicyRequest =
          GetIamPolicyRequest.newBuilder().setResource(subscriptionName.toString()).build();
      Policy policy = subscriptionAdminClient.getIamPolicy(getIamPolicyRequest);
      System.out.println("Subscription policy: " + policy);
    }
  }
}

Node.js

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Node.js の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment this variable before running the sample.
 */
// const subscriptionName = 'YOUR_SUBSCRIPTION_NAME';

// Imports the Google Cloud client library
const {PubSub} = require('@google-cloud/pubsub');

// Creates a client; cache this for further use
const pubSubClient = new PubSub();

async function getSubscriptionPolicy() {
  // Retrieves the IAM policy for the subscription
  const [policy] = await pubSubClient
    .subscription(subscriptionName)
    .iam.getPolicy();

  console.log(`Policy for subscription: ${JSON.stringify(policy.bindings)}.`);
}

getSubscriptionPolicy().catch(console.error);

PHP

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の PHP の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

use Google\Cloud\PubSub\PubSubClient;

/**
 * Prints the policy for a PubSub subscription.
 *
 * @param string $projectId  The Google project ID.
 * @param string $subscriptionName  The Pub/Sub subscription name.
 */
function get_subscription_policy($projectId, $subscriptionName)
{
    $pubsub = new PubSubClient([
        'projectId' => $projectId,
    ]);
    $subscription = $pubsub->subscription($subscriptionName);
    $policy = $subscription->iam()->policy();
    print_r($policy);
}

Python

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Python の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

from google.cloud import pubsub_v1

# TODO(developer): Choose an existing subscription.
# project_id = "your-project-id"
# subscription_id = "your-subscription-id"

client = pubsub_v1.SubscriberClient()
subscription_path = client.subscription_path(project_id, subscription_id)

policy = client.get_iam_policy(request={"resource": subscription_path})

print("Policy for subscription {}:".format(subscription_path))
for binding in policy.bindings:
    print("Role: {}, Members: {}".format(binding.role, binding.members))

client.close()

Ruby

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Ruby の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# subscription_name = "Your Pubsub subscription name"
require "google/cloud/pubsub"

pubsub = Google::Cloud::Pubsub.new

subscription = pubsub.subscription subscription_name
policy       = subscription.policy

puts "Subscription policy:"
puts policy.roles

トピックのポリシーを取得するためのサンプルコードを以下に示します。

C#

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の C# の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


using Google.Cloud.Iam.V1;
using Google.Cloud.PubSub.V1;

public class GetTopicIamPolicySample
{
    public Policy GetTopicIamPolicy(string projectId, string topicId)
    {
        PublisherServiceApiClient publisher = PublisherServiceApiClient.Create();
        TopicName topicName = TopicName.FromProjectTopic(projectId, topicId);
        Policy policy = publisher.GetIamPolicy(topicName);
        return policy;
    }
}

gcloud

トピックのポリシーを取得するには、次のコマンドを実行します。

gcloud pubsub topics get-iam-policy \
    projects/${PROJECT}/topics/${TOPIC} \
    --format json

出力:

{
  "etag": "BwUjMhCsNvY=",
  "bindings": [
    {
      "role":" roles/pubsub.viewer",
      "members": [
        "user:user-1@gmail.com"
      ]
    }
  ]
}

Go

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Go の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	"cloud.google.com/go/iam"
	"cloud.google.com/go/pubsub"
)

func policy(w io.Writer, projectID, topicID string) (*iam.Policy, error) {
	// projectID := "my-project-id"
	// topicID := "my-topic"
	ctx := context.Background()
	client, err := pubsub.NewClient(ctx, projectID)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("pubsub.NewClient: %v", err)
	}

	policy, err := client.Topic(topicID).IAM().Policy(ctx)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("Policy: %v", err)
	}
	for _, role := range policy.Roles() {
		fmt.Fprint(w, policy.Members(role))
	}
	return policy, nil
}

Java

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Java の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


import com.google.cloud.pubsub.v1.TopicAdminClient;
import com.google.iam.v1.GetIamPolicyRequest;
import com.google.iam.v1.Policy;
import com.google.pubsub.v1.TopicName;
import java.io.IOException;

public class GetTopicPolicyExample {
  public static void main(String... args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "your-project-id";
    String topicId = "your-topic-id";

    getTopicPolicyExample(projectId, topicId);
  }

  public static void getTopicPolicyExample(String projectId, String topicId) throws IOException {
    try (TopicAdminClient topicAdminClient = TopicAdminClient.create()) {
      TopicName topicName = TopicName.of(projectId, topicId);
      GetIamPolicyRequest getIamPolicyRequest =
          GetIamPolicyRequest.newBuilder().setResource(topicName.toString()).build();
      Policy policy = topicAdminClient.getIamPolicy(getIamPolicyRequest);
      System.out.println("Topic policy: " + policy);
    }
  }
}

Node.js

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Node.js の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment this variable before running the sample.
 */
// const topicName = 'YOUR_TOPIC_NAME';

// Imports the Google Cloud client library
const {PubSub} = require('@google-cloud/pubsub');

// Creates a client; cache this for further use
const pubSubClient = new PubSub();

async function getTopicPolicy() {
  // Retrieves the IAM policy for the topic
  const [policy] = await pubSubClient.topic(topicName).iam.getPolicy();
  console.log('Policy for topic: %j.', policy.bindings);
}

getTopicPolicy().catch(console.error);

PHP

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の PHP の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

use Google\Cloud\PubSub\PubSubClient;

/**
 * Prints the policy for a Pub/Sub topic.
 *
 * @param string $projectId  The Google project ID.
 * @param string $topicName  The Pub/Sub topic name.
 */
function get_topic_policy($projectId, $topicName)
{
    $pubsub = new PubSubClient([
        'projectId' => $projectId,
    ]);
    $topic = $pubsub->topic($topicName);
    $policy = $topic->iam()->policy();
    print_r($policy);
}

Python

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Python の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

from google.cloud import pubsub_v1

# TODO(developer): Choose an existing topic.
# project_id = "your-project-id"
# topic_id = "your-topic-id"

client = pubsub_v1.PublisherClient()
topic_path = client.topic_path(project_id, topic_id)

policy = client.get_iam_policy(request={"resource": topic_path})

print("Policy for topic {}:".format(topic_path))
for binding in policy.bindings:
    print("Role: {}, Members: {}".format(binding.role, binding.members))

Ruby

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Ruby の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# topic_name = "Your Pubsub topic name"
require "google/cloud/pubsub"

pubsub = Google::Cloud::Pubsub.new

topic  = pubsub.topic topic_name
policy = topic.policy

puts "Topic policy:"
puts policy.roles

ポリシーの設定

setIamPolicy() メソッドを使用すると、ポリシーをリソースに接続できます。setIamPolicy() メソッドは SetIamPolicyRequest を受け取ります。ここには、設定されるポリシーと、ポリシーが接続されるリソースが含まれています。これにより、結果のポリシーが返されます。

サブスクリプションにポリシーを設定するためのサンプルコードを以下に示します。

C#

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の C# の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


using Google.Cloud.Iam.V1;
using Google.Cloud.PubSub.V1;

public class SetSubscriptionIamPolicySample
{
    public Policy SetSubscriptionIamPolicy(string projectId, string subscriptionId, string role, string member)
    {
        PublisherServiceApiClient publisher = PublisherServiceApiClient.Create();
        string roleToBeAddedToPolicy = $"roles/{role}";

        Policy policy = new Policy
        {
            Bindings = {
                new Binding
                {
                    Role = roleToBeAddedToPolicy,
                    Members = { member }
                }
            }
        };
        SetIamPolicyRequest request = new SetIamPolicyRequest
        {
            ResourceAsResourceName = SubscriptionName.FromProjectSubscription(projectId, subscriptionId),
            Policy = policy
        };
        Policy response = publisher.SetIamPolicy(request);
        return response;
    }
}

gcloud

1. サブスクリプションのポリシーを保存します。

gcloud pubsub subscriptions get-iam-policy \
   projects/${PROJECT}/subscriptions/${SUBSCRIPTION} \
   --format json > subscription_policy.json

2. subscription_policy.json を開き、適切なメンバーに適切なロールを与えてバインディングを更新します。subscription_policy.json ファイルの操作の詳細については、IAM ドキュメントのポリシーをご覧ください。

   {
     "etag": "BwUjMhCsNvY=",
     "bindings": [
       {
         "role": "roles/pubsub.admin",
         "members": [
           "user:user-1@gmail.com"
         ]
       },
       {
         "role": "roles/pubsub.editor",
         "members": [
           "serviceAccount:service-account-2@appspot.gserviceaccount.com"
       }
     ]
   }

3. 新しいサブスクリプション ポリシーを適用します。

gcloud pubsub subscriptions set-iam-policy \
  projects/${PROJECT}/subscriptions/${SUBSCRIPTION} \
  subscription_policy.json

Go

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Go の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"

	"cloud.google.com/go/iam"
	"cloud.google.com/go/pubsub"
)

// addUsers adds all IAM users to a subscription.
func addUsers(projectID, subID string) error {
	// projectID := "my-project-id"
	// subID := "my-sub"
	ctx := context.Background()
	client, err := pubsub.NewClient(ctx, projectID)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("pubsub.NewClient: %v", err)
	}

	sub := client.Subscription(subID)
	policy, err := sub.IAM().Policy(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("Policy: %v", err)
	}
	// Other valid prefixes are "serviceAccount:", "user:"
	// See the documentation for more values.
	policy.Add(iam.AllUsers, iam.Viewer)
	policy.Add("group:cloud-logs@google.com", iam.Editor)
	if err := sub.IAM().SetPolicy(ctx, policy); err != nil {
		return fmt.Errorf("SetPolicy: %v", err)
	}
	// NOTE: It may be necessary to retry this operation if IAM policies are
	// being modified concurrently. SetPolicy will return an error if the policy
	// was modified since it was retrieved.
	return nil
}

Java

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Java の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


import com.google.cloud.pubsub.v1.SubscriptionAdminClient;
import com.google.iam.v1.Binding;
import com.google.iam.v1.GetIamPolicyRequest;
import com.google.iam.v1.Policy;
import com.google.iam.v1.SetIamPolicyRequest;
import com.google.pubsub.v1.ProjectSubscriptionName;
import java.io.IOException;

public class SetSubscriptionPolicyExample {
  public static void main(String... args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "your-project-id";
    String subscriptionId = "your-subscription-id";

    setSubscriptionPolicyExample(projectId, subscriptionId);
  }

  public static void setSubscriptionPolicyExample(String projectId, String subscriptionId)
      throws IOException {
    try (SubscriptionAdminClient subscriptionAdminClient = SubscriptionAdminClient.create()) {
      ProjectSubscriptionName subscriptionName =
          ProjectSubscriptionName.of(projectId, subscriptionId);
      GetIamPolicyRequest getIamPolicyRequest =
          GetIamPolicyRequest.newBuilder().setResource(subscriptionName.toString()).build();
      Policy oldPolicy = subscriptionAdminClient.getIamPolicy(getIamPolicyRequest);

      // Create new role -> members binding
      Binding binding =
          Binding.newBuilder().setRole("roles/pubsub.editor").addMembers("allUsers").build();

      // Add new binding to updated policy
      Policy updatedPolicy = Policy.newBuilder(oldPolicy).addBindings(binding).build();

      SetIamPolicyRequest setIamPolicyRequest =
          SetIamPolicyRequest.newBuilder()
              .setResource(subscriptionName.toString())
              .setPolicy(updatedPolicy)
              .build();
      Policy newPolicy = subscriptionAdminClient.setIamPolicy(setIamPolicyRequest);
      System.out.println("New subscription policy: " + newPolicy);
    }
  }
}

Node.js

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Node.js の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment this variable before running the sample.
 */
// const subscriptionName = 'YOUR_SUBSCRIPTION_NAME';

// Imports the Google Cloud client library
const {PubSub} = require('@google-cloud/pubsub');

// Creates a client; cache this for further use
const pubSubClient = new PubSub();

async function setSubscriptionPolicy() {
  // The new IAM policy
  const newPolicy = {
    bindings: [
      {
        // Add a group as editors
        role: 'roles/pubsub.editor',
        members: ['group:cloud-logs@google.com'],
      },
      {
        // Add all users as viewers
        role: 'roles/pubsub.viewer',
        members: ['allUsers'],
      },
    ],
  };

  // Updates the IAM policy for the subscription
  const [updatedPolicy] = await pubSubClient
    .subscription(subscriptionName)
    .iam.setPolicy(newPolicy);

  console.log('Updated policy for subscription: %j', updatedPolicy.bindings);
}

setSubscriptionPolicy().catch(console.error);

PHP

use Google\Cloud\PubSub\PubSubClient;

/**
 * Adds a user to the policy for a Pub/Sub subscription.
 *
 * @param string $projectId  The Google project ID.
 * @param string $subscriptionName  The Pub/Sub subscription name.
 * @param string $userEmail  The user email to add to the policy.
 */
function set_subscription_policy($projectId, $subscriptionName, $userEmail)
{
    $pubsub = new PubSubClient([
        'projectId' => $projectId,
    ]);
    $subscription = $pubsub->subscription($subscriptionName);
    $policy = $subscription->iam()->policy();
    $policy['bindings'][] = [
        'role' => 'roles/pubsub.subscriber',
        'members' => ['user:' . $userEmail]
    ];
    $subscription->iam()->setPolicy($policy);

    printf('User %s added to policy for %s' . PHP_EOL,
        $userEmail,
        $subscriptionName);
}

Python

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Python の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

from google.cloud import pubsub_v1

# TODO(developer): Choose an existing subscription.
# project_id = "your-project-id"
# subscription_id = "your-subscription-id"

client = pubsub_v1.SubscriberClient()
subscription_path = client.subscription_path(project_id, subscription_id)

policy = client.get_iam_policy(request={"resource": subscription_path})

# Add all users as viewers.
policy.bindings.add(role="roles/pubsub.viewer", members=["allUsers"])

# Add a group as an editor.
policy.bindings.add(role="roles/editor", members=["group:cloud-logs@google.com"])

# Set the policy
policy = client.set_iam_policy(
    request={"resource": subscription_path, "policy": policy}
)

print("IAM policy for subscription {} set: {}".format(subscription_id, policy))

client.close()

Ruby

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Ruby の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# subscription_name = "Your Pubsub subscription name"
# role = "roles/pubsub.publisher"
# service_account_email = "serviceAccount:account_name@project_name.iam.gserviceaccount.com"
require "google/cloud/pubsub"

pubsub = Google::Cloud::Pubsub.new

subscription = pubsub.subscription subscription_name
subscription.policy do |policy|
  policy.add role, service_account_email
end

トピックにポリシーを設定するためのサンプルコードを以下に示します。

C#

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の C# の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


using Google.Cloud.Iam.V1;
using Google.Cloud.PubSub.V1;

public class SetTopicIamPolicySample
{
    public Policy SetTopicIamPolicy(string projectId, string topicId, string role, string member)
    {
        PublisherServiceApiClient publisher = PublisherServiceApiClient.Create();
        string roleToBeAddedToPolicy = $"roles/{role}";

        Policy policy = new Policy
        {
            Bindings = {
                new Binding
                {
                    Role = roleToBeAddedToPolicy,
                    Members = { member }
                }
            }
        };
        SetIamPolicyRequest request = new SetIamPolicyRequest
        {
            ResourceAsResourceName = TopicName.FromProjectTopic(projectId, topicId),
            Policy = policy
        };
        Policy response = publisher.SetIamPolicy(request);
        return response;
    }
}

gcloud

1. トピックのポリシーを保存します。

gcloud pubsub topics get-iam-policy \
   projects/${PROJECT}/topics/${TOPIC} \
   --format json > topic_policy.json

2. topic_policy.json を開き、適切なメンバーに適切なロールを与えてバインディングを更新します。subscription_policy.json ファイルの操作の詳細については、IAM ドキュメントのポリシーをご覧ください。

   {
     "etag": "BwUjMhCsNvY=",
     "bindings": [
       {
         "role": "roles/pubsub.editor",
         "members": [
           "user:user-1@gmail.com",
           "user:user-2@gmail.com"
         ]
       }
     ]
   }

3. 新しいトピックのポリシーを適用します。

gcloud pubsub topics set-iam-policy  \
   projects/${PROJECT}topics/${TOPIC}     \
   topic_policy.json

Go

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Go の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"

	"cloud.google.com/go/iam"
	"cloud.google.com/go/pubsub"
)

func addUsers(projectID, topicID string) error {
	// projectID := "my-project-id"
	// topicID := "my-topic"
	ctx := context.Background()
	client, err := pubsub.NewClient(ctx, projectID)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("pubsub.NewClient: %v", err)
	}

	topic := client.Topic(topicID)
	policy, err := topic.IAM().Policy(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("Policy: %v", err)
	}
	// Other valid prefixes are "serviceAccount:", "user:"
	// See the documentation for more values.
	policy.Add(iam.AllUsers, iam.Viewer)
	policy.Add("group:cloud-logs@google.com", iam.Editor)
	if err := topic.IAM().SetPolicy(ctx, policy); err != nil {
		return fmt.Errorf("SetPolicy: %v", err)
	}
	// NOTE: It may be necessary to retry this operation if IAM policies are
	// being modified concurrently. SetPolicy will return an error if the policy
	// was modified since it was retrieved.
	return nil
}

Java

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Java の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


import com.google.cloud.pubsub.v1.TopicAdminClient;
import com.google.iam.v1.Binding;
import com.google.iam.v1.GetIamPolicyRequest;
import com.google.iam.v1.Policy;
import com.google.iam.v1.SetIamPolicyRequest;
import com.google.pubsub.v1.TopicName;
import java.io.IOException;

public class SetTopicPolicyExample {
  public static void main(String... args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "your-project-id";
    String topicId = "your-topic-id";

    setTopicPolicyExample(projectId, topicId);
  }

  public static void setTopicPolicyExample(String projectId, String topicId) throws IOException {
    try (TopicAdminClient topicAdminClient = TopicAdminClient.create()) {
      TopicName topicName = TopicName.of(projectId, topicId);
      GetIamPolicyRequest getIamPolicyRequest =
          GetIamPolicyRequest.newBuilder().setResource(topicName.toString()).build();
      Policy oldPolicy = topicAdminClient.getIamPolicy(getIamPolicyRequest);

      // Create new role -> members binding
      Binding binding =
          Binding.newBuilder().setRole("roles/pubsub.editor").addMembers("allUsers").build();

      // Add new binding to updated policy
      Policy updatedPolicy = Policy.newBuilder(oldPolicy).addBindings(binding).build();

      SetIamPolicyRequest setIamPolicyRequest =
          SetIamPolicyRequest.newBuilder()
              .setResource(topicName.toString())
              .setPolicy(updatedPolicy)
              .build();
      Policy newPolicy = topicAdminClient.setIamPolicy(setIamPolicyRequest);
      System.out.println("New topic policy: " + newPolicy);
    }
  }
}

Node.js

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Node.js の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment this variable before running the sample.
 */
// const topicName = 'YOUR_TOPIC_NAME';

// Imports the Google Cloud client library
const {PubSub} = require('@google-cloud/pubsub');

// Creates a client; cache this for further use
const pubSubClient = new PubSub();

async function setTopicPolicy() {
  // The new IAM policy
  const newPolicy = {
    bindings: [
      {
        // Add a group as editors
        role: 'roles/pubsub.editor',
        members: ['group:cloud-logs@google.com'],
      },
      {
        // Add all users as viewers
        role: 'roles/pubsub.viewer',
        members: ['allUsers'],
      },
    ],
  };

  // Updates the IAM policy for the topic
  const [updatedPolicy] = await pubSubClient
    .topic(topicName)
    .iam.setPolicy(newPolicy);
  console.log('Updated policy for topic: %j', updatedPolicy.bindings);
}

setTopicPolicy().catch(console.error);

PHP

use Google\Cloud\PubSub\PubSubClient;

/**
 * Adds a user to the policy for a Pub/Sub topic.
 *
 * @param string $projectId  The Google project ID.
 * @param string $topicName  The Pub/Sub topic name.
 * @param string $userEmail  The user email to add to the policy.
 */
function set_topic_policy($projectId, $topicName, $userEmail)
{
    $pubsub = new PubSubClient([
        'projectId' => $projectId,
    ]);
    $topic = $pubsub->topic($topicName);
    $policy = $topic->iam()->policy();
    $policy['bindings'][] = [
        'role' => 'roles/pubsub.publisher',
        'members' => ['user:' . $userEmail]
    ];
    $topic->iam()->setPolicy($policy);

    printf('User %s added to policy for %s' . PHP_EOL,
        $userEmail,
        $topicName);
}

Python

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Python の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

from google.cloud import pubsub_v1

# TODO(developer): Choose an existing topic.
# project_id = "your-project-id"
# topic_id = "your-topic-id"

client = pubsub_v1.PublisherClient()
topic_path = client.topic_path(project_id, topic_id)

policy = client.get_iam_policy(request={"resource": topic_path})

# Add all users as viewers.
policy.bindings.add(role="roles/pubsub.viewer", members=["allUsers"])

# Add a group as a publisher.
policy.bindings.add(
    role="roles/pubsub.publisher", members=["group:cloud-logs@google.com"]
)

# Set the policy
policy = client.set_iam_policy(request={"resource": topic_path, "policy": policy})

print("IAM policy for topic {} set: {}".format(topic_id, policy))

Ruby

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Ruby の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# topic_name = "Your Pubsub topic name"
# role = "roles/pubsub.publisher"
# service_account_email = "serviceAccount:account_name@project_name.iam.gserviceaccount.com"
require "google/cloud/pubsub"

pubsub = Google::Cloud::Pubsub.new

topic = pubsub.topic topic_name
topic.policy do |policy|
  policy.add role, service_account_email
end

権限のテスト

testIamPermissions() メソッドを使用して、特定のリソースに対する呼び出し元の権限を確認できます。これはパラメータとしてリソース名と一連の権限を取得し、呼び出し元の権限のサブセットを返します。

サブスクリプションに対する権限をテストするためのサンプルコードを以下に示します。

C#

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の C# の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


using Google.Cloud.Iam.V1;
using Google.Cloud.PubSub.V1;

public class TestSubscriptionIamPermissionsSample
{
    public TestIamPermissionsResponse TestSubscriptionIamPermissionsResponse(string projectId, string subscriptionId)
    {
        TestIamPermissionsRequest request = new TestIamPermissionsRequest
        {
            ResourceAsResourceName = SubscriptionName.FromProjectSubscription(projectId, subscriptionId),
            Permissions = { "pubsub.subscriptions.get", "pubsub.subscriptions.update" }
        };
        PublisherServiceApiClient publisher = PublisherServiceApiClient.Create();
        TestIamPermissionsResponse response = publisher.TestIamPermissions(request);
        return response;
    }
}

gcloud

gcloud iam list-testable-permissions \
   https://pubsub.googleapis.com/v1/projects/${PROJECT}/subscriptions/${SUBSCRIPTION} \
   --format json

出力:

 [
    {
     "name": "pubsub.subscriptions.consume",
     "stage": "GA"
   },
   {
     "name": "pubsub.subscriptions.delete",
     "stage": "GA"
   },
   {
     "name": "pubsub.subscriptions.get",
     "stage": "GA"
   },
   {
     "name": "pubsub.subscriptions.getIamPolicy",
     "stage": "GA"
    },
   {
     "name": "pubsub.subscriptions.setIamPolicy",
     "stage": "GA"
   },
   {
     "name": "pubsub.subscriptions.update",
     "stage": "GA"
   }
 ]

Go

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Go の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	"cloud.google.com/go/pubsub"
)

func testPermissions(w io.Writer, projectID, subID string) ([]string, error) {
	// projectID := "my-project-id"
	// subID := "my-sub"
	ctx := context.Background()
	client, err := pubsub.NewClient(ctx, projectID)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("pubsub.NewClient: %v", err)
	}

	sub := client.Subscription(subID)
	perms, err := sub.IAM().TestPermissions(ctx, []string{
		"pubsub.subscriptions.consume",
		"pubsub.subscriptions.update",
	})
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("TestPermissions: %v", err)
	}
	for _, perm := range perms {
		fmt.Fprintf(w, "Allowed: %v\n", perm)
	}

Java

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Java の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


import com.google.cloud.pubsub.v1.SubscriptionAdminClient;
import com.google.iam.v1.TestIamPermissionsRequest;
import com.google.iam.v1.TestIamPermissionsResponse;
import com.google.pubsub.v1.ProjectSubscriptionName;
import java.io.IOException;
import java.util.LinkedList;
import java.util.List;

public class TestSubscriptionPermissionsExample {
  public static void main(String... args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "your-project-id";
    String subscriptionId = "your-subscription-id";

    testSubscriptionPermissionsExample(projectId, subscriptionId);
  }

  public static void testSubscriptionPermissionsExample(String projectId, String subscriptionId)
      throws IOException {
    try (SubscriptionAdminClient subscriptionAdminClient = SubscriptionAdminClient.create()) {
      ProjectSubscriptionName subscriptionName =
          ProjectSubscriptionName.of(projectId, subscriptionId);

      List<String> permissions = new LinkedList<>();
      permissions.add("pubsub.subscriptions.consume");
      permissions.add("pubsub.subscriptions.update");

      TestIamPermissionsRequest testIamPermissionsRequest =
          TestIamPermissionsRequest.newBuilder()
              .setResource(subscriptionName.toString())
              .addAllPermissions(permissions)
              .build();

      TestIamPermissionsResponse testedPermissionsResponse =
          subscriptionAdminClient.testIamPermissions(testIamPermissionsRequest);

      System.out.println("Tested:\n" + testedPermissionsResponse);
    }
  }
}

Node.js

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Node.js の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment this variable before running the sample.
 */
// const subscriptionName = 'YOUR_SUBSCRIPTION_NAME';

// Imports the Google Cloud client library
const {PubSub} = require('@google-cloud/pubsub');

// Creates a client; cache this for further use
const pubSubClient = new PubSub();

async function testSubscriptionPermissions() {
  const permissionsToTest = [
    'pubsub.subscriptions.consume',
    'pubsub.subscriptions.update',
  ];

  // Tests the IAM policy for the specified subscription
  const [permissions] = await pubSubClient
    .subscription(subscriptionName)
    .iam.testPermissions(permissionsToTest);

  console.log('Tested permissions for subscription: %j', permissions);
}

testSubscriptionPermissions().catch(console.error);

PHP

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の PHP の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

use Google\Cloud\PubSub\PubSubClient;

/**
 * Prints the permissions of a subscription.
 *
 * @param string $projectId  The Google project ID.
 * @param string $subscriptionName  The Pub/Sub subscription name.
 */
function test_subscription_permissions($projectId, $subscriptionName)
{
    $pubsub = new PubSubClient([
        'projectId' => $projectId,
    ]);
    $subscription = $pubsub->subscription($subscriptionName);
    $permissions = $subscription->iam()->testPermissions([
        'pubsub.subscriptions.consume',
        'pubsub.subscriptions.update'
    ]);
    foreach ($permissions as $permission) {
        printf('Permission: %s' . PHP_EOL, $permission);
    }
}

Python

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Python の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

from google.cloud import pubsub_v1

# TODO(developer): Choose an existing subscription.
# project_id = "your-project-id"
# subscription_id = "your-subscription-id"

client = pubsub_v1.SubscriberClient()
subscription_path = client.subscription_path(project_id, subscription_id)

permissions_to_check = [
    "pubsub.subscriptions.consume",
    "pubsub.subscriptions.update",
]

allowed_permissions = client.test_iam_permissions(
    request={"resource": subscription_path, "permissions": permissions_to_check}
)

print(
    "Allowed permissions for subscription {}: {}".format(
        subscription_path, allowed_permissions
    )
)

client.close()

Ruby

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Ruby の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# subscription_name = "Your Pubsub subscription name"
require "google/cloud/pubsub"

pubsub = Google::Cloud::Pubsub.new

subscription = pubsub.subscription subscription_name
permissions  = subscription.test_permissions "pubsub.subscriptions.consume",
                                             "pubsub.subscriptions.update"

puts "Permission to consume" if permissions.include? "pubsub.subscriptions.consume"
puts "Permission to update" if permissions.include? "pubsub.subscriptions.update"

トピックに対する権限をテストするためのサンプルコードを以下に示します。

C#

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の C# の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


using Google.Cloud.Iam.V1;
using Google.Cloud.PubSub.V1;

public class TestTopicIamPermissionsSample
{
    public TestIamPermissionsResponse TestTopicIamPermissions(string projectId, string topicId)
    {
        TestIamPermissionsRequest request = new TestIamPermissionsRequest
        {
            ResourceAsResourceName = TopicName.FromProjectTopic(projectId, topicId),
            Permissions = { "pubsub.topics.get", "pubsub.topics.update" }
        };
        PublisherServiceApiClient publisher = PublisherServiceApiClient.Create();
        TestIamPermissionsResponse response = publisher.TestIamPermissions(request);
        return response;
    }
}

gcloud

gcloud iam list-testable-permissions \
   https://pubsub.googleapis.com/v1/projects/${PROJECT}/topics/${TOPIC} \
   --format json

出力

 [
   {
     "name": "pubsub.topics.attachSubscription",
     "stage": "GA"
   },
   {
     "name": "pubsub.topics.delete",
     "stage": "GA"
   },
   {
     "name": "pubsub.topics.detachSubscription",
     "stage": "GA"
   },
   {
     "name": "pubsub.topics.get",
     "stage": "GA"
   },
   {
     "name": "pubsub.topics.getIamPolicy",
     "stage": "GA"
   },
   {
     "name": "pubsub.topics.publish",
     "stage": "GA"
   },
   {
     "name": "pubsub.topics.setIamPolicy",
     "stage": "GA"
   },
   {
     "name": "pubsub.topics.update",
     "stage": "GA"
   }
 ]

Go

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Go の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	"cloud.google.com/go/pubsub"
)

func testPermissions(w io.Writer, projectID, topicID string) ([]string, error) {
	// projectID := "my-project-id"
	// topicID := "my-topic"
	ctx := context.Background()
	client, err := pubsub.NewClient(ctx, projectID)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("pubsub.NewClient: %v", err)
	}

	topic := client.Topic(topicID)
	perms, err := topic.IAM().TestPermissions(ctx, []string{
		"pubsub.topics.publish",
		"pubsub.topics.update",
	})
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("TestPermissions: %v", err)
	}
	for _, perm := range perms {
		fmt.Fprintf(w, "Allowed: %v\n", perm)
	}
	return perms, nil
}

Java

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Java の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


import com.google.cloud.pubsub.v1.TopicAdminClient;
import com.google.iam.v1.TestIamPermissionsRequest;
import com.google.iam.v1.TestIamPermissionsResponse;
import com.google.pubsub.v1.ProjectTopicName;
import java.io.IOException;
import java.util.LinkedList;
import java.util.List;

public class TestTopicPermissionsExample {

  public static void main(String... args) throws Exception {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "your-project-id";
    String topicId = "your-topic-id";

    testTopicPermissionsExample(projectId, topicId);
  }

  public static void testTopicPermissionsExample(String projectId, String topicId)
      throws IOException {
    try (TopicAdminClient topicAdminClient = TopicAdminClient.create()) {
      ProjectTopicName topicName = ProjectTopicName.of(projectId, topicId);

      List<String> permissions = new LinkedList<>();
      permissions.add("pubsub.topics.attachSubscription");
      permissions.add("pubsub.topics.publish");
      permissions.add("pubsub.topics.update");

      TestIamPermissionsRequest testIamPermissionsRequest =
          TestIamPermissionsRequest.newBuilder()
              .setResource(topicName.toString())
              .addAllPermissions(permissions)
              .build();

      TestIamPermissionsResponse testedPermissionsResponse =
          topicAdminClient.testIamPermissions(testIamPermissionsRequest);

      System.out.println("Tested:\n" + testedPermissionsResponse);
    }
  }
}

Node.js

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Node.js の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment this variable before running the sample.
 */
// const topicName = 'YOUR_TOPIC_NAME';

// Imports the Google Cloud client library
const {PubSub} = require('@google-cloud/pubsub');

// Creates a client; cache this for further use
const pubSubClient = new PubSub();

async function testTopicPermissions() {
  const permissionsToTest = [
    'pubsub.topics.attachSubscription',
    'pubsub.topics.publish',
    'pubsub.topics.update',
  ];

  // Tests the IAM policy for the specified topic
  const [permissions] = await pubSubClient
    .topic(topicName)
    .iam.testPermissions(permissionsToTest);

  console.log('Tested permissions for topic: %j', permissions);
}

testTopicPermissions().catch(console.error);

PHP

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の PHP の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

use Google\Cloud\PubSub\PubSubClient;

/**
 * Prints the permissions of a topic.
 *
 * @param string $projectId  The Google project ID.
 * @param string $topicName  The Pub/Sub topic name.
 */
function test_topic_permissions($projectId, $topicName)
{
    $pubsub = new PubSubClient([
        'projectId' => $projectId,
    ]);
    $topic = $pubsub->topic($topicName);
    $permissions = $topic->iam()->testPermissions([
        'pubsub.topics.attachSubscription',
        'pubsub.topics.publish',
        'pubsub.topics.update'
    ]);
    foreach ($permissions as $permission) {
        printf('Permission: %s' . PHP_EOL, $permission);
    }
}

Python

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Python の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

from google.cloud import pubsub_v1

# TODO(developer): Choose an existing topic.
# project_id = "your-project-id"
# topic_id = "your-topic-id"

client = pubsub_v1.PublisherClient()
topic_path = client.topic_path(project_id, topic_id)

permissions_to_check = ["pubsub.topics.publish", "pubsub.topics.update"]

allowed_permissions = client.test_iam_permissions(
    request={"resource": topic_path, "permissions": permissions_to_check}
)

print(
    "Allowed permissions for topic {}: {}".format(topic_path, allowed_permissions)
)

Ruby

このサンプルを試す前に、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Ruby の設定手順を実施してください。詳細については、Pub/Sub Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# topic_name = "Your Pubsub topic name"
require "google/cloud/pubsub"

pubsub = Google::Cloud::Pubsub.new

topic       = pubsub.topic topic_name
permissions = topic.test_permissions "pubsub.topics.attachSubscription",
                                     "pubsub.topics.publish", "pubsub.topics.update"

puts "Permission to attach subscription" if permissions.include? "pubsub.topics.attachSubscription"
puts "Permission to publish" if permissions.include? "pubsub.topics.publish"
puts "Permission to update" if permissions.include? "pubsub.topics.update"

サンプル ユースケース: プロジェクト間通信

Pub/Sub IAM は、プロジェクト間の通信でアクセス権を適切に調整するのに便利です。たとえば、Cloud Project A のサービス アカウントで Cloud Project B のトピックにメッセージをパブリッシュする必要があるとします。これは、Cloud Project B でサービス アカウントに編集権限を付与することで行えます。ただし、このアプローチでは大まかすぎることがよくあります。IAM API を使用すれば、アクセスレベルをより詳細に調整できます。

プロジェクト間の通信

たとえば、次のスニペットでは、project-bsetIamPolicy() メソッドと用意されている topic_policy.json ファイを使用して、トピック projects/project-b/topics/topic-b でのパブリッシャーのロールを project-a のサービス アカウント foobar@project-a.iam.gserviceaccount.com に付与します。

gcloud pubsub topics set-iam-policy \
    projects/project-b/topics/topic-b \
    topic_policy.json
出力:
Updated IAM policy for topic topic-b.
bindings:
- members:
  - serviceAccount:foobar@project-a.iam.gserviceaccount.com
  role: roles/pubsub.publisher
etag: BwWGrQYX6R4=

部分的に可用性を維持する動作

承認チェックは IAM サブシステムによって異なります。データ オペレーション(公開、メッセージの使用)のレスポンス レイテンシを低くするため、システムがキャッシュ内の IAM ポリシーにフォールバックする場合があります。変更が有効になるタイミングについては IAM のドキュメントをご覧ください。