クイックスタート: gcloud コマンドライン ツールの使用

Google Pub/Sub は、アプリケーションやサービスの間でイベントデータを交換するためのメッセージング サービスです。データのプロデューサーは Pub/Sub のトピックにメッセージをパブリッシュします。コンシューマは、そのトピックにサブスクリプションを作成します。サブスクライバーはサブスクリプションからメッセージを pull するか、push サブスクリプションの webhook として設定されます。すべてのサブスクライバーは、設定可能な時間の範囲内で各メッセージに確認応答を返信する必要があります。

このページでは、pull サブスクライバーにメッセージをパブリッシュし、使用する方法を説明します。

始める前に

  1. Google アカウントへのログイン

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. Cloud Platform Console プロジェクトを選択または作成します。

    [プロジェクト] ページに移動

  3. プロジェクトの課金を有効にします。

    課金の有効化

  4. Cloud Pub/Sub API を有効にする。

    Enable the API

    API を有効にすると、認証情報を得る必要はありません。

  5. Google Cloud SDK をインストールし、初期化します
  6. gcloud コンポーネントを更新し、インストールします。
    gcloud components update beta &&
    gcloud components install

gcloud コマンドライン ツールを使用する

gcloud コマンドライン ツールを使用して、Cloud Pub/Sub でオペレーションを実行できます。gcloud コマンドライン ツールは、始める前にでインストールした Cloud SDK に含まれています。Cloud Pub/Sub gcloud コマンドの詳細なリストについては、gcloud リファレンスgcloud pubsub セクションをご覧ください。

この完結した例は、トピックの作成、トピックへのサブスクリプション、メッセージのパブリッシュと受信に必要な手順を示すもので、bash で実行します。

gcloud init
gcloud components install beta
gcloud beta pubsub topics create myTopic
gcloud beta pubsub subscriptions create --topic myTopic mySubscription
gcloud beta pubsub topics publish myTopic "hello"
gcloud beta pubsub subscriptions pull --auto-ack mySubscription

この例では、pull サブスクリプションを使用しています。サブスクライバー ガイドで説明しているように、Cloud Pub/Sub は push サブスクリプションもサポートしています。

あらゆる管理作業は API を使用して行うことができ、そのほとんどは gcloud ツールと Cloud Platform Console の UI からも行うことができます。

次のステップ

このページで取り上げた概念の詳細については、パブリッシャー ガイドサブスクライバー ガイドをご覧ください。

Cloud Pub/Sub クライアント ライブラリで選択した言語で Cloud Pub/Sub を使用します。

クライアント ライブラリの API を使用して基本的な Cloud Pub/Sub タスクを実行する方法については、クイックスタート: クライアント ライブラリの使用をご覧ください。

Google Cloud Pub/Sub の詳細については、Google Cloud Pub/Sub とはをご覧ください。

外出先でもリソースをモニタリング

Google Cloud Console アプリを入手して、プロジェクトの管理にお役立てください。

フィードバックを送信...

Cloud Pub/Sub のドキュメント