ラベル付き使用状況の報告

ラベルとは

ラベルとは、Google Cloud Platform リソースの整理に役立つ Key-Value ペアのことです。各リソースにラベルを設定し、そのラベルに基づいてリソースをフィルタリングできます。ラベルに関する情報は課金システムに転送されるため、ラベルを基準に請求料金を分析することもできます。

ラベルの一般的な用途

次に、ラベルの一般な使用例を示します。

  • チームやコストセンターのラベル: 各チームが所有するリソースを区別するため、チームやコストセンターごとにラベルを追加します(team:researchteam:analytics など)。このタイプのラベルは、費用計算または予算作成に使用できます。

  • コンポーネント ラベル: component:rediscomponent:frontendcomponent:ingestcomponent:dashboard など。

  • 環境やステージのラベル: environment:productionenvironment:test など。

  • 状態のラベル: state:activestate:readytodeletestate:archive など。

ラベルの要件

リソースに適用するラベルは、次の要件を満たす必要があります。

  • 1 つのリソースには、最大 64 個のラベルを適用できます。
  • ラベルは、Key-Value ペアでなければなりません。
  • キーは 1 文字以上、63 文字までにする必要があります。空にすることはできません。値は 63 文字以下にします。空にすることもできます。
  • キーと値には、小文字、数字、アンダースコア、ダッシュのみを使用できます。すべての文字は UTF-8 でエンコードする必要があります。国際文字も使用できます。
  • ラベルのキー部分は一意でなければなりません。ただし、複数のリソースで同じキーを使用できます。
  • キーは、小文字または国際文字で始める必要があります。

Cloud Pub/Sub でのラベル管理

Cloud Pub/Sub では、特定の請求先アカウントの料金を整理するときにラベルがよく使用されています。料金は、リクエストされたリソースを含むプロジェクトの請求先アカウントに関連付けられますが、関連付けを追加することもできます。たとえば、あるプロジェクトに属するサブスクリプションが、別のプロジェクトに属するトピックに対して作成されたとします。この場合、ラベルを使用して、そのトピックとサブスクリプションを共通のコストセンターに関連付けます。

Cloud Pub/Sub リソース間でラベルが継承されることはありません。上述の例でトピックとサブスクリプションの料金を関連付けるには、この 2 つに同じラベルを設定します。

ラベルを Cloud Pub/Sub リソースに適用するには、次の機能を使用できます。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...