バージョン 2.2

kf apps

名前

kf apps - ターゲット スペースのアプリを一覧表示します。

概要

kf apps [flags]

  kf apps

フラグ

--allow-missing-template-keys
true に設定すると、テンプレートにフィールドまたはマップキーがないときに、エラーが無視されます。golang と jsonpath の出力形式にのみ適用されます(デフォルトは true)。
-h, --help
apps のヘルプ
-o, --output=string
出力形式。次のいずれかを使用します。go-template|go-template-file|json|jsonpath|jsonpath-as-json|jsonpath-file|name|template|templatefile|yaml
--template=string
-o=go-template、-o=go-template-file の際に使用するテンプレート文字列またはテンプレート ファイルのパス。テンプレートの形式は golang テンプレートです。

継承されるフラグ

次のフラグは親コマンドから継承されます。

--as=string
対象のオペレーションになり代わるユーザー名。
--as-group=strings
このオペレーションになり代わるグループ。複数のグループを指定するには、このフラグを複数回指定します。
--config=string
CLI リクエストに使用する Kf 構成ファイルへのパス。
--kubeconfig=string
CLI リクエストに使用する kubeconfig ファイルへのパス。
--log-http
HTTP リクエストを標準エラーに記録します。
--space=string
コマンドが実行されるスペース。このフラグにより、現在のターゲット スペースがオーバーライドされます。