サポート対象のバージョン

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Memorystore for Redis はオープンソース ソフトウェア Redis を基盤としています。現在、Memorystore は Redis バージョン 6.x、5.0、4.0、3.2 をサポートしています。デフォルトのバージョンは Redis 6.x です。インスタンスのバージョンを新しいバージョンにアップグレードできます(例: 3.2 から 6.x)。Memorystore for Redis プロダクトの更新履歴については、リリースノートをご覧ください。

バージョンのサポート ポリシー

Memorystore for Redis では、このページの現在のバージョンのセクションに記載されている OSS Redis のあらゆるメジャー バージョンに対して 1 つのパッチ バージョンをサポートしています。定期的なメンテナンス期間中に、パッチは最新の状態に保たれます。Memorystore for Redis では、インスタンスに適用する必要のある重要なパッチをモニタリングしています。重大なセキュリティ パッチがある場合は、そのバッチが定期的なメンテナンス期間外にロールアウトされます。詳しくは、メンテナンス ポリシーをご覧ください。

現在のバージョン

次の表に、サポートされている Redis バージョンの現在のパッチレベルと、各バージョンの最終更新日時を記載します。

Redis のメジャー バージョン パッチレベル 最終更新日時
3.0 3.2.13 2018 年 6 月 21 日
4.0 4.0.14 2019 年 6 月 17 日
5.0 5.0.7 2020 年 3 月 24 日
6.x (default) 6.2.0 2021 年 9 月 7 日

Redis バージョン 4.0

次の表に、OSS Redis バージョン 4.0 で導入された主要な機能に対する Memorystore のサポート状況を記載します。

機能 説明 Memorystore for Redis でサポート済み
改善されたキャッシュ エビクション 新しい Least Frequently Used(LFU)エビクション ポリシーをサポートします。詳細については、Redis のドキュメントをご覧ください。 サポート対象。エビクション ポリシーの構成パラメータで公開されています。
アクティブ デフラグメンテーション Redis の実行中にメモリをデフラグする機能を導入します。 サポート対象。エビクション ポリシーの構成パラメータで公開されています。デフォルトではオフに設定されています。
Redis モジュール Redis の機能を拡張して新しいデータ型を実装するためのモジュールを、デベロッパーが作成できるようになりました。 ×

Redis バージョン 5.0

次の表に、OSS Redis バージョン 5.0 で導入された主要な機能に対する Memorystore のサポート状況を記載します。

機能 説明 Memorystore for Redis でサポート済み
Redis ストリーム Redis 5.0 では、新しいストリーム データ構造が導入されています。ストリームは、XADDXDEL などの基本的なリスト機能をサポートしています。ストリームには、複数のクライアントがメッセージ ストリームの異なる部分を使用できるコンシューマ グループの概念も導入されています。 はい。Memorystore for Redis の構成パラメータとして公開されています。
並べ替えたセットコマンド Redis 5.0 では、次の並べ替えられたセットコマンドを導入しています。ZPOPMAXZPOPMINBZPOPMAXBZPOPMIN。これらのコマンドは、並べ替えられたセットに格納されている最大値または最小値の push と pop を行います。
Redis モジュール Redis では、Redis の機能を拡張して新しいデータ型を実装するためのモジュールを、デベロッパーが作成できます。 ×

Redis バージョン 6.x

次の表に、OSS Redis バージョン 6.x で導入された主要な機能に対する Memorystore のサポート状況を記載します。

機能 説明 Memorystore for Redis でサポート済み
スレッド化 I/O Redis 6.x では、複数の vCPU を使用できる場合、一部の I/O オペレーションを並行して実行できます。Memorystore for Redis は、構成された容量階層に最適な I/O スレッド数を自動的に利用します。M3 以降の容量階層では、追加の I/O スレッドが使用され、通常はクエリのスループットのパフォーマンスが向上します。
LCS(Longest Common Subsequence)コマンド Redis 6.x で新規の LCS コマンドを使用すると、文字列間で連続しない共通要素を検索できます。
レプリカの RDB ディスクレス読み込み Redis 6.x では、レプリカでディスクレスの読み込みが可能になります。これにより、レプリカがディスクではなくソケットから RDB を読み込むことができ、パフォーマンスが向上します。詳しくは、Redis 6.0 conf ファイルをご覧ください。
ネイティブ トラフィックの暗号化 Redis 6.0 には、トラフィックの暗号化にネイティブの SSL が追加されています。Memorystore for Redis は OSS Redis バージョン 6.0 のこの機能をサポートしていませんが、独自の転送中の暗号化を提供しています。 ×
アクセス制御リスト(ACL) Redis ACL によって、Redis インスタンスと相互作用するユーザーとアクションを制限できます。 ×