Redis の階層の機能

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページでは、提供されている Redis の階層の違いについて説明します。

Memorystore for Redis では基本階層と標準階層をサポートしています。基本階層は、Redis をキャッシュとして使用し、コールド リスタートやデータの完全なフラッシュを許容できるアプリケーションに適しています。スタンダード ティアのインスタンスは、レプリケーション、リードレプリカ、自動フェイルオーバーを使用した高可用性を提供します。

ベーシック ティアからスタンダード ティア(またはその逆)にアップグレードすることはできません。既存のベーシック ティア インスタンスから新しいスタンダード ティア インスタンスにデータを移動する場合は、インポートとエクスポートを使用してデータを移動します。

ティア アーキテクチャ

次の図は、Memorystore for Redis サービス階層のアーキテクチャを示しています。

基本階層

  • 1 個の Redis ノード
  • エフェメラル キャッシュ

スタンダード ティア

  • レプリケーションで高可用性を提供
  • プライマリ ノードで障害が発生した場合はレプリカにフェイルオーバー

リードレプリカを使用するスタンダード ティア

  • レプリケーションで高可用性を提供
  • リードレプリカで分散型読み取りが可能

機能の比較

仕様 基本階層 スタンダード ティア(リードレプリカが無効) スタンダード ティア(リードレプリカが有効)
Description レプリケーションなしでキャッシュを提供する レプリケーションを使用して冗長性と可用性を提供する レプリケーションでデータをバックアップして冗長性と可用性を提供し、複数のリードレプリカを使用して読み取りスループットを向上させます。
Redis ノードの最大サイズ 300 GB 300 GB 300 GB
最大ネットワーク帯域幅 16 Gbps 16 Gbps 16 Gbps
I/O スレッド 1 1 1
ノードサイズのスケーリング はい
リードレプリカ ノードの数のスケーリング × いいえ
ゾーン間のレプリケーション × はい
自動フェイルオーバー × はい
リードレプリカ × いいえ
転送中の暗号化 はい
メンテナンス時間枠 はい
Cloud Monitoring はい

1 I/O スレッドは、Redis バージョン 6.x を実行する M3 以上のインスタンスでのみ使用できます。詳細については、Redis バージョン 6.x をご覧ください。