メンテナンスの時間枠の検索と設定

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページでは、スケジュールしたメンテナンスの探索、メンテナンスの時間枠の設定、計画したメンテナンスのスケジュール変更などを行う方法について説明します。メンテナンスの更新とメンテナンスの時間枠の概要については、メンテナンス ポリシーをご覧ください。

インスタンスのメンテナンスに優先時間枠を設定する

Console

  1. Google Cloud Console の [Memorystore for Memcached] ページに移動します。
    Memorystore for Memcached

  2. メンテナンスの時間枠を設定するインスタンスのインスタンス ID をクリックします。

  3. [編集] をクリックします。

  4. [メンテナンス] セクションで、メンテナンスの時間枠の曜日、時刻、期間を選択します。時刻はローカル タイムゾーンで設定します。

  5. [保存] をクリックします。

gcloud

次のコマンドを実行して、Memcached インスタンスのメンテナンスの時間枠を設定します。

gcloud memcache instances update INSTANCE_ID --region=REGION --maintenance-window-day=DAY --maintenance-window-start-time=START_TIME --maintenance-window-duration=DURATION

ここで

  • INSTANCE_ID は、インスタンスの ID です。
  • REGION はインスタンスが配置されているリージョンです。
  • DAY は、メンテナンスを実行する曜日です。有効な値は次のとおりです。MONDAYTUESDAYWEDNESDAYTHURSDAYFRIDAYSATURDAYSUNDAY
  • START_TIME は、メンテナンスの時間枠の UTC タイムゾーンでの開始時刻(0~23)です。
  • DURATION は、長さが 3~8 時間の時間枠です。有効な値は 3h8h で、整数のみです。

リファレンス情報については、gcloud memcached instances update をご覧ください。

メンテナンス通知をオプトインする

メンテナンス通知をオンにするには:

  1. Google Cloud Console の [コミュニケーション] ページに移動します。

    通信

  2. [サービスの通知] タブをクリックします。

  3. プルダウン メニューからプロジェクトを選択します。

  4. Memorystore の行で、メールボタンを [オン] に切り替えます。

メンテナンス通知メールのタイトルには "Upcoming maintenance for your Cloud Memorystore instance [your-instance-name]" を使用します。通知を受け取る必要がある人物ごとに個別にオプトインする必要があります。

メンテナンス通知は、インスタンス レベルではなくプロジェクト レベルで設定されます。メール通知は Google アカウントに関連付けられているメールアドレスに送信されます。チームのメール エイリアスなどのカスタムメール エイリアスは構成できません。

定期メンテナンスを確認する

インスタンスにメンテナンスがスケジュールされている場合は、次の手順を使用して表示できます。

Console

  1. Google Cloud Console の [Memorystore for Memcached] ページに移動します。
    Memorystore for Memcached

  2. 定期メンテナンスを表示するインスタンスのインスタンス ID をクリックします。

  3. [メンテナンス] セクションでは、定期メンテナンス更新の日時を表示できます。

gcloud

gcloud memcache instances describe INSTANCE-ID --region=REGION

ここで

  • INSTANCE_ID は、インスタンスの ID です。
  • REGION はインスタンスが配置されているリージョンです。

定期メンテナンスの出力は次のとおりです。

maintenancePolicy:
createTime: 'TIME_STAMP'
updateTime: 'TIME_STAMP'
maintenanceWindow:
- day: DAY
  duration: 180 minutes
  hour: HOUR
maintenanceSchedule:
 endTime: 'TIME_STAMP'
 startTime: 'TIME_STAMP'

ここで

  • maintenancePolicy には、望ましいメンテナンス ポリシーの作成時刻とポリシーが最後に更新された時刻に関する情報が表示されます。
  • createTime は、メンテナンス ポリシーを初めて作成した日時です。
  • updateTime は、メンテナンス ポリシーが最後に更新された日時です。
  • DAY はメンテナンスを実施する曜日を示します。
  • duration は、メンテナンスの時間枠の長さ(分)を示します。
  • HOUR は、メンテナンスが開始する時間(UTC 時間)を示します。
  • startTime は、インスタンスでスケジュールされているメンテナンス更新の具体的な開始時刻を示します。
  • endTime は、インスタンスでスケジュールされているメンテナンス更新の具体的な終了時刻を示します。
  • TIME_STAMP は RFC 3339 形式を使用します。

計画されているメンテナンスのスケジュールを変更する

メンテナンスのスケジュールを変更するには、以下の手順をご覧ください。

Console

  1. Google Cloud Console の [Memorystore for Memcached] ページに移動します。
    Memorystore for Memcached

  2. メンテナンスのスケジュールを変更するインスタンスのインスタンス ID をクリックします。

  3. [メンテナンス] セクションで [スケジュール変更] をクリックします。

    • メンテナンスのスケジュールを変更できるのは、インスタンスの定期更新がある場合のみです。
  4. [Update now]、[Defer to next scheduled window]、[Custom day and time] から選択します。詳細については、メンテナンスのスケジュール変更の概要をご覧ください。

    • インスタンスをすぐに更新する場合は、[Update now] を選択し、[Update] をクリックします。

    • 定期メンテナンスを 1 週間遅らせる場合は、[Defer to the next scheduled window] を選択して [Reschedule] をクリックします。

    • 特定の時刻を指定する場合は、[Custom day and time] を選択して新しい時刻を選択し、[Reschedule] をクリックします。

gcloud

gcloud memcache instances reschedule-maintenance INSTANCE_ID --region=REGION --reschedule-type=RESCHEDULE_TYPE [--schedule-time=RESHEDULE_TIME]

ここで

  • INSTANCE_ID は、インスタンスの ID です。
  • REGION はインスタンスが配置されているリージョンです。
  • RESCHEDULE_TYPE は、再スケジュールされた更新のタイプです。使用可能な値は次のとおりです。

    • IMMEDIATE: メンテナンス更新をすぐに開始します。
    • NEXT_AVAILABLE_WINDOW: 次のメンテナンス時間枠までメンテナンスを延期します。次の時間枠は、メンテナンスが最初にスケジュールされた時間枠から 1 週間です。
    • SPECIFIC_TIME: 更新の特定の時刻を指定できます。再スケジュールされる時刻は、元のメンテナンスの時間枠の時刻から 7 日以内であることが必要です。
  • RESHEDULE_TIME この値は、--reschedule-typeSPECIFIC TIME に設定する場合にのみ指定できます。この値は ISO 1801 形式を使用します。例: 2020-01-16T16:56:00.000Z時間は UTC 時間で設定されます。

リファレンス情報については、gcloud memcache instances reschedule-maintenance をご覧ください。

メンテナンス更新の手動適用

今後のメンテナンスに関する通知を受け取ったら、ノードにメンテナンス更新を手動で適用できます。手動メンテナンスは、インスタンスに対してメンテナンス イベントがスケジュールされた後にのみ行うことができます。メンテナンス通知にオプトインし、予定されているメンテナンスについて通知するメンテナンスの時間枠を設定する必要があります。詳細については、手動メンテナンスをご覧ください。

Memcached クラスタの個々のノードを更新する

クラスタ内の個々のノードを更新するには、VARIABLES を適切な値に置き換えて、次のコマンドを実行します。


gcloud beta memcache instances apply-software-update INSTANCE_NAME --node-ids=NODE_ID_1,NODE_ID_2 --region=REGION

Memcached クラスタのすべてのノードを更新する

クラスタ内のすべてのノードを更新するには、VARIABLES を適切な値に置き換えて、次のコマンドを実行します。


gcloud beta memcache instances apply-software-update INSTANCE_NAME --apply-all --region=REGION

利用可能な更新の確認とノードの更新状況の確認

メンテナンスが利用可能になる時期を知るには、メンテナンス通知への登録が最適ですが、以下のコマンドを使用してメンテナンスが利用可能かを手動で確認することもできます。次のコマンドでは、インスタンスでどのノードが更新されたかも表示されます。

gcloud beta memcache instances describe INSTANCE_NAME --region=REGION --format="table(updateAvailable.yesno(yes="YES",no="NO"),memcacheNodes:format='table(nodeId,updateAvailable.yesno(yes="YES", no="NO"))')"

次のステップ

  • Memcache インスタンスのメンテナンス時間枠の管理に必要な権限を表示する。