Python 用 Stackdriver Logging の設定

は、

Python アプリケーションから Stackdriver Logging にログを書き込むには、Stackdriver Logging クライアント ライブラリに含まれる Python ロギング ハンドラを使用するか、クライアント ライブラリを使用して API に直接アクセスします。

始める前に

  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. GCP プロジェクトを選択または作成します。

    [リソースの管理] ページに移動

  3. プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。

    課金を有効にする方法について

  4. Stackdriver Logging API を有効にします。

    APIを有効にする

  5. Python 開発用に環境を準備します。

    Python 設定ガイドに移動

ライブラリのインストール

Python 用 Stackdriver Logging クライアント ライブラリをインストールするには、クライアント ライブラリのインストールをご覧ください。

このライブラリには、Python の標準ロギング モジュールを Stackdriver に接続するロギング ハンドラが含まれています。また、Stackdriver Logging に手動でアクセスするための API クライアント ライブラリも含まれています。

ライブラリを Python ロギングに接続する

Stackdriver Logging ハンドラを Python ルートロガーに接続して、Stackdriver にすべてのログエントリを送信するには、setup_logging ヘルパー メソッドを使用します。

# Imports the Google Cloud client library
import google.cloud.logging

# Instantiates a client
client = google.cloud.logging.Client()

# Connects the logger to the root logging handler; by default this captures
# all logs at INFO level and higher
client.setup_logging()

Python ルートロガーの使用

ハンドラに接続すると、デフォルトでは、アプリケーションで出力された INFO レベル以上のログが Stackdriver Logging に送信されます。

# Imports Python standard library logging
import logging

# The data to log
text = 'Hello, world!'

# Emits the data using the standard logging module
logging.warn(text)

App Engine または Kubernetes Engine から Stackdriver Logging にメッセージを記録している場合、ハンドラがこれらのメッセージを環境で対応するリソースタイプに送信します。それ以外の場合、デフォルトでは、Global リソースタイプの python ログにログが記録されます。

ロギング ハンドラの構成

Stackdriver Logging ハンドラを接続して Python ロガーのみを選択したり、ロギング ハンドラを構成したりするには、API ライブラリのドキュメントをご覧ください。

インストールの詳細については、Python 用の Stackdriver Logging ライブラリのドキュメントをご覧ください。公開バグトラッカーを使用して問題を報告することもできます。

Cloud クライアント ライブラリを直接使用する

Python 用 Stackdriver Logging Cloud クライアント ライブラリを直接使用する方法については、Stackdriver Logging クライアント ライブラリをご覧ください。

Google Cloud Platform での実行

Python 用 Stackdriver Logging ライブラリを使用するには、GCP で Cloud IAM ログ書き込み役割が必要です。ほとんどの GCP 環境で、この役割はデフォルトで付与されています。

App Engine

App Engine では、デフォルトでログ書き込み役割が付与されます。

Python 用 Stackdriver Logging ライブラリは、明示的に認証情報を提示しなくても使用できます。

App Engine のアプリケーションでは、Stackdriver Logging が自動的に有効になります。特別な設定は必要ありません。

Google Kubernetes Engine

Google Kubernetes Engine では、クラスタの作成時に logging.write アクセス スコープを追加する必要があります。

gcloud container clusters create example-cluster-name --scopes https://www.googleapis.com/auth/logging.write

Compute Engine

Compute Engine VM インスタンスを使用する場合は、各インスタンスに cloud-platform アクセス スコープを追加します。Google Cloud Platform Console で新しいインスタンスを作成する場合は、[インスタンスの作成] パネルの [ID と API へのアクセス] セクションで行うことができます。Compute Engine のデフォルト サービス アカウントまたは別のサービス アカウントを使用し、[ID と API へのアクセス] セクションの [すべての Cloud API に完全アクセス権を許可] を選択します。どのサービス アカウントを選択する場合でも、GCP Console の [IAM と管理] でログ書き込み役割が付与されていることを確認してください。

ローカルやその他の場所での実行

GCP の外部で Python 用 Stackdriver Logging ライブラリを使用するには、GCP プロジェクト ID と該当するサービス アカウント認証情報を Python 用 Stackdriver Logging ライブラリに直接指定する必要があります。これは、個人用のワークステーション、データセンターのコンピュータ、他のクラウド プロバイダの VM インスタンスにおけるエージェントの実行に適用されます。詳細については、サービス アカウントの認証情報を手動で取得して指定するをご覧ください。

ログの表示

デプロイ後、GCP Console のログビューアでログを表示できます。

ログビューアに移動

詳しくは、ログの表示をご覧ください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。