Cloud Tools for IntelliJ

IntelliJ で本番クラウド アプリケーションをデバッグ

プラグインをダウンロード ドキュメントを見る

IntelliJ をベースにした Cloud Platform IDE

Cloud Tools for IntelliJ を使用すると、クラウド アプリケーション向けの Java バックエンドを Google App Engine のスタンダード環境とフレキシブル環境に簡単にデプロイすることができます。バックエンドをローカルで実行してテストし、開発が完了したら、IntelliJ IDEA 内からプロジェクトをライブでデプロイすることができます。本番環境で問題があった場合は、アプリケーションの停止や遅延を発生させることなく、Stackdriver Debugger を使ってライブのクラウド バックエンドをデバッグできます。

ソースの保存とデバッグ

Google Cloud Source Repositories の IntelliJ プラグインにより、Cloud Platform でホストされている Git レポジトリを使用して、デプロイしたサービスにバックエンドのソースコードを保存できます。 その後、Stackdriver Debugger を使用して、クラウド バックエンドをリアルタイムでデバッグできます。

App Engine にデプロイ

IntelliJ プラグインを使用すると、アプリケーションの開発や App Engine のスタンダード環境とフレキシブル環境へのデプロイが便利になります。Java IDE から移動しなくても、アプリケーションのデバッグや反復処理を行うことができます。

高い生産性

gcloud コマンドライン ツール、Cloud Platform Console、コンパイラなどの複数のインターフェースを行き来するよりも、IDE での Java 開発の方が効率的です。 Cloud Platform で生産性の向上と迅速な反復型開発を実現できます。

Cloud Tools for IntelliJ の特長

IntelliJ で本番クラウド アプリケーションをデバッグ

ソース プラグイン
Google のプラグインにより、Cloud Platform でホストされている Cloud Source Repository との通信が可能になります。
Stackdriver Debugger
Stackdriver Debugger との統合により、ユーザーに気づかれずに本番アプリケーションのエラーを検出して修正できます。
App Engine デプロイ
Cloud Tools for IntelliJ では、アプリケーションを IDE から App Engine に直接デプロイできます。
個人と企業
Google のプラグインは、IntelliJ IDEA Community Edition および Ultimate Edition と互換性があります。

Cloud Tools for IntelliJ の料金

IntelliJ Community ユーザーと Ultimate ユーザーは、Cloud Tools for IntelliJ を無料でご利用いただけます。

外出先でもリソースをモニタリング

Google Cloud Console アプリを入手して、プロジェクトの管理にお役立てください。