多要素認証(MFA)

プッシュ通知、Google 認証システム、フィッシング対策機能付きTitan セキュリティ キー、およびセキュリティ キーとしての Android または iOS デバイスなどの幅広い MFA 検証手法を使用して、ユーザー アカウントと企業データを保護します。

多要素認証

ユーザーの操作性を妨げずにアカウントのセキュリティを強化する

ユーザーの保護

ユーザーや企業のデータを保護する

MFA を導入することで、認証情報の脆弱性や盗難によって発生する有害なデータ侵害を防ぐことができます。

アカウントの乗っ取りの回避

機械学習でアカウントの乗っ取りを防ぐ

Google が継続的に改良している機械学習モデルは、不審な動作を素早く特定し、即座に対処します。たとえば、異常なログイン動作にフラグを付け、ユーザーに対して追加のログイン時の本人確認を提示します。

セキュリティ キーの使用

保護の強化のためにセキュリティ キーを使用する

Google の Titan セキュリティ キーを含む FIDO セキュリティ キーは、MFA のすべての手法の中で最も強力な保護機能です。実際、FIDO セキュリティ キーで保護している G Suite アカウントは、不正に使用されたことが一度もありません。

Cloud Identity の MFA 機能

使いやすい MFA 手法

Cloud Identity はさまざまな MFA 手法(ハードウェア セキュリティ キー、スマートフォンを使用したセキュリティ キー、モバイル デバイス プッシュ通知、SMS、音声通話など)に対応しているので、自社の従業員に最適なオプションを選択できます。

高度な監査およびレポート作成機能

詳細なレポートと監査ログを使って、従業員の使用状況のモニタリング、アラートの設定、潜在的リスクの検証を行います。

統合型のセキュリティ ダッシュボード

セキュリティ センターが提供するアナリティクス、実用的な分析情報、ベスト プラクティスに基づいて脅威をモニタリングし、被害に遭う前に対策を講じましょう。

Cloud Identity のその他の機能

多要素認証

シングル サインオン(SSO)

クラウドでもオンプレミスでも、ワンクリックで数千件もの統合対応アプリにアクセスできるので、仕事がやりやすくなり生産性が高まります。

詳細  
モバイル デバイスの管理

エンドポイント管理

Android と iOS デバイスに対応した数分で設定できるエンドポイント管理を使えば、従業員の作業環境が改善され、データのセキュリティも確保できます。

詳細  

Cloud Identity の料金

  • コンテキストアウェア アクセス
  • アカウントのセキュリティ
  • エンドポイント管理
  • シングル サインオン(SSO)
  • 統合型管理コンソール
  • HRMS の統合
  • ハイブリッドな ID 管理
  • SLA とコンプライアンス
  • テクニカル サポート