Java 用 Error Reporting の設定

Java 用 Stackdriver Error Reporting パッケージを使用して、Java アプリケーションから Stackdriver Error Reporting にエラーレポートを送信できます。

Error Reporting は、App EngineCompute EngineGoogle Kubernetes Engine などの一部の Google Cloud Platform プロダクトに統合されています。Error Reporting は、それらのプロダクトで実行中のアプリケーションによって Stackdriver Logging に記録されたエラーを表示します。詳細については、Google Cloud Platform での実行をご覧ください。

Stackdriver Logging を使用してエラーデータを Error Reporting に送信することもできます。データのフォーマット要件については、Stackdriver Logging でのエラー メッセージのフォーマットをご覧ください。

始める前に

  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. Google Cloud Platform プロジェクトを選択または作成します。

    [リソースの管理] ページに移動

  3. Google Cloud Platform プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。

    課金を有効にする方法について

  4. Error Reporting API を有効にします。

    APIを有効にする

クライアント ライブラリのインストール

Java 用 Stackdriver Error Reporting パッケージを使用すると、ほとんどの場所で動作している Java アプリケーションから報告されるエラーをモニタリングして表示できます。

インストールの詳細については、Java 用 Stackdriver Error Reporting パッケージのドキュメントをご覧ください。問題追跡ツールを使用して問題を報告することもできます。

クライアント ライブラリの構成

Java 用 Stackdriver Error Reporting パッケージの動作をカスタマイズできます。Java API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

エラーの報告

Java 用 Stackdriver Error Reporting パッケージは、カスタム エラーイベントを報告する必要がある場合にのみ、使用してください。

Stackdriver Logback Appenderjava.util.logging Stackdriver Handler を使用して記録された例外は、Error Reporting Console に自動的に報告されます。次のサンプルは、API を使用してカスタム エラーイベントを報告する方法を示しています。

import com.google.cloud.ServiceOptions;
import com.google.cloud.errorreporting.v1beta1.ReportErrorsServiceClient;
import com.google.devtools.clouderrorreporting.v1beta1.ErrorContext;
import com.google.devtools.clouderrorreporting.v1beta1.ProjectName;
import com.google.devtools.clouderrorreporting.v1beta1.ReportedErrorEvent;
import com.google.devtools.clouderrorreporting.v1beta1.SourceLocation;

/**
 * Snippet demonstrates using the Stackdriver Error Reporting API to report a custom error event.
 * <p>
 * This library is not required on App Engine, errors written to stderr are automatically written
 * to Stackdriver Error Reporting.
 * It is also not required if you are writing logs to Stackdriver Logging.
 * Errors written to Stackdriver Logging that contain an exception or stack trace
 * are automatically written out to Stackdriver Error Reporting.
 */
public class QuickStart {
  public static void main(String[] args) throws Exception {

    // Google Cloud Platform Project ID
    String projectId = (args.length > 0) ? args[0] : ServiceOptions.getDefaultProjectId();
    ProjectName projectName = ProjectName.of(projectId);

    // Instantiate an Error Reporting Client
    try (ReportErrorsServiceClient reportErrorsServiceClient = ReportErrorsServiceClient.create()) {

      // Custom error events require an error reporting location as well.
      ErrorContext errorContext = ErrorContext.newBuilder()
          .setReportLocation(SourceLocation.newBuilder()
              .setFilePath("Test.java")
              .setLineNumber(10)
              .setFunctionName("myMethod")
              .build())
          .build();

      //Report a custom error event
      ReportedErrorEvent customErrorEvent = ReportedErrorEvent.getDefaultInstance()
          .toBuilder()
          .setMessage("custom error event")
          .setContext(errorContext)
          .build();
      // Report an event synchronously, use .reportErrorEventCallable for asynchronous reporting.
      reportErrorsServiceClient.reportErrorEvent(projectName, customErrorEvent);
    }
  }
}
エラー統計情報と個々のイベントに関するデータを取得して管理する方法については、Java API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

Google Cloud Platform での実行

Java 用 Stackdriver Error Reporting パッケージを使用するには、Cloud IAM Error Reporting 書き込み役割が必要です。ほとんどの Google Cloud Platform コンピューティング プラットフォームでは、デフォルトでこの役割が提供されています。

App Engine フレキシブル環境

App Engine は、デフォルトで Error Reporting 書き込み役割を付与します。

Java 用 Stackdriver Error Reporting パッケージは、明示的に認証情報を提示しなくても使用できます。

App Engine のフレキシブル環境のアプリケーションでは、Error Reporting が自動的に有効になります。特別な設定は必要ありません。

@WebServlet(name = "Error reporting", value = "/error")
public class ErrorReportingExample extends HttpServlet {

  private Logger logger = Logger.getLogger(ErrorReportingExample.class.getName());

  @Override
  public void doGet(HttpServletRequest req, HttpServletResponse resp)
      throws IOException, ServletException {

    // errors logged to stderr / Cloud logging with exceptions are automatically reported.
    logger.log(Level.SEVERE, "exception using log framework", new IllegalArgumentException());

    // use the error-reporting client library only if you require logging custom error events.
    logCustomErrorEvent();

    // runtime exceptions are also automatically reported.
    throw new RuntimeException("this is a runtime exception");
  }

  private void logCustomErrorEvent() {
    try (ReportErrorsServiceClient reportErrorsServiceClient = ReportErrorsServiceClient.create()) {
      // Custom error events require an error reporting location as well.
      ErrorContext errorContext = ErrorContext.newBuilder()
          .setReportLocation(SourceLocation.newBuilder()
              .setFilePath("Test.java")
              .setLineNumber(10)
              .setFunctionName("myMethod")
              .build())
          .build();
      //Report a custom error event
      ReportedErrorEvent customErrorEvent = ReportedErrorEvent.getDefaultInstance()
          .toBuilder()
          .setMessage("custom error event")
          .setContext(errorContext)
          .build();

      // default project id
      ProjectName projectName = ProjectName.of(ServiceOptions.getDefaultProjectId());
      reportErrorsServiceClient.reportErrorEvent(projectName, customErrorEvent);
    } catch (Exception e) {
      logger.log(Level.SEVERE, "Exception encountered logging custom event", e);
    }
  }
}

GKE

GKE では、次のコマンド例に示すように、クラスタの作成時に cloud-platform アクセス スコープを追加する必要があります。

gcloud container clusters create example-cluster-name --scopes https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform

Compute Engine

Compute Engine VM インスタンスを使用する場合は、各インスタンスに cloud-platform アクセス スコープを追加します。Google Cloud Platform Console で新しいインスタンスを作成する場合は、[インスタンスの作成] パネルの [ID と API へのアクセス] セクションで行うことができます。Compute Engine のデフォルト サービス アカウントや別のサービス アカウントを使用して、[ID と API へのアクセス] セクションの [すべての Cloud API に完全アクセス権を許可] を選択します。どのサービス アカウントを選択する場合でも、GCP Console の [IAM と管理] セクションで、そのアカウントに Error Reporting 書き込み役割が付与されていることを確認してください。

ローカルとその他の場所での実行

Google Cloud Platform の外部で Java 用 Stackdriver Error Reporting パッケージを使用するには、GCP プロジェクト ID と該当するサービス アカウント認証情報を Java 用 Stackdriver Error Reporting パッケージに直接入力する必要があります。これは、自分のワークステーション、データセンターのコンピュータ、または別のクラウド プロバイダの VM インスタンスでライブラリを実行する場合に適用されます。詳しくは、サービス アカウントの認証情報を手動で取得して指定するをご覧ください。

エラーレポートの表示

デプロイ後は、GCP Console の Error Reporting ダッシュボードでエラーレポートを表示できます。

Error Reporting ダッシュボードに移動

詳細については、エラーの表示をご覧ください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Stackdriver Error Reporting
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。