App Engine スタンダード環境のアプリケーションの作成

Cloud Tools for Eclipse には、App Engine フレキシブル環境用の新しいアプリケーションを作成するためのウィザードが Eclipse 内に用意されています。

始める前に

  1. Google Cloud アカウントにログインします。Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。
  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  3. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  4. Cloud Build API を有効にします。

    API を有効にする

  5. Cloud SDK をインストールして初期化します。
  6. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  7. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  8. Cloud Build API を有効にします。

    API を有効にする

  9. Cloud SDK をインストールして初期化します。
  10. Google Cloud Console で、Cloud プロジェクトの App Engine アプリケーションを作成します。

    アプリ作成画面を開く

  11. アプリのコンピューティングリソースを配置するリージョンを選択します。

  12. 最新バージョンの Cloud Tools for Eclipse があることを確認します。

フレキシブル アプリケーションの作成

App Engine フレキシブル環境用のアプリケーションを作成するには:

  1. Google Cloud Platform ツールバー ボタン をクリックします。

  2. [Create New Project] > [Google App Engine Flexible Java Project...] を選択します。

    [New App Engine Flexible Project] ウィザードが表示されます。

    フレキシブル環境用の新しい Eclipse プロジェクトを作成するためのダイアログ ボックス。プロジェクト名を入力するためのフィールドがあります。デフォルトの場所にファイルを保存するためのチェックボックスや、新しい場所を入力するためのフィールドがあります。Java パッケージと App Engine サービスの名前を入力するフィールドがあります。Maven プロジェクトとしてプロジェクトを作成するためのチェックボックスと、グループ ID、アーティファクト ID、およびバージョンを入力するためのフィールドがあります。

  3. アプリケーションのプロジェクト名を入力します。

  4. 必要に応じて、オプション フィールドに値を入力します。

    1. Java パッケージ名を入力します。

    2. [Create as Maven project] チェックボックスを選択し、pom.xmlpom.xml を生成して、Maven ビルダーを使用するように Eclipse プロジェクトを構成します。

    3. Maven プロジェクトのグループ IDアーティファクト ID を入力します。

  5. [Next] をクリックします。

  6. プロジェクトに必要なライブラリを選択します。

  7. [Finish] をクリックします。

    新しいアプリケーションが Eclipse Project Explorer に表示されます。

次のステップ