複合タイプをサポートされているテンプレートに変換する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

複合タイプは、Deployment Manager に永続的に追加され、一緒に機能するように構成された 1 つ以上のテンプレートです。複合タイプの概要と作成手順については、テンプレートを複合タイプとして追加するをご覧ください。

ただし、複合タイプ機能は現在非推奨になっており、新しいデプロイまたは 2022 年 2 月 22 日に更新されるデプロイでは使用できなくなります。デプロイ構成が type: PROJECT_ID/composite:TEMPLATE_NAME 形式のリソースタイプを使用している場合、その影響を受けます。

このページでは、複合タイプをサポートされているテンプレートに変換する手順について説明します。

複合タイプを個別のテンプレートに分割する

複合タイプをサポートされているテンプレートに変換するには、複合タイプのすべての要素を含む 1 つのテンプレートを手動で作成するか、複合タイプの要素を個別のテンプレート ファイルに分割します。

テンプレートとテンプレートの作成について詳しくは、基本テンプレートの作成をご覧ください。

テンプレート ファイルを移動してインポートする

個別のテンプレート ファイルすべてをデプロイと同じ場所にコピーする必要があります。名前の競合を避けるため、デプロイ構成に使用したフォルダとは別のフォルダを使用することをおすすめします。

また、個別のテンプレート ファイルをインポートするように構成ファイルが設定されていることも確認する必要があります。テンプレートのインポートについては、テンプレートのインポートをご覧ください。

複合タイプへの参照を置き換える

次に、以前の複合タイプの代わりに、直接個別のテンプレートを使用するようにデプロイを更新します。

複合タイプの構文のすべてのインスタンスを検索して置き換えます。次に例を示します。

type: PROJECT_ID/composite:main-template

複合タイプの構文を、テンプレートへの直接参照に置き換えます。次に例を示します。

type: PATH_TO/main-template.jinja