料金と割り当て

Google Cloud Datastore では費用をかけずに使い始めることができるよう、無料の割り当てが用意されています。リソースの種類と無料割り当ての量は次のとおりです。これ以上の割り当てが必要になった場合は、プロジェクトに対して課金を有効にし、費用制限を設定する必要があります。

割り当ては日単位で適用され、太平洋時間の午前 0 時頃にリセットされます。

アイオワ バージニア州北部 サウスカロライナ サンパウロ ベルギー ロンドン フランクフルト シドニー 東京
1 日あたりの無料利用枠 無料利用枠を超えた場合の料金(単価) 料金
保存データ 1 GB ストレージ GB/月
エンティティの読み込み数 50,000 /10 万エンティティ
エンティティの書き込み数 20,000 /10 万エンティティ
エンティティの削除数 20,000 /10 万エンティティ
小規模オペレーション 50,000 無料 -

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている料金の通貨が適用されます。

小規模オペレーションには、以下が含まれます。

  • Cloud Datastore ID を割り当てるための呼び出し。
  • キーのみのクエリ。キーのみのクエリは、クエリ自体については、1 回のエンティティ読み取りとしてカウントされます。個々の結果は小規模オペレーションとしてカウントされます。
  • distinct on 句を使用しない射影クエリ。このタイプのクエリは、クエリ自体については、1 回のエンティティ読み取りとしてカウントされます。個々の結果は小規模オペレーションとしてカウントされます。

バックアップ オペレーションと復元オペレーションでは、エンティティの読み取りと書き込みに対して上の表に示す料金が課金されます。これらのオペレーションは、アプリケーション内で実行されるため、割り当て量の計算対象になります。また、バックアップ プロセスと復元プロセスでは Google Compute Engine インスタンスも作成されます。バックアップ中またはリストア中に使用されたインスタンス時間に対して課金されます。

エクスポート オペレーションとインポート オペレーションでは、エンティティの読み取りと書き込みに対して上の表に示す料金が課金されます。エクスポートまたはインポートをキャンセルすると、キャンセル リクエストが Cloud Datastore に伝播されるまでの間に実行されたオペレーションに対して課金されます。

アプリケーションに対する割り当て量使用情報の確認

割り当ての使用状況など、アプリケーションによる Cloud Datastore 使用量を確認するには、App Engine の割り当ての詳細ページをご覧ください。この手順はアプリケーションが App Engine 内で実行されていない場合でも必要です。

アプリケーションが使用した Cloud Datastore リソースは、表示されるストレージ ページに一覧表示されます。オプションとして [使用されていないリソースを表示する] をクリックすると、使用可能なすべての割り当ての情報が一覧表示されます。

ストレージ サイズに関する考慮事項

Cloud Datastore に保存されたデータによって深刻なストレージ オーバーヘッドが生じる可能性があることには、十分な注意が必要です。このオーバーヘッドは関連するプロパティの数や種類に依存します。これには、組み込みインデックス複合インデックスに使用されるスペースも含まれます。Cloud Datastore に保存される個々のエンティティには、以下のメタデータが必要となります。

  • エンティティ キー。種類、ID またはキー名、エンティティの祖先のキーも含まれます。
  • 各プロパティの名前と値。Cloud Datastore にはスキーマが存在しないため、どのエンティティに対しても各プロパティの名前と値を一緒に保存しておく必要があります。
  • このエンティティを参照するすべての組み込みインデックス行と複合インデックス行。個々の行には、エンティティの種類、任意の数のプロパティ値(インデックスの定義によって異なる)、エンティティ キーが含まれます。

Cloud Datastore ストレージの計算方法については、ストレージ サイズの計算をご覧ください。

Bigtable レベルでエンティティとインデックスを保存するために必要なメタデータの完全な詳細については、エンティティとインデックスの保存方法をご覧ください。Cloud Datastore インデックスの管理方法の詳細については、Datastore インデックスをご覧ください。

フィードバックを送信...

Cloud Datastore のドキュメント