Container Builder

Google Cloud Platform で高速かつ一貫性のある信頼性の高いビルドを実行

Container Builder ドキュメントを読む コンソールを表示する

クラウドでビルドを実行

Google Cloud Platform の高速かつ一貫性のある信頼性の高い環境で、コンテナ イメージ ビルドを実行します。あらゆる言語でビルドでき、ビルド アーティファクトをデプロイ用に Docker コンテナにパッケージ化します。この Cloud-SDK を使用すると、お気に入りのデベロッパー ツールと任意の継続的デリバリー システムを統合できます。ビルドは Google のセキュリティで保護されたインフラストラクチャで実行され、無料分を超えた使用分のみが課金対象となります。

最低限のコストで利用できるフルマネージド サービス

ビルド処理は 1 日あたり 120 分まで無料で利用できるため、お客様の多くはビルドをクラウドに移動するためのコストが発生しません。また、ビルドサーバー管理のオーバーヘッドも生じません。

CI/CD パイプラインを自動化

ビルドトリガーを設定すると、レポジトリ内でソースコードやタグが変更されるたびに新しいビルドを自動で実行させることができます。カスタムのビルドステップを使用すれば、テストの実行、Google Cloud Storage へのアーティファクトのエクスポート、ソフトウェアのリリース プロセスの自動化も可能です。

プライバシーと安全性を保護

ビルドは Cloud Platform プロジェクトによって所有されるため、ビルドの作成や表示ができるデベロッパー、使用できるソースコード、ビルド アーティファクトを保存できる場所を完全に制御することができます。

柔軟なビルドステップ

Container Builder は、Docker コンテナでコマンドを実行してビルドを実行します。 その際には、公式にサポートされているビルドステップ、独自のツール、または Maven や Gradle などの人気のあるパブリック Docker レポジトリを使用できます。Docker コンテナ イメージにビルドをパッケージ化できる場合は、ビルドプロセスのステップとして実行できます。

Container Builder の機能

Google Cloud Platform で高速かつ一貫性のある信頼性の高いビルドを実行。

ビルドとパッケージ
一貫性がありセキュアなクラウド環境で、ソースをビルドしてビルド アーティファクトを Docker コンテナにパッケージ化します。
ビルドログ
Cloud Console でビルドログを確認することで、失敗したビルドをすばやくデバッグできます。
積み重ね可能
お使いの IDE、継続的インテグレーション、継続的デリバリー パイプラインとの統合が可能です。コンテナは認証設定なしに App Engine、Container Engine、Compute Engine でデプロイすることも、任意の Docker ランタイムにデプロイすることもできます。
カスタマイズ可能
カスタムのビルドステップを構成すれば、任意のツールを使用できます。ベースイメージとビルドステップは Docker Hub から取得することも、任意のパブリック レジストリから取得することもできます。また、プライベートでセキュアなストレージとして Google Container Registry も使用できます。
ビルド履歴
Cloud プロジェクトでは作成したすべてのビルドの監査レコードが恒久的に保存され、いつでも表示できます。
入力ソース
ビルドの入力ソースとしては、Google Cloud Source Repositories や、Google Cloud Storage にアップロードしたソースを使用できます。また、レポジトリを Cloud Source Repositories RepoSync に接続して、GitHub や Bitbucket からビルドすることもできます。
自動トリガー
ブランチとタグのルールを設定すると、レポジトリに変更が加えられたときに自動でソースからビルドを実行させることができます。この機能は GitHub、Bitbucket、Google Cloud Source Repositories で利用できます。

Container Builder の料金

料金は、1 日あたりの無料分を超えた使用分についてのみ発生します。詳細については料金ガイドをご覧ください。

機能 料金
ビルド処理時間: 1 日 120 分まで 無料
以降 1 分ごと $0.0034/分