Google Cloud Platform Console

Google Compute Engine にはブラウザベースの Google Cloud Platform Console ツールが用意されており、グラフィカル インターフェースで Google Compute Engine リソースを管理できます。GCP Console は、リソースの管理にブラウザのユーザー インターフェースを使用したい場合にご利用ください。

この他に Google Cloud Platform コマンドライン ツール gcloudRESTful API も使用できます。

このドキュメントでは、Console にアクセスする方法を紹介し、Console が持つ独自の機能について説明します。

Console へのアクセス

GCP Console に移動する

Console の機能

Console から次のものにアクセスできます。

  • すべての Google Cloud Platform プロジェクト。
  • Google Cloud Shell
  • カスタマイズ可能なプロジェクト ダッシュボード。Google Cloud のリソースや課金の概要、フィルタ可能なアクティビティ リストなどを示します。
  • すべての Google Cloud Platform API と各 API に固有のダッシュボード、およびリソースの管理機能。
  • Google Cloud Platform の最初のステップ、お知らせ、ドキュメントへのリンク。

REST リクエストの生成

GCP Console を使用してリソースを作成する場合、Google Compute Engine ではこのリソースの作成に使用される REST リクエストも表示します。これはサンプルの REST リクエストを見たり、グラフィカル インターフェースを使用して独自の REST リクエストを作成したりするのに便利です。この手順の例を次に示します。

  1. GCP Console の [VM インスタンス] ページに移動します。
  2. [新しいインスタンス] をクリックします。
  3. インスタンスのパラメータを指定します。
  4. ページの下部にある [同等の REST] をクリックすると、新しいインスタンスを作成するための REST リクエストが表示されます。

コマンドライン ツールのコマンドの生成

GCP Console を使用してリソースを作成するとき、同じ操作を実行する同等の gcloud ツールのコマンドが生成されます。このコマンドをコピーしてターミナル ウィンドウに貼り付け、コンソールの代わりに gcloud コマンドライン ツールを使用して同じリソースを作成することもできます。

たとえば、[新しいインスタンスの作成] ページで新しい仮想マシン インスタンスを作成するためのプロパティを設定してから、ページの下部にある [同等のコマンドライン] をクリックすると、インスタンス作成用のコマンドを確認できます。

この方法を使用すると複雑なコマンドも簡単に作成できるので、どの gcloud コマンドやフラグを使えばいいかわからないような場合に便利です。また、gcloud ツールの初心者が gcloud コマンドの使い方を学ぶためにも役立ちます。

参考リンク

Compute Engine でよく使用する操作の例を次に示します。

Console に関する詳しいヘルプが必要な場合は、Google サポートページにあるヘルプ ドキュメントをご覧ください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Compute Engine ドキュメント