Google Cloud Platform と Kubernetes YAML の操作

Cloud Code は、Kubernetes 構成を簡単に作成できるように設計されています。スキーマの構造と値に Lint チェックを実行し、エラーの説明を提供します。また、Cloud Code には一般的なスキーマ、スマート補完、ホバー操作でのドキュメント表示など、すぐに使えるソリューションが用意されています。

サポートされる YAML 構成ファイル

さらに、Cloud Code は、すぐに使える Kubeflow などの人気のある Kubernetes CRD もサポートしています。

カスタム スキーマの使用

また、Cloud Code を使用すると、settings.jsoncloudcode.yaml.crdSchemaLocations によって独自の CRD スキーマを提供できます。ローカル ファイルまたは URL のどちらかを指定できます。github.com を指す URL は自動的に raw.githubusercontent.com に変換されます。

クラスタからのスキーマの pull

Kubernetes Explorer で Kubernetes v1.16 以降が実行されているクラスタに切り替えると、Cloud Code によってインストールされているすべての CRD のスキーマが自動的に pull されます。

スニペットを使って構成する

一般的な YAML スキーマにすぐに使えるスニペット(Command/Ctrl+Space でオプションで表示を表示)が用意されています。このスニペットを使用すると、新しい YAML ファイルを簡単に構成でき、ベスト プラクティスに準拠しながら既存のファイルに追加することもできます。繰り返しフィールドの操作も簡単です。1 つのフィールドに入力すると、Cloud Code が残りのインスタンスに値を挿入します。

現在、次のスニペットが提供されています。

  • Anthos Config Management - Cluster
  • Anthos Config Management - Cluster Selector
  • Anthos Config Management - Config Management
  • Anthos Config Management - Namespace Selector
  • Cloud Build - Cloud Run deployment
  • Cloud Build - Docker container build
  • Cloud Build - GKE deployment
  • Cloud Build - GKE Skaffold deployment
  • Cloud Build - Go build
  • Cloud Build - Terraform plan + apply
  • Config Connector - BigQueryDataset
  • Config Connector - BigQueryTable
  • Config Connector - BigtableCluster
  • Config Connector - BigtableInstance
  • Config Connector - PubSubSubscription
  • Config Connector - PubSubTopic
  • Config Connector - RedisInstance
  • Config Connector - SpannerInstance
  • Kubernetes - ConfigMap
  • Kubernetes - Deployment
  • Kubernetes - Ingress
  • Kubernetes - Pod
  • Kubernetes - Secret
  • Kubernetes - Service
  • Migrate for Anthos - Export
  • Migrate for Anthos - PersistentVolumeClaim
  • Migrate for Anthos - StatefulSet
  • Skaffold - Bazel
  • Skaffold - Getting-started
  • Skaffold - Helm deployment
  • Skaffold - Kaniko

コンテキストを使用して補完する

Cloud Code は、現在のスキーマに基づいてコンテキスト補完を行い、関連するドキュメントを表示します。これにより、正しいオプションを簡単に選択できます。

Kubernetes スキーマのコンテキスト補完

YAML スキーマの検証

Cloud Code は、YAML ファイル内の無効なタグと値を報告し、可能な場合には修正を提案することで、スキーマの検証をサポートします。

名前フィールドの値に赤い下線が付され、無効な値「1234」がハイライト表示されています。テキストにカーソルを合わせると「データの型が正しくありません。文字列が想定されます」と表示されます。

カーソルを置いてドキュメントを表示する

スキーマ内の値の上にカーソルを置くと、Cloud Code が関連ドキュメントを表示します。

スキーマの上にカーソルを置いてドキュメント情報を表示

リソース定義にアクセスする

リソースの定義をすばやく表示するには、右クリックして [Go to Definition] または [Peek Definition] を選択します。

スキーマで右クリックして定義情報を表示

差分を確認する

ソース管理の YAML ファイルとデプロイされた YAML ファイルの違いを表示する場合は、コマンド パレット(Cmd/Ctrl+Shift+P でアクセス)から [Cloud Code: Diff the current JSON/YAML file with Kubernetes deployed resource] を使用します。これにより、差分ビューが表示され、2 つのスキーマ ファイルを比較できます。

Kubernetes スキーマの差分ビュー

Secret を操作する

構成マップと Secret の使用は、Kubernetes を使用して作業を行ううえで重要な部分です。Cloud Code で Base64 の Secret の内容を表示するには、コンテキストの上にカーソルを置いてデコードされた文字列を表示します。

Cloud Code で Secret の上にカーソルを置いてデコード

サポートの利用

フィードバックを送信するには、GitHub で問題を報告します。または、Stack Overflow で質問します。