Cloud Code

Kubernetes アプリケーションの作成、デバッグ、デプロイに必要なものがすべて揃う。

Cloud Code

Cloud Code には、クラウド ネイティブ アプリケーションをすばやく簡単に作成、デプロイ、デバッグできるツールが付属しています。Visual Studio Code や IntelliJ などの IDE に対する拡張機能を備えているため、コードを迅速に繰り返し実行し、デバッグした後、Kubernetes にデプロイできます。

デベロッパーの生産性を最大化する Cloud Code ツール

Cloud Code for VS Code

Cloud Code for VS Code(ベータ版)

Kubernetes の開発時に、構成ファイルではなくコーディングに集中できます。Visual Studio Code を拡張しやすいため、ビルド、デプロイ、デバッグのサイクルが短縮されます。テンプレートを使用すると、Kubernetes リソース ファイルを手間をかけることなく定義できます。ローカルのクラスタや複数のクラウド プロバイダにデプロイすることが可能です。単一のサービスからマルチサービスで複数の環境のアプリまでスケールできます。

ダウンロード 
Cloud Code for IntelliJ

Cloud Code for IntelliJ(アルファ版)

IntelliJ 内で Kubernetes リソース ファイルを簡単に作成、更新、管理できます。ローカルマシンと開発クラスタの間で高速フィードバック ループを構築します。ローカル クラスタでもクラウドでも、最適な場所で Kubernetes を実行できます。さらに、スケーリングを心配する必要がないのでコードに専念できます。

ダウンロード 

Cloud Code の機能

Kubernetes 開発を高速化する

IDE 内で完全に統合された Kubernetes 開発、デプロイ、デバッグ環境が手に入ります。IDE 内から直接クラスタを作成、管理できます。

Kubernetes へのローカル デプロイを簡単にする

Cloud Code for IDEs は Skaffold、Jib、Kubectl などの人気のあるツールを内部で使用しており、コードに関する継続的なフィードバックをリアルタイムで得るのに役立ちます。

本番環境デプロイへの拡張を容易にする

本番環境クラスタでの作業に関しては、Skaffold のプロファイル、Kustomize ベースの環境管理、Cloud Build の統合に対するサポートが提供されています。

デプロイ対象のアプリケーションをデバッグする

Cloud Code for VS Code や Cloud Code for IntelliJ で IDE 内のコードをデバッグするには、組み込みの IDE デバッグ機能を利用します。

強力な IDE 機能にアクセスする

Kubernetes や Knative のリソース ファイルの操作時も、コード補完、Lint チェック、スニペットなどの組み込み IDE 機能が、設定不要ですぐに使えるようにサポートされています。

お客様の声

スタートアップ企業から大企業まで、あらゆる企業が Cloud Code に信頼を寄せています。

リソース

Cloud Code に特化したチュートリアル、クイックスタート、レビューをご参照ください。

Google Cloud

使ってみる

無料で体験

GCP を初めて使用する場合、あらゆる GCP プロダクトを $300 相当の無料クレジットでお試しいただけます。

さらにサポートが必要な場合

Google のエキスパートが、適切なソリューションの構築や、お客様のニーズに合ったパートナーを見つけるお手伝いをいたします。

フィードバックを送信...