標準 SQL の UUID 関数

BigQuery は、次の Universally Unique Identifier(UUID)関数をサポートしています。

GENERATE_UUID

GENERATE_UUID()

説明

ランダムな Universally Unique Identifier(UUID)を STRING として返します。返される STRING は 32 個の 16 進数で構成され、5 つのグループがハイフンで区切られた 8-4-4-4-12 の形式を取ります。この 16 進数は RFC 4122 セクション 4.4 に準拠し、122 個のランダムなビットと 6 個の固定ビットを表します。返される STRING はすべて小文字です。

戻りデータの型

STRING

次のクエリはランダムな UUID を生成します。

SELECT GENERATE_UUID() AS uuid;

上のクエリにより次のような結果が生成されます。

+--------------------------------------+
| uuid                                 |
+--------------------------------------+
| 4192bff0-e1e0-43ce-a4db-912808c32493 |
+--------------------------------------+
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。