Google Cloud Armor の料金

このドキュメントでは、Google Cloud Armor と Google Cloud Armor Managed Protection の料金の詳細について説明します。こちらの料金は現在有効なものです。

スタンダード ティア プラスティア
課金モデル 従量制 サブスクリプション
サブスクリプションの価格 該当なし $3,000/月(最大 100 個の保護対象リソースを利用可能)
保護対象リソース なし 最初の 100 個を超える保護対象リソース 1 個あたり月額 $30
  • WAF リクエスト
  • WAF セキュリティ ポリシー
  • WAF ルール
  • $0.75/100 万件のリクエスト
  • ポリシー 1 件あたり月額 $5
  • ルールあたり月額 $1
すべて込み
データ処理手数料 なし あり。次のセクションをご覧ください。
時間のコミットメント なし 1 年
Google Cloud Armor bot 管理 reCAPTCHA Enterprise の料金モデルに従って課金 reCAPTCHA Enterprise の料金モデルに従って課金

保護対象リソースには、各参加プロジェクト内の以下のバックエンド タイプが含まれます。バックエンドは、参加プロジェクト内のすべての対象エンドポイントとロードバランサ タイプの保護対象リソースとしてカウントされます。

エンドポイントのタイプ 保護対象リソース(バックエンド タイプ)
HTTP(S) 負荷分散 バックエンド サービス
バックエンド バケット
SSL プロキシ負荷分散 バックエンド サービス
TCP プロキシ負荷分散 バックエンド サービス

データ処理手数料

Managed Protection プラスのデータ処理手数料は、Managed Protection プラスに登録されているすべてのプロジェクの保護リソースからインターネットへの下り(外向き)トラフィックに適用されます。データ処理手数料は請求先アカウント単位で請求され、Managed Protection プラスに登録されているすべてのプロジェクトに含まれるすべての保護リソースの使用量が集計されます。

料金は、インターネットへの直接接続またはキャリア ピアリングによる下り(外向き)の 1 GB あたりの料金であり、他のネットワーク下り(外向き)料金に加えられます。たとえば、サポートされている Google Cloud ロードバランサの内側にあるワークロードの場合、データ処理手数料は、登録済みのロードバランサ エンドポイント経由でインターネットへの下り(外向き)のビットに対して発生しますが、基盤となるワークロードによる関連するリージョン間やゾーン間のトラフィックに対しては発生しません。料金は、最初の 100 TB は下り(外向き)の 1 GB あたり $0.05、次の 400 TB は 1 GB あたり $0.04 です。配信されるコンテンツが Cloud CDN を使用していて、キャッシュ保存可能であるとみなされる場合は、Cloud CDN のデータ処理手数料が適用されます。次の表に完全な料金を示します。

下り(外向き)TB Cloud Load Balancing、インターネット、キャリア ピアリング Cloud CDN Cloud DNS
0~100 $0.05 $0.025 含まれています
101~500 $0.04 $0.020 含まれています
501~1,000 $0.03 $0.015 含まれています
1,001 以上 アカウント チームへお問い合わせください $0.010 含まれています

バックエンド サービスに Google Cloud Armor のセキュリティ ポリシーが関連付けられている場合は、そのバックエンド サービスに対するカスタム ヘッダー機能を追加料金なしで使用できます。

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Google Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

次のステップ

カスタム見積もりのリクエスト

Google Cloud の従量課金制では、使用したサービスに対してのみ料金が発生します。カスタム見積もりをご希望の場合は、Google のセールスチームまでお問い合わせください。
お問い合わせ