Cloud Tools for Android Studio

Android アプリ向けのバックエンド サービスを Google Cloud Platform 上に構築

無料トライアル ドキュメントを読む

Cloud Platform による Android アプリの活用

Android Studio を利用すると、クラウドベースのバックエンドを Android アプリに簡単に追加することができます。Android Studio では、数回クリックするだけで、多くの機能を備えたバックエンドに必要なコードと依存関係をプロジェクトに追加できます。このバックエンドは、データ ストレージなどの必要な機能で容易に拡張できます。また、バックエンドをローカルで実行してテストして、バックエンドを使用する Android アプリと一緒にデバッグすることもできます。開発を完了したら、Android Studio 内からバックエンド ライブをデプロイして、アプリのすべてのユーザーがそのライブにアクセスできるようにすることができます。

開発を加速

Google が開発、保守している Android Studio のプラグインとフレームワークを使って、モバイル バックエンドをすばやく構築できます。Google のプラグインを使えば、単純な HTTP、Google Cloud Endpoints、Google クラウド メッセージングを使用したアプリでバックエンド サービスの接続が簡単になります。

Google のインフラでスケールアップ

Android Studio でモバイルアプリのバックエンドを構築して、Cloud Platform にデプロイします。Google App Engine で実行されているバックエンドは、自動的にスケールアップして数百万人規模のユーザーをサポートするため、独自のサーバーを購入または実行する必要はありません。

開発エクスペリエンスを統合

Cloud Tools for Android Studio により、モバイルアプリの開発に使用するのと同じ環境でバックエンドのコーディング、テスト、検証を行うことができます。

ソースの保存とデバッグ

Google Cloud Source Repositories の Android Studio プラグインにより、Cloud Platform でホストされている Git レポジトリを使用して、デプロイしたサービスにバックエンドのソースコードを保存できます。その後、Cloud Platform Console で Google Cloud Debugger を使用して、モバイル バックエンドをリアルタイムでデバッグできます。

Cloud Tools for Android Studio の特長

Android アプリ向けのバックエンド サービスを Google Cloud Platform 上に構築

モジュール
単純な HTTP、Cloud Endpoints、クラウド メッセージングを使用してモバイルアプリに接続する Java App Engine バックエンドの組み込み Android Studio モジュール。
ソース プラグイン
プラグインにより、Google Cloud Platform でホストされている Cloud Source Repository との通信が可能になります。

Cloud Tools for Android Studio の料金

Google Cloud Platform ユーザーは Android Studio を無料でご利用いただけます。

外出先でもリソースをモニタリング

Google Cloud Console アプリを入手して、プロジェクトの管理にお役立てください。