Quickstart: Using the command line

This page shows you how to send three feature detection and annotation requests to Cloud Vision using the REST interface and the curl command.

Cloud Vision API enables easy integration of Google vision recognition technologies into developer applications. You can send image data and desired feature types to the Vision API, which then returns a corresponding response based on the image attributes you are interested in. For more information about the feature types offered, see the List of all Vision API features.

Before you begin

  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. GCP プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタのページに移動

  3. Google Cloud Platform プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。 詳しくは、課金を有効にする方法をご覧ください。

  4. Vision API を有効にします。

    APIを有効にする

  5. 認証情報の設定:
    1. GCP Console で [サービス アカウントキーの作成] ページに移動します。

      [サービス アカウントキーの作成] ページに移動
    2. [サービス アカウント] リストから [新しいサービス アカウント] を選択します。
    3. [サービス アカウント名] フィールドに名前を入力します。
    4. [役割] リストで、[プロジェクト] > [オーナー] を選択します。

      : [役割] フィールドの設定により、リソースにアクセスするサービス アカウントが承認されます。このフィールドは、後から GCP Console で表示または変更できます。本番環境アプリケーションを開発している場合は、[プロジェクト] > [オーナー] よりも詳細な権限を指定します。詳しくはサービス アカウントへの役割の付与をご覧ください。
    5. [作成] をクリックします。キーが含まれている JSON ファイルがパソコンにダウンロードされます。
  6. 環境変数 GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS をサービス アカウント キーが含まれる JSON ファイルのファイルパスに設定します。この変数は現在のシェル セッションにのみ適用されるため、新しいセッションを開く場合は、変数を再度設定してください。

  7. Cloud SDK をインストールして初期化します。

Make an image annotation request

After completing the Before you begin steps you can use Vision API to annotate an image file.

In this example you use curl to send a request to the Vision API using the following image:

Google Cloud Storage URI:

gs://cloud-samples-data/vision/using_curl/shanghai.jpeg

HTTPS URL:

https://console.cloud.google.com/storage/browser/cloud-samples-data/vision/using_curl/shanghai.jpeg

Shanghai street image
Image credit: Steve Long, Unsplash.

Create the request JSON

The following request.json file demonstrates how to request three images:annotate features and limit the results in the response.

Create the JSON request file with the following text, and save it as a request.json plain text file in your working directory:

request.json

{
  'requests': [
    {
      'image': {
        'source': {
          'gcsImageUri': 'gs://cloud-samples-data/vision/using_curl/shanghai.jpeg'
        }
      },
      'features': [
        {
          'type': 'LABEL_DETECTION',
          'maxResults': 3
        },
        {
          'type': 'OBJECT_LOCALIZATION',
          'maxResults': 1
        },
        {
          'type': 'TEXT_DETECTION',
          'maxResults': 1,
          'model': 'builtin/latest'
        },
      ]
    }
  ]
}

Send the request

You use curl and the body content from request.json to send the request to the Cloud Vision API. Enter the following on your command line:

curl -X POST \
-H "Authorization: Bearer "$(gcloud auth application-default print-access-token) \
-H "Content-Type: application/json; charset=utf-8" \
https://vision.googleapis.com/v1/images:annotate -d @request.json

Interpret the response

You should see a JSON response similar to the one below.

The request JSON body specified maxResults for each annotation type. Consequently, you will see the following in the response JSON:

Label detection results

  1. description: "People", score: 0.950
  2. description: "Street", score: 0.891
  3. description: "Mode of transport", score: 0.890
Shanghai street image

Text detection results

  • text: 牛牛面馆\n
  • vertices: (x: 159, y: 212), (x: 947, y: 212), (x: 947, y: 354), (x: 159, y: 354 )
Shanghai street image

Object detection results

  • name: "Person", score: 0.944
  • normalized vertices: (x: 0.260, y: 0.468), (x: 0.407, y: 0.468), (x: 0.407, y: 0.895), (x: 0.260, y: 0.895)
Shanghai street image

Congratulations! You've sent your first request to Vision API.

What's next

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Vision API Documentation
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。