Vision クライアント ライブラリ

このページでは、Vision API の Cloud クライアント ライブラリの使用を開始する方法を説明します。以前の Google API クライアント ライブラリをはじめ、Cloud API のクライアント ライブラリの詳細については、クライアント ライブラリの説明をご覧ください。

クライアント ライブラリのインストール

C#

詳細については、C# 開発環境の設定をご覧ください。

Visual Studio 2017 以降を使用している場合は、Nuget パッケージ マネージャーのウィンドウを開き、次のように入力します。

Install-Package Google.Apis

.NET Core コマンドライン インターフェースを使用して依存関係をインストールしている場合は、次のコマンドを実行します。

dotnet add package Google.Apis

Go

詳細については、Go 開発環境の設定をご覧ください。

go get -u cloud.google.com/go/vision/apiv1

Java

詳細については、Java 開発環境の設定をご覧ください。

Maven を使用している場合は、次のものを pom.xml ファイルに追加します。BOM の詳細については、Google Cloud Platform ライブラリ BOM をご覧ください。

<dependencyManagement>
  <dependencies>
    <dependency>
      <groupId>com.google.cloud</groupId>
      <artifactId>libraries-bom</artifactId>
      <version>20.6.0</version>
      <type>pom</type>
      <scope>import</scope>
    </dependency>
  </dependencies>
</dependencyManagement>

<dependencies>
  <dependency>
    <groupId>com.google.cloud</groupId>
    <artifactId>google-cloud-vision</artifactId>
  </dependency>
</dependencies>

Gradle を使用している場合は、次のものを依存関係に追加します。

implementation platform('com.google.cloud:libraries-bom:20.6.0')

compile 'com.google.cloud:google-cloud-vision'

sbt を使用している場合は、次のものを依存関係に追加します。

libraryDependencies += "com.google.cloud" % "google-cloud-vision" % "1.103.2"

IntelliJ または Eclipse を使用している場合は、次の IDE プラグインを使用してプロジェクトにクライアント ライブラリを追加できます。

プラグインでは、サービス アカウントのキー管理などの追加機能も提供されます。詳細は各プラグインのドキュメントをご覧ください。

Node.js

詳細については、Node.js 開発環境の設定をご覧ください。

npm install --save @google-cloud/vision

PHP

詳細については、Google Cloud での PHP の使用をご覧ください。

composer require google/apiclient

Python

詳細については、Python 開発環境の設定をご覧ください。

pip install --upgrade google-cloud-vision

Ruby

詳細については、Ruby 開発環境の設定をご覧ください。

gem install google-api-client

認証の設定

クライアント ライブラリを実行するには、サービス アカウントを作成して環境変数を設定し、認証を設定する必要があります。以下の手順で認証を設定します。その他の認証方法については、GCP 認証のドキュメントをご覧ください。

Cloud Console

サービス アカウントを作成します。

  1. Cloud Console で [サービス アカウントの作成] ページに移動します。

    [サービス アカウントの作成] に移動
  2. プロジェクトを選択します。
  3. [サービス アカウント名] フィールドに名前を入力します。Cloud Console は、この名前に基づいて [サービス アカウント ID] フィールドに入力します。

    [サービス アカウントの説明] フィールドに説明を入力します。例: Service account for quickstart

  4. [完了] をクリックして、サービス アカウントの作成を完了します。

    ブラウザ ウィンドウは閉じないでください。次のステップでこれを使用します。

サービス アカウント キーを作成します。

  1. Cloud Console で、作成したサービス アカウントのメールアドレスをクリックします。
  2. [キー] をクリックします。
  3. [鍵を追加]、[新しい鍵を作成] の順にクリックします。
  4. [作成] をクリックします。JSON キーファイルがパソコンにダウンロードされます。
  5. [閉じる] をクリックします。

コマンドライン

ローカルマシン上の Cloud SDK を使用するか、または Cloud Shell 内で以下のコマンドを実行できます。

  1. サービス アカウントを作成します。NAME をサービス アカウントの名前に置き換えます。

    gcloud iam service-accounts create NAME
  2. キーファイルを生成します。FILE_NAME はキーファイルの名前に置き換えてください。

    gcloud iam service-accounts keys create FILE_NAME.json --iam-account=NAME@PROJECT_ID.iam.gserviceaccount.com

環境変数 GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS を設定して、アプリケーション コードに認証情報を指定します。この変数は現在のシェル セッションにのみ適用されるため、新しいセッションを開く場合は、変数を再度設定します。

Linux または macOS

export GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="KEY_PATH"

KEY_PATH をサービス アカウント キーが含まれる JSON ファイルのパスに置き換えます。

例:

export GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="/home/user/Downloads/service-account-file.json"

Windows

PowerShell の場合:

$env:GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="KEY_PATH"

KEY_PATH をサービス アカウント キーが含まれる JSON ファイルのパスに置き換えます。

例:

$env:GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="C:\Users\username\Downloads\service-account-file.json"

コマンド プロンプトの場合:

set GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS=KEY_PATH

KEY_PATH をサービス アカウント キーが含まれる JSON ファイルのパスに置き換えます。

クライアント ライブラリの使用

次の例は、クライアント ライブラリの使用方法を示しています。

Go

このサンプルを試す前に、Vision クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Go の設定手順を行ってください。詳細については、Vision Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


// Sample vision-quickstart uses the Google Cloud Vision API to label an image.
package main

import (
	"context"
	"fmt"
	"log"
	"os"

	vision "cloud.google.com/go/vision/apiv1"
)

func main() {
	ctx := context.Background()

	// Creates a client.
	client, err := vision.NewImageAnnotatorClient(ctx)
	if err != nil {
		log.Fatalf("Failed to create client: %v", err)
	}
	defer client.Close()

	// Sets the name of the image file to annotate.
	filename := "../testdata/cat.jpg"

	file, err := os.Open(filename)
	if err != nil {
		log.Fatalf("Failed to read file: %v", err)
	}
	defer file.Close()
	image, err := vision.NewImageFromReader(file)
	if err != nil {
		log.Fatalf("Failed to create image: %v", err)
	}

	labels, err := client.DetectLabels(ctx, image, nil, 10)
	if err != nil {
		log.Fatalf("Failed to detect labels: %v", err)
	}

	fmt.Println("Labels:")
	for _, label := range labels {
		fmt.Println(label.Description)
	}
}

Java

このサンプルを試す前に、Vision クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Java の設定手順を行ってください。詳細については、Vision Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

// Imports the Google Cloud client library

import com.google.cloud.vision.v1.AnnotateImageRequest;
import com.google.cloud.vision.v1.AnnotateImageResponse;
import com.google.cloud.vision.v1.BatchAnnotateImagesResponse;
import com.google.cloud.vision.v1.EntityAnnotation;
import com.google.cloud.vision.v1.Feature;
import com.google.cloud.vision.v1.Feature.Type;
import com.google.cloud.vision.v1.Image;
import com.google.cloud.vision.v1.ImageAnnotatorClient;
import com.google.protobuf.ByteString;
import java.nio.file.Files;
import java.nio.file.Path;
import java.nio.file.Paths;
import java.util.ArrayList;
import java.util.List;

public class QuickstartSample {
  public static void main(String... args) throws Exception {
    // Initialize client that will be used to send requests. This client only needs to be created
    // once, and can be reused for multiple requests. After completing all of your requests, call
    // the "close" method on the client to safely clean up any remaining background resources.
    try (ImageAnnotatorClient vision = ImageAnnotatorClient.create()) {

      // The path to the image file to annotate
      String fileName = "./resources/wakeupcat.jpg";

      // Reads the image file into memory
      Path path = Paths.get(fileName);
      byte[] data = Files.readAllBytes(path);
      ByteString imgBytes = ByteString.copyFrom(data);

      // Builds the image annotation request
      List<AnnotateImageRequest> requests = new ArrayList<>();
      Image img = Image.newBuilder().setContent(imgBytes).build();
      Feature feat = Feature.newBuilder().setType(Type.LABEL_DETECTION).build();
      AnnotateImageRequest request =
          AnnotateImageRequest.newBuilder().addFeatures(feat).setImage(img).build();
      requests.add(request);

      // Performs label detection on the image file
      BatchAnnotateImagesResponse response = vision.batchAnnotateImages(requests);
      List<AnnotateImageResponse> responses = response.getResponsesList();

      for (AnnotateImageResponse res : responses) {
        if (res.hasError()) {
          System.out.format("Error: %s%n", res.getError().getMessage());
          return;
        }

        for (EntityAnnotation annotation : res.getLabelAnnotationsList()) {
          annotation
              .getAllFields()
              .forEach((k, v) -> System.out.format("%s : %s%n", k, v.toString()));
        }
      }
    }
  }
}

Node.js

このサンプルを試す前に、Vision クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Node.js の設定手順を行ってください。詳細については、Vision Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

async function quickstart() {
  // Imports the Google Cloud client library
  const vision = require('@google-cloud/vision');

  // Creates a client
  const client = new vision.ImageAnnotatorClient();

  // Performs label detection on the image file
  const [result] = await client.labelDetection('./resources/wakeupcat.jpg');
  const labels = result.labelAnnotations;
  console.log('Labels:');
  labels.forEach(label => console.log(label.description));
}
quickstart();

Python

このサンプルを試す前に、Vision クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Python の設定手順を行ってください。詳細については、Vision Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import io
import os

# Imports the Google Cloud client library
from google.cloud import vision

# Instantiates a client
client = vision.ImageAnnotatorClient()

# The name of the image file to annotate
file_name = os.path.abspath('resources/wakeupcat.jpg')

# Loads the image into memory
with io.open(file_name, 'rb') as image_file:
    content = image_file.read()

image = vision.Image(content=content)

# Performs label detection on the image file
response = client.label_detection(image=image)
labels = response.label_annotations

print('Labels:')
for label in labels:
    print(label.description)

補足資料

追加のクライアント ライブラリ

上記のライブラリに加えて、Java アプリケーションでは Spring Cloud GCP を使用できます。Spring Vision API を使用すると、Spring Framework で作成されたアプリケーションで Cloud Vision を使用できます。

Spring Cloud Vision をアプリケーションに追加する方法をご覧ください。

使ってみる

Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Cloud Vision API のパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイに使用できる無料クレジット $300 分を差し上げます。

Cloud Vision API の無料トライアル