AutoML Translation クライアント ライブラリ

このページでは、AutoML API の Cloud クライアント ライブラリの使用を開始する方法を説明します。以前の Google API クライアント ライブラリをはじめ、Cloud API のクライアント ライブラリの詳細については、クライアント ライブラリの説明をご覧ください。

クライアント ライブラリのインストール

C#

詳細については、C# 開発環境の設定をご覧ください。

AutoML Translation 用の C# クライアント ライブラリは現在アルファ版としてリリースされています。

install-package Google.Cloud.AutoML.V1 -pre

Go

詳細については、Go 開発環境の設定をご覧ください。

go get -u cloud.google.com/go/automl

Java

詳細については、Java 開発環境の設定をご覧ください。

Maven を使用している場合は、次のものを pom.xml ファイルに追加します。BOM の詳細については、Google Cloud Platform ライブラリ BOM をご覧ください。

<dependencyManagement>
  <dependencies>
    <dependency>
      <groupId>com.google.cloud</groupId>
      <artifactId>libraries-bom</artifactId>
      <version>23.1.0</version>
      <type>pom</type>
      <scope>import</scope>
    </dependency>
  </dependencies>
</dependencyManagement>

<dependencies>
  <dependency>
    <groupId>com.google.cloud</groupId>
    <artifactId>google-cloud-automl</artifactId>
  </dependency>
  <dependency>
    <groupId>com.google.cloud</groupId>
    <artifactId>google-cloud-bigquery</artifactId>
  </dependency>
  <dependency>
    <groupId>com.google.cloud</groupId>
    <artifactId>google-cloud-storage</artifactId>
  </dependency>
</dependencies>

Gradle を使用している場合は、次のものを依存関係に追加します。

implementation platform('com.google.cloud:libraries-bom:23.1.0')

implementation 'com.google.cloud:google-cloud-automl'

sbt を使用している場合は、次のものを依存関係に追加します。

libraryDependencies += "com.google.cloud" % "google-cloud-automl" % "2.1.5"

Visual Studio Code、IntelliJ または Eclipse を使用している場合は、次の IDE プラグインでプロジェクトにクライアント ライブラリを追加できます。

プラグインでは、サービス アカウントのキー管理などの追加機能も提供されます。詳細は各プラグインのドキュメントをご覧ください。

Node.js

詳細については、Node.js 開発環境の設定をご覧ください。

npm install --save @google-cloud/automl

PHP

詳細については、Google Cloud での PHP の使用をご覧ください。

composer require google/cloud-automl

Python

詳細については、Python 開発環境の設定をご覧ください。

pip install --upgrade google-cloud-automl

Ruby

詳細については、Ruby 開発環境の設定をご覧ください。

gem install google-cloud-automl

認証の設定

クライアント ライブラリを実行するには、まず認証を設定する必要があります。これを行う 1 つの方法は、次の手順でサービス アカウントを作成して環境変数を設定することです。他の認証方法については、サービス アカウントとして認証するをご覧ください。

Cloud Console

サービス アカウントを作成します。

  1. Cloud Console で [サービス アカウントの作成] ページに移動します。

    [サービス アカウントの作成] に移動
  2. プロジェクトを選択します。
  3. [サービス アカウント名] フィールドに名前を入力します。Cloud Console は、この名前に基づいて [サービス アカウント ID] フィールドに入力します。

    [サービス アカウントの説明] フィールドに説明を入力します。例: Service account for quickstart

  4. [作成して続行] をクリックします。
  5. [ロールを選択] フィールドをクリックします。

    [クイック アクセス] で [基本]、[オーナー] の順にクリックします。

  6. [続行] をクリックします。
  7. [完了] をクリックして、サービス アカウントの作成を完了します。

    ブラウザ ウィンドウは閉じないでください。次のステップでこれを使用します。

サービス アカウント キーを作成します。

  1. Cloud Console で、作成したサービス アカウントのメールアドレスをクリックします。
  2. [キー] をクリックします。
  3. [鍵を追加]、[新しい鍵を作成] の順にクリックします。
  4. [作成] をクリックします。JSON キーファイルがパソコンにダウンロードされます。
  5. [閉じる] をクリックします。

コマンドライン

ローカルマシン上の Cloud SDK を使用するか、または Cloud Shell 内で以下のコマンドを実行できます。

  1. サービス アカウントを作成します。NAME をサービス アカウントの名前に置き換えます。

    gcloud iam service-accounts create NAME
  2. サービス アカウントに権限を付与します。PROJECT_ID を実際のプロジェクト ID に置き換えます。

    gcloud projects add-iam-policy-binding PROJECT_ID --member="serviceAccount:NAME@PROJECT_ID.iam.gserviceaccount.com" --role="roles/owner"
  3. キーファイルを生成します。FILE_NAME はキーファイルの名前に置き換えてください。

    gcloud iam service-accounts keys create FILE_NAME.json --iam-account=NAME@PROJECT_ID.iam.gserviceaccount.com

環境変数 GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS を設定して、アプリケーション コードに認証情報を指定します。この変数は現在のシェル セッションにのみ適用されるため、新しいセッションを開く場合は、変数を再度設定します。

Linux または macOS

export GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="KEY_PATH"

KEY_PATH をサービス アカウント キーが含まれる JSON ファイルのパスに置き換えます。

例:

export GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="/home/user/Downloads/service-account-file.json"

Windows

PowerShell の場合:

$env:GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="KEY_PATH"

KEY_PATH をサービス アカウント キーが含まれる JSON ファイルのパスに置き換えます。

例:

$env:GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="C:\Users\username\Downloads\service-account-file.json"

コマンド プロンプトの場合:

set GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS=KEY_PATH

KEY_PATH をサービス アカウント キーが含まれる JSON ファイルのパスに置き換えます。

クライアント ライブラリの使用

次の例は、クライアント ライブラリの使用方法を示しています。

C#

AutoML Translation でクライアント ライブラリを使用する方法については、次のガイドをご覧ください。

Go

AutoML Translation でクライアント ライブラリを使用する方法については、次のガイドをご覧ください。

Java

AutoML Translation でクライアント ライブラリを使用する方法については、次のガイドをご覧ください。

Node.js

AutoML Translation でクライアント ライブラリを使用する方法については、次のガイドをご覧ください。

PHP

AutoML Translation でクライアント ライブラリを使用する方法については、次のガイドをご覧ください。

Python

AutoML Translation でクライアント ライブラリを使用する方法については、次のガイドをご覧ください。

Ruby

AutoML Translation でクライアント ライブラリを使用する方法については、次のガイドをご覧ください。

補足資料