Traffic Director xDS コントロール プレーンの API

Traffic Director とそのクライアント(Envoy プロキシまたはプロキシレス gRPC ライブラリ)は、オープンソースの xDS API を使用して情報を交換します。Traffic Director を構成すると(たとえば、転送ルールやバックエンド サービスなどのリソースを使用している場合)、Traffic Director はこれらのリソースを xDS 構成に変換して、クライアントと共有します。

xDS バージョンのサポート

Traffic Director は xDS v3(推奨)と xDS v2 をサポートしています。xDS v3 をサポートするバージョンについては、EnvoygRPC のドキュメントをご覧ください。

xDS v2 のサポートは、Envoy の最新バージョンでは終了しています。詳細については、Envoy のサポート API バージョンをご覧ください。