求人検索リリース チェックリスト

最初の 3 つのセクションは、すべての求人検索の使用例に適用されます。それ以外の求人検索の使用例に関する個々の説明は、セクション 4 にあります。

1. 準備する

  • 設定とテスト中に、追跡するビジネス目標と主要な指標を特定します。
  • クライアント ライブラリを選択した言語でダウンロードします。
  • アーキテクチャ概要を作成します。次にその内容を示します。
    • 全体的なアーキテクチャ図。
    • 以下に関するプロセスフローの概要:
      • 求人と会社の作成。
      • 求人の更新。
      • レイテンシ。
      • メンテナンス作業。
  • 割り当てを見積もります。
    • どの程度の頻度で求人を CUD(作成、更新、削除)するかと、どの程度の頻度で求職者が求人の通知メールを受け取るかを見積もります。主な使用例は次の 2 つです。
      • 初期読み込みまたは再読み込みの容量。
      • 通常の操作の容量。
    • どの程度の頻度で求職者が求人を検索しているかを見積もります。
      • ピーク時の容量。
      • 通常の操作の容量。

2. 会社と求人に索引を付ける

  • Company オブジェクトを作成します。
    • 少なくとも 1 つの Company を作成してください。データベース内の募集中の求人があるすべての会社に対して Company オブジェクトを作成することをおすすめします。
  • Job オブジェクトを作成します。
    • Company の Job を作成します。データベース内のすべての募集中の求人に Job オブジェクトを作成することをおすすめします。
  • Company と Job の取得をテストします。
    • GET メソッドを使用して、作成された会社と求人が CTS によって正しくインデックス付けされるようにします。

3. 検索イベントとクライアント イベントを実装する

  • 基本検索を実装します。
    • 既存の UI で検索を実装します。
      • 基本検索の実装のヒントについては、入門ガイドをご覧ください。
    • 検索フィルタを実装します。
    • 場所検索を実装します。
      • 場所検索を有効にすることによって、求職者が希望する場所の求人を見つけることができます。
    • オートコンプリートを実装します。
    • ページ分割を実装します。
      • API のレスポンス時のレイテンシを低減させるためのベストプラクティスとして、1 ページあたり 20 件以下の求人が返されるようにすることをおすすめします。
    • スペルチェックを有効にします。
      • 求職者がキーワードを誤って入力した場合でも、関連する結果が表示されます。
    • ヒストグラムを実装します。
      • 指定されたクエリに関連付けられた求人の数が表示されます。
    • クライアント イベントを実装します。
      • クライアント イベントデータをドメインに追加すると、検索結果の関連性が経時的に向上します。実装のヒントについては、入門ガイドをご覧ください。

4.使用例ごとの推奨事項

求人掲示板

Cloud Talent Solution を最大限に活用するために、次の機能を実装することをおすすめします。

  • ビジネス ロジックを検索結果に組み込みます。Cloud Talent Solution では、重要な求人を検索結果の上部に表示できます。ベスト プラクティスを参考にして、以下のオプションのうちお客様のビジネスニーズに最も適するものをご検討ください。
    • 注目の求人: お客様が割り当てたプロモーション値に基づいて、重要な求人を検索結果の上部でハイライト表示します。
    • カスタム ランキング: 1 つの変数でなく複数の変数に基づいて求人をハイライト表示します。このオプションが最も適しているのは、多層クリック単価サブスクライバ システムを使用する場合です。
  • 通勤検索: 求職者が希望の通勤手段に基づいて求人を検索できます。
  • 通知メール: ユーザーが検索で得る結果と同じ関連性を持たせることで、メール キャンペーンを強化します。詳細については、通知メールの実装ガイドをご覧ください。

人材派遣会社

Cloud Talent Solution を最大限に活用するために、次の機能を実装することをおすすめします。

  • 求人 ID による検索:
    • 採用担当者が求人 ID による検索を必要とする場合は、検索リクエスト フラグ disable_keyword_match をデフォルトの false に設定して、特定の必要とする求人のみが返されるようにすることをおすすめします。
    • または、reqid:(requisition id) にクエリを実行して、採用担当者が求人 ID で検索できるようにします。これがユーザーにとって一般的な使用例である場合は、この機能を UI でハイライト表示することをおすすめします。

キャリアサイト プロバイダ

Cloud Talent Solution を最大限に活用するために、次の機能を実装することをおすすめします。

  • ビジネス ロジックを検索結果に組み込みます。Cloud Talent Solution では、重要な求人を検索結果の上部に表示できます。詳細については、ベスト プラクティス ガイドをご覧ください。
    • 注目の求人: お客様が割り当てたプロモーション値に基づいて、重要な求人を検索結果の上部でハイライト表示します。
  • 通勤検索: 求職者が希望の通勤手段に基づいて求人を検索できます。
  • 通知メール: ユーザーが検索で得る結果と同じ関連性を持たせることで、メール キャンペーンを強化します。詳細については、通知メールの実装ガイドをご覧ください。
  • 求人 ID による検索:
    • 採用担当者が求人 ID による検索を必要とする場合は、検索リクエスト フラグ disable_keyword_match をデフォルトの false に設定して、特定の必要とする求人のみが返されるようにすることをおすすめします。
    • または、reqid:(requisition id) にクエリを実行して、採用担当者が求人 ID で検索できるようにします。これがユーザーにとって一般的な使用例である場合は、この機能を UI でハイライト表示することをおすすめします。
  • クエリ拡張: 返される結果の数を増やすために、場所および求人カテゴリの制限を緩和します。全体的な検索結果の関連性は低下することがありますが、クリック率などのエンゲージメント指標が上昇する可能性があります。

ジョブ アグリゲータ

Cloud Talent Solution を最大限に活用するために、次の機能を実装することをおすすめします。

  • ビジネス ロジックを検索結果に組み込みます。Cloud Talent Solution では、重要な求人を検索結果の上部に表示できます。ベスト プラクティスを参考にして、以下のオプションのうちお客様のビジネスニーズに最も適するものをご検討ください。
    • 注目の求人: お客様が割り当てたプロモーション値に基づいて、重要な求人を検索結果の上部でハイライト表示します。
    • カスタム ランキング: 1 つの変数でなく複数の変数に基づいて求人をハイライト表示します。このオプションが最も適しているのは、多層クリック単価サブスクライバ システムを使用する場合です。
  • 通知メール: ユーザーが検索で得る結果と同じ関連性を持たせることで、メール キャンペーンを強化します。詳細については、通知メールの実装ガイドをご覧ください。

おすすめ

ここに記載されている機能とパラメータの詳細については、ベスト プラクティスのドキュメントをご覧ください。