注目の求人検索

注目の求人検索では、単に関連性ではなく、プロモーション値に従って求人情報をランク付けすることで、ユーザーの検索結果に影響を与えることができます。注目の求人検索で返されるのは、関連性のある求人情報のうち、プロモーション値が割り当てられているものに限定されます。

注目の求人検索は、インデックス内の個別の求人案件に対してスポンサーを表示する機能が必要な場合に有用です。たとえば、ビジネス クリティカルな求人のプロモーションをするキャリアサイトで、注目の求人検索を使用してスポンサー付きの求人情報のみが求職者に返されるようにすることができます。注目の求人の実装に関する動画チュートリアルもご利用いただけます

注目の求人検索を実装する際には、次の 2 つの手順があります。

  1. 求人リソースを作成して、promotionValue フィールドを 0 より大きい値に設定します。

  2. searchModeFEATURED_JOB_SEARCH に設定します。FEATURED_JOB_SEARCH は、求職者の検索基準と一致し、かつプロモーション値が 0 より大きい求人情報のみを返します。

結果は promotionValue の降順で並べられます。モードが FEATURED_JOB_SEARCH に設定されている検索では、プロモーション値が 0 の求人情報は返されません。値が同等な場合、API は指定された他の検索基準との関連性を考慮して、結果の順序を決定します。注目の求人検索では、検索リクエストに適用されたすべての追加フィルタ(場所など)が反映されます。

注目の求人検索では、プロモーションが行われている求人案件のみが求職者に返されるため、有効にする(指定した求人エンティティの searchModeFEATURED_JOB_SEARCH に設定する)と、ビジネス価値と求職者が求めている検索適合度の値の間でトレードオフが発生する可能性があります。通常の検索では、プロモーション値を持つ求人情報を含む、インデックス内のすべての一致する求人情報が返されますが、結果の順序を決定する際にプロモーション値は考慮されません。

注目の求人検索では、検索結果に影響を与え、単一の変数(promotionValue)に基づいて求人情報を強調表示することができます。多層クリック単価(CPC)サブスクライバー システムなど、複数のプロモーション層との関連性のバランスを必要とするアプリケーションの場合、求人検索は、独立した複数変数のカスタム ランキング機能をサポートしています。詳細については、カスタム ランキングに関するおすすめの方法のドキュメントをご覧ください。

注目の求人検索は、disableKeywordMatch パラメータと enableBroadening パラメータを組み合わせて使用できます。これらの追加フィールドは、返される結果の順序に影響します。enableBroadeningdisableKeywordMatch の詳細については、求人検索に関するおすすめの方法のドキュメントをご覧ください。

注目の求人検索 diasableKeywordMatch enableBroadening 結果
+ + + 関連性がある求人情報とクエリ拡張の両方に注目の求人情報が含まれるため、返される求人数が増加します。
+ - - disableKeywordMatchfalse に設定されている場合は、注目の求人検索を使用しないでください。
+ - + disableKeywordMatchfalse に設定されている場合は、注目の求人検索を使用しないでください。
+ + - 関連性がある求人情報とキーワード一致の求人情報の両方に注目の求人情報が含まれるため、返される求人数が増加します。