求人検索の基本

Cloud Talent Solution(CTS)による求人検索は、組み込みの機械学習(ML)アルゴリズムを使用して求人検索と候補者マッチング ソリューションを強化することで、採用および人材獲得の業界を変革します。CTS による求人検索は、既存の求人検索サイトと統合するように設計されています。求人サイトは一般的に以下の 4 つの基本的なユースケースに属します。

  1. 求人ボード(求職者に求人のリストを返す)
  2. キャリアサイト プロバイダ(顧客企業にキャリアサイト サービスを提供する)
  3. 人材派遣会社(顧客に短期または長期契約の従業員を派遣する)
  4. 応募者追跡システム(採用プロセス全体で応募者を追跡する)

ビジネス目標や指標は企業ごとに大きく異なります。求人検索はカスタマイズ可能に設計されているため、ニーズに基づいて API パフォーマンスを変更できます。ベスト プラクティス実装ガイドリリース チェックリストの各ドキュメントでは、特定の目標に応じて求人検索を設定する際の考慮事項について説明しています。

求人検索の仕組み

CTS による求人検索を使用すると、独自のウェブサイト内で Google の機械学習(ML)技術を活用できます。求人情報と会社のリストを CTS に送信します。CTS はそれらを保存し、検索可能なフォームとしてインデックスを付けます。CTS は、ユーザーが提供したデータで事前にトレーニング済みの ML モデルを使用して、関連度の高い検索結果を返します。その API の出力を、企業サイトに表示する結果としてレンダリングできます。 求人検索をシステムに統合すると、ユーザーはすぐに高品質の検索結果を表示できるようになります。

マルチテナンシー

Cloud Talent Solution では、3 つの組織層がサポートされています。CTS にアップロードされたすべてのデータは、Google Cloud Platform で作成するプロジェクトで所有されます。必要に応じて、1 つ以上のテナント、プロジェクトとデータレベルの間の中間組織層にデータを割り当てることが可能です。テナントでは、クライアントのデータの分離(たとえば、1 回の API 呼び出しで複数のテナント間でデータのクエリを実行できない)、機械学習トレーニング モデルが強化されます。1 つのプロジェクトに複数のテナントを設定すると、複数の顧客をサポートしていて、それらの間でデータを共有したくないものの、内部で請求とレポート作成に同じプロジェクトを使用したい場合に役立ちます。次に例を示します。

  • 複数の子会社がある組織のために求人サイトを構築している求人サイト プロバイダ。
  • 複数の顧客のために応募者追跡システムを構築している人材採用会社。

マルチテナンシーの詳細については、ベスト プラクティスのドキュメントをご覧ください。

UI に対する求人検索の実装の詳細については、実装ガイドをご覧ください。