Cloud SQL Auth Proxy を使用するためのクイックスタート

このページでは、Cloud SQL Auth Proxy を使用して、ローカルテスト環境から Cloud SQL に接続する方法を示します。Cloud SQL Auth Proxy を使用すると、承認済みネットワークや SSL の構成を必要とせずに、安全に Cloud SQL インスタンスへアクセスできます。Cloud SQL Auth プロキシを使用すると、Cloud SQL インスタンスに安全に接続できます。

本番環境の Cloud SQL Auth プロキシの設定には、以下の手順を使用しないでください。また、プロキシの認証と使用に関するその他の接続オプションについては、Cloud SQL Auth プロキシを使用した接続をご覧ください。

プロジェクトを設定する

このクイックスタートの手順を行う前に、次のタスクを完了します。

  1. Google Cloud アカウントにログインします。Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。
  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  3. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  4. ユーザー アカウントに Cloud SQL クライアントのロールがあることを確認します。

    IAM ページに移動

  5. Cloud SQL Admin API を有効にします。

    API を有効にする

Cloud SQL インスタンスを作成する

この手順では、Google Cloud Console を使用します。gcloud コマンドライン ツール、cURL、または PowerShell を使用するには、インスタンスの作成をご覧ください。

  1. Google Cloud Console で、Cloud SQL の [インスタンス] ページに移動します。

    Cloud SQL の [インスタンス] に移動

  2. [インスタンスを作成] をクリックします。
  3. [SQL Server] をクリックします。
  4. Compute API を有効にするように求められたら、[API を有効にする] ボタンをクリックします。
  5. [インスタンス ID] に「myinstance」と入力します。
  6. SQL Server ユーザーのパスワードを入力します。
  7. 他のフィールドはデフォルト値を使用します。
  8. [作成] をクリックします。

    インスタンス リストに戻ります。新しいインスタンスをすぐにクリックして詳細を表示できますが、初期化と起動が完了するまで使用できません。

    注: この例では、デフォルトの設定を使用してパブリック IP アドレスを含むインスタンスを作成しています。

sqlcmd クライアントをインストールする

Debian、Ubuntu

Debian / Ubuntu については、こちらの手順を使用して、該当する SQL Server コマンドライン ツールをインストールします。

CentOS / RHEL

CentOS / RHEL については、こちらの手順を使用して、該当する SQL Server コマンドライン ツールをインストールします。

openSUSE

openSUSE については、こちらの手順を使用して、該当する SQL Server コマンドライン ツールをインストールします。

他のプラットフォーム

SQL サーバーをインストールするためのランディング ページと、SQL Server のダウンロード ページをご覧ください。

Cloud SQL Auth Proxy クライアントをインストールする

インストールについては、Cloud SQL Auth Proxy のインストールをご覧ください。

インスタンス接続名を取得する

  1. Google Cloud Console で、Cloud SQL の [インスタンス] ページに移動します。

    Cloud SQL の [インスタンス] に移動

  2. インスタンス名をクリックして [概要] ページを開きます。
  3. [このインスタンスと接続] セクションで接続名をコピーします。接続名の形式は projectID:region:instanceID です。

Cloud SQL Auth Proxy の起動

専用のターミナルで Cloud SQL Auth Proxy を起動して、その出力をモニタリングできるようにします。INSTANCE_CONNECTION_NAME を、前のステップでコピーしたインスタンス接続名に置き換えます。

Linux 環境の場合は、次のコマンドを使用して Cloud SQL Auth Proxy を起動します。

./cloud_sql_proxy -instances=INSTANCE_CONNECTION_NAME=tcp:1433

Windows の PowerShell では、次のコマンドを使用して Cloud SQL Auth Proxy を起動します。

.\cloud_sql_proxy.exe -instances=INSTANCE_CONNECTION_NAME=tcp:1433

次のようなメッセージが表示されます。

Listening on 127.0.0.1:1433 for INSTANCE_CONNECTION_NAME
Ready for new connections

次のコマンドを実行します。USER_NAME は SQL Server のユーザー名に置き換えます。

sqlcmd -S 127.0.0.1 -U USER_NAME

Cloud SQL Auth Proxy を起動したターミナル ウィンドウに戻ります。次のようなメッセージが表示されます。

New connection for myInstance

クリーンアップ

  1. Google Cloud Console で、Cloud SQL の [インスタンス] ページに移動します。

    Cloud SQL の [インスタンス] に移動

  2. インスタンスの名前を選択して [概要] ページを開きます。
  3. ページ上部にあるアイコンバーで、[削除] をクリックします。
  4. [インスタンスの削除] ウィンドウでインスタンスの名前を入力してから、[削除] をクリックしてインスタンスを削除します。

    インスタンスの削除後、約 7 日はそのインスタンス名を再利用できません。

次のステップ