既知の問題

このページには、Cloud SQL for MySQL の既知の問題とともに、これらの問題を回避する方法やこれらの問題から復旧する方法が記載されています。

インスタンスに関する問題が発生している場合は、オペレーション ガイドライン問題を診断するの内容もご確認ください。

データの永続性と可用性の問題

  • 生成された列(MySQL 5.7 インスタンスのみ)

    生成された列を使用すると、MySQL の問題によりデータが破損する場合があります。詳しくは、MySQL バグ #82736 をご覧ください。

インスタンス接続の問題

  • 期限切れの SSL/TLS 証明書

    SSL を使用するようにインスタンスを構成している場合は、GCP Console で [Cloud SQL インスタンス] ページに移動して、インスタンスを開きます。[接続] ページを開き、サーバー証明書が有効であることを確認します。期限切れの場合は、新しい証明書を追加してローテーションする必要があります。 詳細についてはこちらをご覧ください。

    第 1 世代のインスタンスの場合は、[接続] ページに表示されるクライアント証明書の有効期限も確認する必要があります。期限切れの場合は、SSL を使用してインスタンスに接続する前に、新しいクライアント証明書を作成する必要があります。

  • Cloud SQL Proxy のバージョン

    Cloud SQL Proxy を使用して接続している場合は、最新のバージョンを使用していることを確認してください。詳細については、Cloud SQL Proxy を最新状態に保つをご覧ください。

  • 接続する権限がない

    接続しようとしているインスタンスがそのプロジェクトに存在しない場合、そのインスタンスにアクセスする権限がないというエラー メッセージが表示されます。

管理上の問題

  • 長時間にわたるオペレーションをキャンセルしたり停止したりすることはできません。

    インポートやエクスポートなどの長時間にわたるオペレーションを開始すると、完了するまでそのオペレーションを停止することはできません。また、各インスタンスに対して一度に実行できるオペレーションは 1 つのみです。

    このため、長時間にわたるオペレーションを開始するときには、インスタンスに対して他の作業を行う必要がないことを確認してください。

  • インスタンスを削除した直後にインスタンス名を再利用することはできません。

    インスタンスを削除してもそのインスタンス名は Cloud SQL によって数日間保有されるため、削除の直後はその名前を再利用できません。インスタンスを同じ名前ですばやく作成および削除したい場合は、名前が競合しないように名前の一部にタイムスタンプを使用することを検討してください。

  • MySQL インスタンスのタイムゾーンの設定。

    セッション変数を使用して、MySQL タイムゾーンを「Europe/Moscow」などの指定した地域に設定できます。ただし、このような設定はサポートされていないため、最新の時間設定が提供される保証はありません。インスタンスのデフォルトのタイムゾーンを変更するには、UTC からのオフセット(+10:00 など)を使用して、default_time_zone フラグを更新します。サマータイムへの自動調整はサポートされていません。サマータイムが反映されるようにするには、default_time_zone フラグを手動で更新する必要があります。

データのインポートとエクスポートに関する問題

  • ビューを含む SQL ダンプファイルは再インポートできません

    ビューには SUPER 特権が必要な DEFINER 句が含まれているため、ビューを含む SQL ダンプファイルは Cloud SQL にインポートできません。Cloud SQL を使用してビューを含むデータベースをエクスポートすると、そのエクスポートを Cloud SQL for MySQL インスタンスにインポートすることはできません。

    ダンプファイルを Cloud SQL にインポートするために、1 つ以上のビューを持つデータベースからダンプファイルを作成するには、ビューを除外する必要があります。詳細については、Cloud SQL にインポートするデータをエクスポートするをご覧ください。

  • CSV エクスポートで NULL と改行が正しい形式にならない

    Cloud SQL のエクスポート機能を使用して CSV としてデータをエクスポートする場合、NULL は "N としてエクスポートされます。これにより、CSV ファイルに対になっていない引用符が追加される可能性があります。また、テキストデータに改行文字が含まれているときも、行の末尾に引用符が追加されます。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...