コマンドラインから Cloud Shell へのアクセス

Google Cloud SDK をインストールしている場合は、Cloud Shell をターミナルから操作し、サンドボックスやポータブルな開発環境として使用できます。これを使用すると、オペレーションを素早くテストすることや、選択した IDE を使用して Cloud Shell インスタンスに保存されたファイルをローカル デスクトップから編集することができるため、Cloud Shell リソースを利用する作業が便利になります。

gcloud cloud-shell の使用

現在の gcloud cloud-shell コマンド グループは、次の機能を提供します。

  • gcloud cloud-shell ssh を使用して Cloud Shell とのインタラクティブな SSH セッションを確立します。
  • ローカルマシンと Cloud Shell マシンとの間で scp を介してファイルをコピーします。
  • sshfs を使用して、Cloud Shell ディレクトリをローカル ファイル システムにマウントします。

詳しくは、gcloud cloud-shell のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

ワークフローの例

gcloud cloud-shell の機能を説明するために、これらのコマンドを実際に使用する方法の例を次に示します。

  1. SSH セッションを開始します。

    gcloud cloud-shell ssh
    
  2. Cloud Shell からローカルマシンに「data.txt」ファイルをコピーします。

    gcloud cloud-shell scp cloudshell:~/data.txt localhost:~data.txt
    
  3. Mac または Linux を使用している場合は、sshfs をインストールした後で、Cloud Shell ホーム ディレクトリをローカル ファイル システムにマウントできます。

    これにより、選択したローカルツールを使用して、Cloud Shell ホーム ディレクトリ内のファイルを編集できます。リモートでマウントされたファイル システムのすべてのデータは、永続ディスクに保存され、セッション間で保存されます。

    gcloud cloud-shell get-mount-command ~/my-cloud-shell